『彼氏いない歴=年齢』だった私が彼氏を作るまでにした56のこと

『彼氏いない歴=年齢』から彼氏を作った方法

彼氏が欲しいけどできない!

「彼氏が欲しいけどできない……」

あなたもこんな風に悩んでいませんか?

実は私は、25歳まで『彼氏いない歴=年齢』で、そのことが長年コンプレックスでした。

いったいどうすれば彼氏を作ることができるのか?

これは、当時の私にとっては仕事や食事より重要な『問題』だったのです。

25歳で恋愛経験ゼロだった著者

当時の私は恋愛経験がほぼゼロ。

  • 男友達がひとりもいない
  • 男性とまともに会話ができない
  • 男性とデートもしたことがない

こうした状況で、毎日「このままじゃ一生彼氏ができないかも……」と不安な気持ちでいっぱいでした。

……でも、ある日。

「もう悩むのはやめる!」と決めたのです。

そして「必ず理想の彼氏を作る!」と一念発起。

恋愛ハウツーや男心を徹底的に学び、イメチェンや自分磨きをしました。

その結果、私はわずか半年で外見も内面もドストライクな彼氏をGETすることができたのです。

本気で行動すれば彼氏はできる!

あなたが今、「彼氏ができない」と悩んでいるのだとしたら。

まずは、安心してください。

その状況は、あなたが本気になって行動すれば、ちゃんと抜け出すことができます。

恋愛経験ゼロの私でもできたのですから、あなたにできないはずがありません。

この記事では私が『彼氏いない歴=年齢』を卒業するまでにした56のことをまとめて紹介します。

「え、こんなことまで!?」と思うこともあるけれど。

チリも積もれば山となる。

小さな行動の積み重ねが、『モテない干物女』を『素敵な彼氏持ちの女性』へと変えてくれます。

ちょっと大変なこともあったけれど、やってよかった。

「彼氏ができない」と悩んでいる女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

素敵な出会いを増やす方法 1~4

『彼氏いない歴=年齢』だったころ、私には男友達が1人もいませんでした。

愛丸さくら
そこでまずは、出会いを増やして男性と関わる機会を増やすことにしたわ。

彼氏いない女子
たしかに、出会いがないのって彼氏を作る以前の問題ですよね。

愛丸さくら
そう、まず大切なのは『出会いの数』を増やすこと

1〜4では、出会いを増やすために『彼氏いない歴=年齢』だった当時の私愛丸さくらがした行動を紹介します。

1.家でゴロゴロするのをやめた

『彼氏いない歴=年齢』だったころの私は、基本的に毎日家と職場の往復だけで1日を終えていました。飲み会の誘いも全部断っていたし、休日も家でゴロゴロしているだけ。そこでとにかく、まずはそんな環境を変えることに。

  • 飲み会に参加する
  • 休日は家の外に出る
  • スポーツジムに通う

何気ないことですが、男性と接する機会が断然増えました。

2.SNSで男性と交流した

……実は私、SNSを全くやっていなかったのです。だって面倒だから。でも、そんな風に言い訳しているから出会いがないのかな、と思いこれも問答無用で始めてみることに(笑)

  • facebook
  • line
  • twitter

始めて驚いたのは、これまでただの顔見知り程度だった職場の男性や学生時代の同級生が友達申請をしてくれたこと。SNS上とはいえ、『男友達』ができたことはかなり大きな進歩でした。

3.出会いの場に積極的に出向いた

「彼氏が欲しい」と言いつつ、実は私は出会いの場にはほとんど出向いていませんでした。正直、自分はモテないと分かっていたから憂鬱だったのです。……が、「そんなことを言っているから彼氏ができないんだ!」と自分を叱咤し、出会いの場に出向くことに。

  • 合コンに行く
  • 友達に紹介してもらう
  • ネットで出会いを探す

こうして少しでも男性と知り合う機会を増やしました。出会いの場に行くと、自然と恋愛スイッチが入ります。

ゼクィシ恋結びpairなど、無料登録できるアプリで恋活をするのもおすすめ。

「恋人募集中の男性って、こんなにたくさんいるんだ……」と分かると、それだけでも恋愛に前向きになれます。

4.彼氏持ちの友達と遊んだ

『彼氏いない歴=年齢』だったころ、私は彼氏持ちの友達と無意識に距離を置いていました。一緒にいると劣等感を感じてしまうからです。

でも、そうしたネガティブな気持ちを全部脱ぎ捨てることにしました。彼氏が欲しいなら、彼氏がいる女の子の話を聞くのが一番良いはずだからです。

勇気を出して誘ってみると、みんなとても優しかったし、たくさんの話を聞けてとても参考になりました。卑屈になっていた自分がちょっぴり恥ずかしくなりました。

一瞬で可愛くなれるイメチェン方法 5〜12

彼氏いない女子
やっぱり彼氏を作るなら見た目も可愛くないとダメですよね。

彼氏ができないと悩んでいる女の子は、こんな風に考えがち。

でも、実はこれってただの思い込み。確かに生まれつき美人な女の子は男性の目を引くけれど、でもそこまでの美人じゃなくても、男性にモテモテで彼氏が途切れない女の子はたくさんいます

愛丸さくら
大切なのは、男性からみて魅力的な外見を作ることよ。

彼氏いない女子
なるほど、男ウケってやつですね!

ということで、5〜12は『彼氏いない歴=年齢』だった当時の私がしたイメチェンを紹介します。

5.明るい色の服を着てみた

クローゼットを開けてみたら、黒やグレーなどの暗い色でいっぱい。少しでも女の子らしい格好をしようと、明るくて可愛い色の服を増やしました。

  • ピンク
  • 黄色

こうした色を着ると気持ちも明るくなるし、なんだか可愛くなったような気分になります。男性からも「今日の服装、いいね」と褒められることが増えました。

6.化粧の仕方を覚えた

『彼氏いない歴=年齢』だった当時の私は、恥ずかしながら毎日すっぴんで出勤していました。化粧なんて面倒だと思っていたからです。

  • ネットでメイクのコツを調べる
  • デパートでBAさんに教わる
  • 雑誌の特集を読む

こんな風に生まれて初めて化粧を真剣に勉強しました。眉毛の書き方1つで美人に近づけるのだと知りました。

7.リップをこまめに塗った

『唇=アソコのイミテーション』なんだとか。つまり、乾いているなんて……萎えちゃいます。それは困ります。

  • リップを持ち歩く
  • 夜に蜂蜜パックをする
  • 唇を舐めるのをやめる

ちなみに私はガザガザでひび割れているのがデフォルトでしたが、こうした工夫でガサガサは少しずつ改善されました。

8.爪を整えてツヤツヤにした

「爪なんて誰もみないでしょ……」と思っていましたが、私が知っているモテる女の子はみんな爪の先まで綺麗で可愛くしていました。

  • 爪磨きで磨く
  • マニキュアを塗る
  • ネイルサロンに行く

爪を綺麗にする方法は色々ありますが、爪磨きで磨くだけでも印象はガラリと変わります。意外と男性から気づかれることに驚き。

9.スカートを履いて足を出した

それまでほとんど毎日ジーパンをはいて過ごしていた私ですが、思い切ってスカートにチェンジ。明らかに周りの男性からの見る目が変わりました。

レストランなどでもなんとなく丁重に扱われることが増えたように思います。たかがスカート一枚でこんな効果が得られるならいくらでも履こうと思いました。

10.アクセを華奢なものに変えた

これまでの私が身につけていたのは、クロムハーツなどのゴツいアクセサリー。ふと「これって全然似合ってないかも……」と思いやめました。

そもそもつけていた理由も「好きな人がクロムハーツ好きだったから♪」というカオスな理由だったので、黒歴史として封印。

モテる女の子が付けているのは『女性らしい魅力』を強調してくれるようなアクセサリーです。

11.バッグを買い換えた

ふと気づくと、使っていた鞄がボロボロでした。間違いなくデートには持っていけないレベルです。

それなりに気に入っているものでしたが思い切って捨てました。

バッグを買う時、これまでは特に何も考えずに値段で選んでいましたが、どれなら自分に似合うか、女性らしく見えるかなど考えて買いました。新しいお気に入りです。

12.ボロい靴も買い換えた

これまでの私には『男性とのデートに履いていく靴』という発想はなかったので、靴が傷んでいてもあまり気にしませんでした。

でも、改めてチェックしてみると、踵やつま先が結構ボロボロ。こんな靴を履いた女がデートに現れたら、男性はきっとガッカリするはずです。

直せるものは靴屋さんで直して、「もう寿命だな」と思うものは、ちょっと高くて名残惜しいものもあったけれど処分しました。

簡単に男心を掴む方法 13〜19

彼氏いない女子
さくらさん……彼氏ができない理由って、もしかしたら性格に問題があるからなのでしょうか?

愛丸さくら
どうしてそう思うの?

彼氏いない女子
だって、イメチェンしても一向に男性にモテないんです……!

「彼氏ができない理由は外見だけではない」これは、『彼氏いない歴=年齢』だった当時の私も感じていたことでした。

そこでモテない自分を客観視して、「自分が男だったらこんな女は嫌だな……」と思うところを、徹底的に直すことに。

愛丸さくら
性格というよりは、男性からみた『可愛げ』や『女性らしさ』があるかどうかがポイントね。

13〜19では、男性からみて魅力的な内面になるために私がした行動を紹介します。

13.食べ方を綺麗にする

恥ずかしながら、25歳にしてふと自分の食事のあとが食べカスだらけなことに気づきました。

  • 箸の持ち方
  • 食事のマナー
  • 食べるときの姿勢

これらをあらためて見直しました。ちょっとした意識で『食べ方』は変わるものなのだと知りました。

14.素直に自分の気持ちを伝える

これまでは人と接する時、あまり自分の本心を話すことをしませんでした。なんとなく、深く人と付き合うのを面倒に感じていたのです。

でも、この機会にもっと人と関わってみようと思いました。

その第一歩は、素直な自分でいること。自分の本心を相手に伝えると、相手も前よりもずっと心を開いてくれるようになりました。

15.見栄をはるのをやめる

彼氏を作るには素敵な女性にならなければならない……そんな気持ちから、私はこれまで男性と接するときいつも無理をしていました。

  • モテるフリをする
  • 素の自分を隠す
  • 男性の反応を伺う

こんな風にしていたので、恋愛をするのも苦しかったのです。でも『演じた自分』を好きになってもらっても意味がないですよね。

そこで『見栄を張って自分を良く見せようとする』のをやめました。

肩の力が抜けて、人付き合いがずっと楽になったし、周りの人もなんとなくリラックスしてくれるようになりました。

16.「ありがとう」を言う

男性に何かしてもらったとき、私は申し訳ない気持ちになって「ごめんなさい」といつも言っていました。

でもそれをやめて「ありがとう」というようにしました。最初はすごく図々しいような気がしたのですが、好意は素直に受け取った方が相手も喜んでくれるのだと気づきました。

また、小さなことでも「ありがとう」を増やすと自分の周りで笑顔が増えました。

17.愚痴や不満を言わない

ふと、自分が愚痴ばかりグチグチ言っていることに気づきました。

  • 疲れた
  • もう嫌だ
  • 幸せになりたい……

仕事で落ち込んだときなど、こんなことをついつい言ってしまうこともあるけれど。なるべくこうした言葉を控えるようにしました。

どうしても言いたいときには冗談っぽく明る言うようにしたり、ユーモアを交えるようにしたり。不思議なものですが、それだけでも気分は変わります。

18.笑顔で過ごす

何気なく鏡を見たとき、仏頂面の自分がいました。「私は彼氏の前でもこんな顔をするのだろうか?」と問いかけると、鏡の中の私は首を横に降りました。

  • 口角を上げる
  • 人の話によく笑う
  • お笑い動画を見る

こんな風に『笑う機会』を増やすと、不思議なもので本当に『笑える機会』が増えるんですよね。

ちなみに、男性から話しかけられる回数も増えた気がします。仏頂面の女がいるのと、笑顔の女がいるのとでは、みんな後者の方が嬉しいんだなと知りました。

19.焦るのをやめる

私は「彼氏が欲しいのにできないっ!」と10年くらいずっと焦っていました。でも焦っても彼氏はできませんでした。

なのでいっそ焦るのをやめて「自分には必ず理想の彼氏が出来る!間違いなく!」と心から信じて毎日を過ごしました。

その方が、気分がはるかに良いです。表情も自然と明るくなります。

次のページ→『駆け引きや女子力アップの方法とは!?』