こんにちは、愛丸さくらです。この記事では、著者が恋活体験とそれを通して学んだことを紹介します。「彼氏が欲しい」という女の子におすすめです。

だんだんと恋がうまく進むようになってくる

前回の記事:『彼氏いない歴=年齢』の私でもできる!男性から「可愛い」と思ってもらう8つの方法の続きです。

8つの方法を実践した結果、徐々に私は『女としての自信』を身につけて行きます。

男性から好意的に接してもらえることが増えたために、これまでの『彼氏いない歴=年齢』の自分は魅力がないんだ……というネガティブな思いから、やっと逃れることができたのです。

そして同時に、男の人と会話をするときにも自然に話ができるようになりました。男性が何を嫌がるのか、何に喜ぶのかが分かってきたため、必要以上に緊張することがなくなったのです。

ここまでの恋活をまとめると、私がしてきたのは以下の3つ。

  • 女性らしさを身につける(イメチェン、自分磨き)
  • 男の人と仲良くなる(男心を知る)
  • 自分に自信を持つ(成功体験を重ねる)

すると、こんな変化が現れ始めました。

男性に執着しなくなった

これまで、私は誰かを好きになると「絶対にこの人と恋人にならないと嫌だ」と強い執着心を抱いていました。だからこそ、おまじないや占いにも必死になったし、ダイエットにも取り組んできました。でもそれは恋愛では逆効果なのです。

執着が恋を妨げる理由

「どうしても手に入れたい」と相手に執着しているとき。はっきりいって苦しいですよね。

その苦しさや重い気持ちは、相手にも伝わってしまいます。

執着をしていると「一緒にいてなんとなく居心地が悪い」と思われがちなのです。

フラれるのはしかたない

「彼氏が欲しい」と毎日思っていたころ、私はフラれることが怖くてしかたがありませんでした。自分を拒絶されてしまうのがとても嫌だったのです。

でも、いくらテクニックを駆使して外見を磨いて魅力的な女性になったとしても、相手の男性が選んでくれるとは限りません。出会いのタイミングや相手の好みなど、自分の力ではどうにもできない部分はいくらでもあるからです。

「フラれるかもしれない」のは仕方がないことなのです。

自然と許せるようになった

私は恋愛について学び、男心を知ることで、恋愛には『自分にどうにかできる部分』と『そうではない部分』があることに気づきました。

いくら頑張っても、どんなに魅力的な人になっても好きな人と付き合える可能性は100パーセントにはならないのです。

だからこそ、自分で努力できる部分は努力して、少しでもその確率を上げる。

そして、頑張れることを頑張ったら後は天に任せる。ダメだったらダメだったで気にしない。

そんな風に考えられるようになったことで、必要以上に男性に執着することがなくなりました。「この人と付き合えなければ人生が終わる」と思いつめるようなこともなく、「うまくいったらいいな♪」と軽い気持ちで恋を楽しめるようになったのです。

いきなり『大好き』になることがなくなった

それまで私は、気になる男性ができたら妄想でデートやそれ以上のことを繰り返し、気づけば実際にはほとんど話したこともないような相手のことを、心から愛してしまっていました。しかしそれにはいくつかのデメリットがあったのです。

最初から「愛してる」は重い

ほとんどまともに会話もしたことがないような相手のことを勝手にあれこれ妄想して、勝手に好きになって、盛り上がる……。

ただ妄想で楽しむだけなら良いのですが、私はその『妄想』を現実にも持ち込んでいました。

具体的には、相手を意識しすぎてしまったのです。

まともに会話ができない

「好き!」という気持ちが持ち上がりすぎて。

  • 相手と何を話せば良いのかわからなくなってしまう
  • 目を見ることができない
  • 緊張して空回りしてしまう

かつては片思いに相手にすぐにこうした状態になってしまっていたため、自然に会話をすることもできませんでした。

仲良くなれないまま相手に恋人ができて失恋……だとか、思い切ってアドレスを聞いてみたものの相手の方からフェードアウト……というのが王道のパターンだったのです。

自然に接することができるようになった!

しかし、恋愛にも『女としての自分』にも自信をつけた私は、妄想で恋愛をするのをやめました!……といいたいところなのですが、妄想はやめられませんでした。だって楽しいから。

でも、『妄想は妄想』と割り切ることができるようになりました。

自分の妄想を相手に押し付けない。目の前の相手に期待しすぎない。ニュートラルな気持ちで接する。そんなことができるようになり、男性と『自然体』でコミュニケーションをとることができるようになったのです。

自分に自信を持ち、余裕ができてきたからこそ出来るようになったのだと思います。

相手の反応をきちんと確認するようになった

以前の私は、相手の男性の反応をきちんと確認していませんでした。というより「好きになって欲しい、好きになってくれなきゃ困る」という思いが強すぎて、冷静に相手のことを見れなくなっていたのです。

脈ありと脈なしをきちんと見るようになった

「好き!」という気持ちが大きすぎると、相手が自分に脈なしだという現実をなかなか受け入れられないもの。

でも、「ダメならダメでここから頑張ればいい!」とポジティブな気持ちを持てるようなったため、相手の反応をきちんとみて、行動できるようになったのです。

チャンスなら押す。無理そうなら深追いしない。基本的なことですが、これまでの私は全くできていませんでした。

余裕が出ると魅力が伝わる

余裕がないときは空回りしてしまいがち。焦りや不安は恋を邪魔するのです。

それよりは、余裕を持っていた方が魅力は伝わりやすいもの。

好きな人と接するときこそ、心を落ち着けることが大切です。

初めて片思いが両思いに変わった瞬間

様々な変化を経て、ついに待ちわびていた瞬間がやってきました。

生まれて初めての恋愛成功体験

こうして『気軽な気持ち』で異性と接することができるようになった結果、私はついに1人の男性との恋を育み『両思い』の関係になることができます。生まれて初めての『自分が好きになった人に好かれる』という体験でした。

そしてこれまでに学んだことに加え、告白されるためのコツを忠実に実行した結果、私はなんと、その男性から告白していただけることになります。

恋活を終えて

こうして私は25歳にして『彼氏いない歴=年齢』を卒業することとなりました。

それができたのは、私に『彼氏ができない原因は太っていることではない』と教えてくれたMちゃん、辛口ながらも適切なアドバイスをくれたカラシさん、自身の恋愛テクニックや経験を惜しげもなく話してくれた友人たちをはじめとした、たくさんの人たちのおかげだと思っています。

このサイトが生まれたいきさつ

そして、こんな私でも恋愛をすることができたからこそ、同じように悩んでいる人たちの少しでも役に立ちたいという気持ちで、このサイトを立ち上げました。

テクニックや知識が全てとも思いませんし、人との出会いは運命や宿命といったものに左右される部分があると思います。しかし『恋愛』には自分次第で変えられる部分がいくらでもあります。恋愛テクニックや知識を学んだり、男心を知れば。これまで「難しい」「できない」と思っていたことが想像もしなかったほどスムーズに進む場合もあるのです。

「彼氏が欲しい」と思っている人。「恋がしたい」と思っている人。「でもちょっと自信がない」と思っている人。

ぜひ、ほんの少しだけ勇気を出して行動してみてください。

「できるかも」と自分の可能性を信じてみてください。

あなたには無限の可能性があります。あなたが望むことから、全ては始まるのです。

ここまで、長くに渡りお読みいただきありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】