自身のある人とない人の違い

th_zisin.jpg

あなたは、自分に自信がありますか?

実はこの質問をして「ある」と答える女性はとても少ないのです。
スタイルも良く、顔も可愛いのに自分に自信がない……そんな女性が、現代には沢山います。

今回はちょっとした工夫でできる「自分に自信を持つ6つの方法」を紹介します。

自分に自信を持つ6つの方法

その1 人と比べない

自信のない女性は「私には良いところがない」と考えてしまいがちですが、もちろんそんなことはありません。
あなたには間違いなく、素晴らしいところが沢山あります。

テレビに出ている女優さんや、歴史上の偉人、あるいはクラスメイトの「良いところ」と、あなたを比べる必要はありません。

他人の良いところは、比べるのではなく「学ぶ」ように心がけましょう。

その2 他人の悪いところを受けいれる

「自分の悪いところを素直に受け入れられない」
「自分の悪いところを認めたくない」

そんな気持ちは、誰にでもあるものです。

これを克服するオススメの方法が、他人の悪いところを受けいれることです。
「○○ちゃんにはこんなところがある……でも、こんな良いところもあるから別にいいんだな」と思うこと。

客観的に見れる他人だからこそ、良いところと悪いところを冷静に見ることができます。
そして「悪いところがあるからダメ」なのではなく、それが個性なのだと受けいれることで、あなた自身に対しても、同じように考えることができるようになります。

その3 適当になる

「こうでなくてはならない」
「ああするべきだ」と自分を律するのは決して悪いことではありません。

しかし、ときには「そこそこ」で許すことも大切です。

「まぁいっか」という言葉を使うようにしてみてください。
この言葉は不思議なもので、口にすると本当に「まぁいっか」と思えて来ます。

この言葉に慣れて程よく力が抜けると、物事の悪い部分を受け入れやすくなります。

その4 良いところを見る癖をつける

物事にはなんでも、良い面と悪い面があります。

自分に自信のない人は、物事の「悪い面」のみを見てしまいがちです。
あらゆることの「良い面」にも注目する癖を付けてみてください。

その5 自分を褒める

あなたの良いところを、1日3個でも10個でも、褒めてあげましょう。
「意外と掃除が上手」「実はマリオカートが上手い」など、なんでも構いません。

できれば、声に出して、さらに言えば鏡の前で行うと効果的です。
あなたの心に植え付けられてしまった「私なんて……」というネガティブな暗示を解くために、目一杯ポジティブな言葉をかけてあげましょう。

その6 他人の評価を気にしない

自分に自信が持てない女性は、傷つくことをおそれている場合が多いです。
まわりから否定されて傷つくことを必要以上に恐れ、その前に自分で自分の評価を下げてしまうのです。

でも、それはとてももったいないことです。
あなたの価値を一番に理解しているのは、他ならぬあなたのはず。

あなたを否定する人は、あなたの魅力に気付いていないだけです。

周りの評価を気にしすぎず、あなたらしい生き方をしましょう。
あなたのことを理解し、受け入れてくれる人を探すことも大切です。

おわりに

以上6つの方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

「自分に自信を持つ」ということに、根拠は必要ありません。
あなたには、あなたしかしらない魅力が沢山あるはずです。

それに自信を持ってください。
自信を持つと、それまでよりもその魅力は周りの人に伝わりやすくなります。

できることから少しずつ、取り組んでみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆