デートの帰り際はあっさり?名残惜しそう?相手の気持ちが知りたい!

デートの帰り際はどんな態度?

「じゃ、バイバイ」

……デートの帰り際。

相手がこんな風にあっさりしていると、ちょっと寂しくなりませんか?

「自分はまだ相手と一緒にいたいし、名残惜しいのに……相手はそうじゃないのかな?」

こんな風に考えてしまうかも。

デートの帰り際にあっさりしているのは、どのような心理なのでしょうか?

この記事では、デートの帰り際の態度から、相手の気持ちを読み解いていきます。

デートの帰り際の態度とは?

挨拶をする

どんな風に別れる?

デートの帰り際、あなたはどんな風に相手と別れますか?

  • 片思い
  • 両思い
  • すでに交際している

こうした状況によっても変わりますが、好きな人が相手の場合、帰り際には「名残惜しい」と感じますよね。

ダラダラしてしまうことも……

好きな人とのデートの帰り際では、なかなか解散できずにダラダラしてしまうこともあるかもしれません。

帰らなきゃいけないけれど、帰りたくない。

そうした気持ちから、ダラダラしてしまう人は多いのです。

……でも、だからこそ。

相手の態度があっさりしていると、ちょっと不安になってしまいますよね。

デートの帰り際にあっさりしているのは、どのような心理なのでしょうか?

あっさりした態度をとる心理

場所や状況にもよる

  • 乗る電車がすでに来ている
  • 次の予定が入っている
  • 駅の構内など人の目が多い

デートの帰り際がこうした場所や状況では、名残惜しくてもあっさりと別れる人が多いです。

「もっと一緒にいたい」という気持ちがあっても、その気持ちを優先できる状況ではないからです。

「かっこ悪い」という気持ちの場合も……

心の中では「もっと一緒にいたい」と思っていても。

「未練がましい態度はかっこ悪いな……」という気持ちから、あっさりと帰る人もいます。

これは、とくに男性に多い心理です。

あっさりした態度は脈なし?

名残惜しくない場合もある?

また、「名残惜しい」という気持ちが少ないために、あっさり帰る場合もあります。

  • 次に楽しみな予定が入っている
  • またすぐに相手とは会える

こうした場合。

たとえ脈ありの相手とのデートであっても、帰り際にとくに名残惜しいと感じず、あっさりと別れる傾向があります。

脈なしの場合はそっけない!

では、脈なしの場合にはどうなのでしょうか?

脈なしの場合も、たしかにデートの帰り際はあっさりしたものになりがちです。

また脈なしの場合には、

  • 笑顔が少ない
  • あまり目を合わせようとしない
  • 次の約束をしようとしない

こうした行動も見られます。


男性の脈なしサイン5つ!彼の態度で諦めるタイミングを見極めよう

名残惜しい態度をとる心理

「もっと一緒にいたい」という気持ち

名残惜しい態度をとる一番の理由は、「もっと一緒にいたい」という気持ちです。

脈ありの相手とのデートや、付き合って間もないカップルは、デートの帰り際に名残惜しい態度をとる場合が多いです。

相手へのアピールの場合も……

「もっと一緒にいたい……」などと言われたら、ドキッとするし期待してしまいますよね。

相手への脈ありアピールとして、帰り際に名残惜しい態度をとる場合もあります。

なかなか会えない相手ほど……

なかなか会えない相手とのデートの方が、名残惜しい態度になりがちです。

例えば遠距離恋愛だったり、忙しくて会う時間がなかなか取れない場合には、帰り際には自然と「名残惜しい」と感じるからです。

帰り際の態度はどちらが正解?

あっさりは寂しい?

帰り際に、相手の態度があっさりしているとなんだか寂しいですよね。

「脈なしなのかな……」と誤解されてしまう場合もあります。

相手に脈ありをアピールしたいときには、デートの帰り際は多少名残惜しそうにすると効果的です。

名残惜しそうな態度の注意点

とはいえ、帰り際にやたらと名残惜しそうにすれば良いかというと、それもNG。

名残惜しい態度は、やりすぎると「重い」と思われてしまう可能性があるから。

なので、押したいときには名残惜しそうな態度を取り、ちょっと引きたいときにはあっさり帰る。

そんな風に使い分けると、上手に駆け引きをすることができます。

帰り際に「もっと一緒にいたい」と思わせるには?

ちょっと早めに解散する

デートの帰り際、相手に「名残惜しい」と感じてもらうには、ちょっと物足りないくらいで解散するのがおすすめです。

お互いに完璧に満足して疲れてしまうまでデートをすると、名残惜しい気持ちはなくなってしまいます。

「もっと一緒にいたいな」という気持ちを残したまま解散することで、相手にも名残惜しいと感じらもらえるのです。

「また会いたい」にも繋がる

名残惜しい気持ちを残したまま解散することで、「また会いたい」という気持ちにも繋がります。

デートのときには、「気持ち早めに解散すること」を、ぜひ意識してみてくださいね。

《ピークエンドの法則》デートの別れ際に印象に残る恋愛駆け引き

この記事のまとめ

デートの帰り際の態度について解説してきましたが、いかがでしたか?

デートの帰り際の態度は、もともとの相手の性格にもある程度左右されます。

もともと何事にもあっさりしたタイプの人は、デートの帰り際にもあっさりしがち。

それはそれで相手の魅力だけれど、「もっと名残惜しい態度を取ってほしい!」と思ったときには、今回紹介したことを思い出してみてくださいね。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

効果絶大な恋愛駆け引きテクニック12個!好きな人を夢中にさせよう

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたに素敵な彼氏ができますように……☆