片思い成就の恋愛体験談!素直でありのままが一番愛される!?

「片思いを叶えたい!」

あなたも今、こんな風に思っているかもしれません。

そしてそんな時には、異性に対して駆け引きをしたりしますよね。

  • わざと素っ気なく接する
  • 思わせぶりな態度をとる
  • 相手をリサーチして好みに合わせる

こうした行動は確かに効果的だけれど。

……でも、そんな風に相手と接していると、心のどこかで違和感を感じたりしませんか?

実は私は25歳まで『彼氏いない歴=年齢』でした。

そしてそんな自分を変えたくて、ある日、一念発起して恋活を始めたのです。

開始当初は、

  • 恋愛心理
  • 男心を学ぶ
  • 駆け引きテクニック

これらを徹底的に学び、外見も内面もモテる女の真似をしていました。

すると、当然男性からもモテるようになるんだけど……

でも、ある時思ったのです。

『作った私』でモテても、意味がないって。

だって、そんな私に声をかけてくる男性が好きなのは、『私が演じた女性』であって、私自身ではないから。

他人演じて恋をするのって、男性に対しても嘘を付いているのと同じですよね。

そこで私は、思い切って駆け引きをやめて、ありのままの自分で接することにしました。

駆け引きをやめた結果。

私の恋愛は、予想外の方向へ進むことになります。

なぜか、それまで以上にモテるようになったのです。

それはつまり、駆け引きをやめてありのままの自分でいるのが一番モテるということ。

この記事ではその理由と、そのときの体験談を紹介しますね。

ありのままの自分とは?

本当の自分、知ってる?

あなたは、『ありのままの自分』ってどんな自分だと思いますか?

もともと『彼氏いない歴=年齢』だった私は、『ありのままの自分で恋をしよう』と決めたとき、まず自分をどこまで戻すか悩みました。

というのも、恋活経験を通して、私は色々と変化していたからです。

『彼氏いない歴=年齢』だった私が彼氏を作るまでにした56のこと

  • もともと出不精だけど、アクティブに行動するようになった
  • もともと女子力ゼロだけど、メイクやおしゃれをするようになった
  • もともと男友達ゼロだけど、勇気を出して男性と会話するようになった
  • もともと恋愛音痴だけど、男心が分かって駆け引きができるようになった

果たして、『ありのままの自分』ってどちらなのでしょうか?

誰でも様々な顔を持っている

『自分』というのは変化し成長するものです。

だからこそ、『ありのままの自分』について改めて考えると、どんな自分だか分からなかったりしますよね。

そこで私は、こんな風に決めました。

  • 自分の心がワクワクすることだけをする
  • 自分が「好き」と感じることだけをする
  • 自分の本音に嘘をつかない

具体的に言うなら、恋愛テクニックとしては不正解でも、自分がやりたいと思ったらその通りに行動する。

そして逆に、恋愛テクニックとしては正解でも、自分がやりたくないことはしない。

子供のように素直に生きる!

そんな風に決意したのです。

素直に恋愛してみた体験談

自分の悪いところを隠さない

駆け引きをやめてからというもの。

私はトコトン素直に男性と接するようになりました。

  • 自分のダメなところを隠さないし、良く見せようともしない
  • 素直に自分の気持ちを伝えるし、嫌なことは嫌と断る
  • 「いいな」と思う人には自分から話しかけに行くけれど、「相手に好かれよう」とあれこれ計算はしない
  • メールは自分が返したいときはすぐに返すし、気分が乗らないときや忙しいときにはシカトする
  • 嬉しいときには笑顔でいるし、そうじゃいときには無理をして笑わない
  • 相手に合わせたいときには合わせるし、合わせたくないときには合わせない

素直というか、はっきり言って『自己中』に恋をするようになりました(笑)

しかし、なぜだかその方がずっと恋愛が上手く進むのです。

自己中な恋愛なのに上手くいく……?

私が自己中に恋をするようになって感じた一番の変化。

それは、相手の男性が心から笑ってくれるようになったことです。

私が素顔を見せれば見せるほど、相手の男性も素顔を見せてくれるようになったのです。

その結果、

  • これまでよりもずっと楽しく会話ができるようになった
  • 変に気遣いをせず自然体で過ごせるようになった
  • お互いに居心地がよい関係が築けるようになった

こんな風に、努力しなくても普通に男性と仲良くなれるようになったのです。

女らしくしなくても女として見られる!?

また、私は以前よりもずっと男性から『女の子』として意識されるようになりました。

  • 嫌なことは嫌と言う
  • ダメなところや弱さを隠さない
  • できないことをできないという

こんな風に、自分の弱さや未熟さを見せるようにしたら、周りの男性がこれまでよりもずっと優しくなったのです。

恋愛駆け引きでも『隙を作るのが大切』というけれど。

隙って、意識して作ろうとしなくても、ただ素直な自分でいれば自然と出るものなのですね。

立場逆転!男性から追われるように!

片思いで追われる立場になった

自分らしく、ただただ気楽に男性とのコミュニケーションを楽しんだ結果。

私は男性から『追われる』ようになりました。

  • 男性の方から積極的にメールをしてくる
  • 「可愛い」「会いたい」などと言われる
  • デートで男性がやたらとご馳走してくれる

このとき、正直私はこんな風に思いました。

「この人たち、馬鹿なんじゃないの……?」って(笑)

だって、私はただただ自分が好きなようにわがままに自分勝手に過ごして、男性のために愛される努力なんて何もしていなくて。

それどころか「別にあなたがいなくなっても私は困らないよ」という態度なのに。

それなのに、男性は「一緒にいて欲しい」と言ってくるのです。

そして、このとき私はあることに気づきました。

あ、これって駆け引きできちゃってるんだ!

自然体=究極の駆け引き

『彼氏いない歴=年齢』で悩み、必死に駆け引きをしていたころの私は、『モテる女』を一生懸命演じていました。

駆け引きも、一生懸命頑張っていました。

  • 男を喜ばせるためにわがままを言う
  • 男に好かれるために褒める
  • 男心をくすぐるために弱さを見せる

……でも、これって順番が逆だったのです。

モテるために大切なのは、男を喜ばせるための行動をすることではなく。

ありのままの自分で接すること。

それが、結果として男性を喜ばせるのです。

素直で、自分らしく在ること。

実はこれこそ、『駆け引き』としての究極の形だったのです。

『ありのままの自分』の誤解

素直とは?

恋愛の駆け引きをすることと、ありのままの素直な自分でいることは実は同じです。

  • 『甘える』というのは、自分ができないことは素直に男性に頼ること
  • 『わがままを言う』というのは、素直に自分の気持ちを口にすること
  • 『隙を作る』というのは、自分のダメなところを隠さないこと
  • 『相手を焦らす』というのは、自分のペースを崩さないこと

……私は一生懸命『駆け引き』をして相手に気に入られようとしていたけれど。

実は本来それって必要ないことだったんです。

そんなことしなくても、ただ『自然体』でいれば良かった。

自分を隠さず、悪いところはそのまま出して、良い人になろうともしない。

女性というのは、そもそもそれだけで男性を喜ばせることができる存在なのです。

モテない女は自分を隠す

恋活を始める前の私は、そもそも女としての自分に全く自信がありませんでした。

  • 好きな人ができても何もできない
  • おしゃれもメイクもできない
  • 恋愛や男心についても学ぼうとしない

これは、心の中に「どうせ自分には無理」という気持ちがあったからです。

だから、いつも自分を隠していました。

目立たないようにして、隠れたままで。

都合よく恋のチャンスが落ちてくるのを待っていました。

イメチェンやモテる努力はして良かった!

自分を隠している状態は、『ありのまま』ではないんですよね。

ありのままというのは、自分を隠すのも、演じるのも両方やめることです。

なので、私の場合はまず『モテる努力』をしたことも正解だったのです。

  • イメチェンをして女らしく変身した
  • 駆け引きを学んで自信をつけた
  • わがままを言えるようになった

こうした『努力』は、私にとっては本来の隠していた自分を引き出すことに繋がりました。

その上で、不要なものを削っていく。

無理に女らしくしたり、無理に駆け引きをしたり、無理にわがままを言うのをやめる。

その結果、『ちょうどいい自分』を見つけることができたのです。

追わない・媚びない・執着しない

片思いを叶える3原則

ありのままの自分で恋をするようになった結果。

私は、

  • 追いかけない
  • 媚びない
  • 執着しない

こんな風に変わりました。

私は私らしくするけれど、相手が自分を好きになるかどうかはその人の自由。

こんな風に考えるようになったのです。

恋愛が楽しくなった!

すると、相手から連絡が来なくなっても堂々としていられるんですよね。

変に不安になったり焦ったりもしない。

そしてそんな風にしていると、不思議と相手の方から「連絡できなくてごめん」と連絡が来たりする。

これは驚くべき変化でした。

ありのままの自分でいるようにしたら、恋愛はずっと楽しく、上手く進むようになったのです。

簡単に片思いが成熟してしまった

25歳まで、『彼氏いない歴』がコンプレックスで、ずっと悩んできたけれど。

そこから、隠すのも無理をして演じるのもやめて、ありのままの自分で恋をするようになった結果。

私には、わずか半年で素敵な恋人ができました。

その人は、「こんな素敵な人と付き合えるの!?」と思うような、私にとってまさに理想的な人だったのです。

大切なのは、『ありのままの自分』を否定してそれを取り繕うとするのではなく。

『ありのままの自分』を受け入れること。

そしてその自分で素直に相手と接すること。

これは、モテなくて必死に努力してモテる女になろうとした私が、実体験から感じたことです。

この記事のまとめ

素直に恋をしよう!

いかがでしたか?

『ありのままの自分でいる』というのは、

  • 自分に自信を持つ
  • やりたいことをやる
  • やりたくないことをやらない

こういうことです。

自分に自信がないと、自分を隠したり無理に『いい女』を演じようとしてしまうから。

なにより大切なのは、「自分はこのままで魅力的だ」と自信を持つことです。

もっと自信を持って良い

ありのままの自分をさらけ出すのは、最初は怖いかもしれません。

でも、もっと自分に自信を持って良いのですよ。

『あなたらしさ』は、あなただけが生まれたときから持っている、他の誰にも真似できない魅力です。

そのことを意識して、恋を楽しんでみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆