《ピークエンドの法則》デートの別れ際に印象に残る恋愛駆け引き

ピークエンドの法則とは?

『終わりよければ全て良し』

誰もが耳にしたことがあるこの言葉ですが、実はこれは日本だけで言われているものではありません。

アメリカ人の心理学者、ダニエル・カーマン氏が提唱した『ピーク・エンドの法則』によれば、

「物事の印象はピーク時と終了時の経験によって決まる」

のだとか。

これは、恋愛でも例外ではありません。

ピークエンドの法則を意識すれば、簡単にデートを成功につなげることができるのです。

この記事では、その4つのコツを紹介します。


【1】デートの中に『ピーク』を作ろう

ピークを作ろう

メインイベントは何?

デートを成功させるためには、何よりもまず相手に「楽しい」と感じてもらうことが大切です。

「好きな人と会えればそれで満足」と思うかもしれませんが、なんらかのメインイベントがあればそれは記憶にも残りやすくなります。

  • 映画を見にいく
  • 公園を散歩する
  • イタリアンを食べに行く

こうした、何気ないことで良いのです。

ただ、デートをするときには『何をメインにするのか』をあらかじめ決めて置いて、それをより楽しめる工夫をすると、成功に繋がりやすくなります。

ピークを盛り上げる工夫

例えば、映画を見にいくのならちょっと奮発してカップルシートを購入してみたり。

公園に行くのなら、手作りのお弁当を用意してみたり。

食事に行く場合も、事前に予約をしておけば待たずに良い席に案内してもらえるかもしれません。

メインイベントを決めて、それをより盛り上げる工夫をする。

そうして『ピーク』の満足度を高めることで、より印象に残りやすくすることが可能なのです。

【2】「もっと一緒にいたい」という気持ちをお互いに残したまま解散しよう

名残惜しいけれど解散

帰り際の印象は残る

好きな人とはいつまでも一緒にいたいもの。

しかし、お互いが飽きるまで一緒にいてしまうと、別れ際の印象はネガティブなものになってしまいます。

  • 「早く帰りたい」
  • 「飽きた」
  • 「疲れた」

こうした気持ちを残してしまうのは、できれば避けたいですよね。

グッとこらえて早め解散!

そこでおすすめなのは、「もっと一緒にいたい」という気持ちを残したまま、早めの時間に解散すること。

すると、「早く次のデートに行きたいな」という気持ちが、帰宅後も持続します。

【3】笑顔で「楽しかった」と伝えよう

さみしいけれど笑顔で手を振ろう

デート終わりの満足度を高めるには?

【2】でデートは早めに解散することをおすすめしました。

デートの終わり際の印象は、とても重要だからです。

だからこそ、解散するときには笑顔を見せることも忘れずに。

「彼女はこのデートを楽しんでくれたんだな」と感じてもらうことで、相手の満足度も高まります。

思わせぶりな態度もあり

また、デートの帰り際にちょっとした駆け引きをするのもあり。

  • じっと見つめる
  • ボディタッチをする
  • 思わせぶりな発言をする

こうした行動をすると、相手も「脈ありかも」と感じてドキドキするからです。

【4】「ありがとうline」を忘れずに送ろう

家に着くまでが遠足

デートはいつ終了?

どこかに出かけたとき。

あなたはどのタイミングでそのお出かけが『終了した』と感じますか?

おそらく多くの人は、

  • 家に帰ったとき
  • 家に帰ってお風呂に入ったとき
  • ベッドに倒れ込んだとき

などと答えるのではないでしょうか。

タイミングを調整しよう

人はこうしたタイミングで気を抜きます。

だからこそ、「ありがとう」のlineは相手が家についた頃合いを見計らって送るのがおすすめ。

夜に解散した場合には、"おやすみ"という言葉を入れても良いと思います。

そうすることでその日1日の満足度が高まり、デートも良い印象になるのです。

2回目のデートにつなげよう!

2回目のデートにつなげよう!

いかがでしたか?

気になる人とのデートのときには、この『ピーク・エンドの法則』を思い出してぜひ成功につなげてください。

『ピーク』と『エンド』を意識することで、相手に「楽しかった」と感じてもらいやすくなります。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

初デート成功の7つの鉄則!1回目は半日で物足りないくらいがイイ!?

いつも温かい応援、ありがとうございます。あなたのデートが素敵な未来につながりますように……☆