恋愛心理学。

こうして文字で見ると、なんとなく難しそうな印象を受けるかもしれません。しかし実は、恋愛心理学は日常生活の多くの場面で自然と使われています。

気付かないうちに相手から使われていたり、あなた自身が無意識のうちに使ってる場合もあるかもしれません。

知らなくても恋はできる。でも、知っているとその成功率をもっとあげることが出来る。それが恋愛心理。

しっかりおさえて彼との恋を一歩すすめてみませんか?

今回は『覚えておくと必ず使える7つの恋愛心理と応用テクニック』を紹介します。

【1】単純接触の原理

単純接触の原理

「人はたくさん見たものを好きになってしまう」

こんなとんでもない心理が存在することをあなたはご存知でしょうか?

例えばテレビで見かける芸能人。最初はあまり好きではなかった人も、何度も何度もCMや番組で目にしているうちに「悪くないかな」「なんかだんだん親近感が湧いて来た……」「むしろ意外といいかも……?」とだんだん好きになってしまうのも、この単純接触の原理によるものです。

とにかく沢山彼と接触しましょう。週に1日よりは、週に3日。週に3日よりは毎日。彼の視界に沢山入る。沢山しゃべる。沢山触れ合う。1回の時間は短くても良いので、とにかく回数を増やすことが大切です。……ただし、相手の都合を考慮することは忘れずに!

【2】類似性の法則

類似性の法則

「人は自分と似た人を好きになる」

こんな言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

「出身の高校が同じだった」「好きなアニメが同じだった」「服のセンスが合う」など、何か共通する部分があると、初対面の人でも親近感が湧きますよね。

彼との共通点を探してみましょう。もしもなければ、作り出すこともできます。

彼の言葉に共感する。会話のペースを会わせる。メールの文体を似せる。こうしたことで「似ている」「気が合いそう」と感じてもらうことが出来ます。

【3】ミラー効果

ミラー効果

「人は好意を持っている人の行動を無意識に真似してしまう」

仲の良い、気心の知れた友達と食事をしているときなど、無意識のうちに相手の行動を真似してしまった経験があなたにもあるのではないでしょうか?

例えば、水を飲むタイミングや、スイーツに手をつけるタイミング。相手が髪の毛を触ったら自分も……顔を触ったらなんとなく自分を顔を触りたくなる。これは相手と同じ行動をとることで『自分は味方だ』とアピールするためだと言われています。

これを逆手にとり相手の行動を真似ることで、親近感を感じてもらうことが可能です。

大切なのはさりげなくやること。相手の無意識に働きかけることです。「真似されている」と気付かれると効果がなくなってしまうどころか「変なやつ……」と思われてしまう可能性があるので要注意!

「親しい間柄だから同じ行動をする=同じ行動をするから親しい」という錯覚を起こさせるのです。

【スポンサーリンク】