【女性にできて男性にできないこと】細かい気遣いや複数作業は苦手!?

とある男性
男の方が力もあるし集中力もあるし、なんか凄い気がする♪

とある女性
ぐぬぬ……っ!

もしかすると、あなたもこんな風に男性に対して悔しい思いをしたことがあるかもしれません。

男と女で「どちらが優れている」ということはないけれど。

力仕事やアウトドアなどでは、「やっぱり男性は凄いなぁ」と感じることも多いですよね。

でも、もしも「女性にしかできないこと」や「女性の方が得意なこと」があるのなら、知りたくないですか?

とある女性
知りたいかも♪

この記事では、「女性にできて男性にできないこと」を紹介しますね。

そもそも男女は得意分野が違う

男と女はそもそも特性が違う!?

意外と知られていないのですが、そもそも男性と女性にはかなりの違いがあります。

  • 体の作りが違う
  • 社会的な扱われ方が違う
  • 皮膚感覚が違う
  • 恋愛対象が違う
  • 感覚的な部分が違う
  • 優先順位が違う
  • 物事の記憶の仕方が違う

……挙げていけばキリがありませんが、男性と女性には「別の生き物」と言っても過言ではないほど、様々な違いがあるのです。

男と女の違い8つ!すれ違いが起きるのは無理もなかった!?

男も女それぞれに得意・不得意がある

もちろん、一概に「男だから」「女だから」と分けることはできません。

男性・女性というくくりに以外にも、私たち人間には1人1人個性があり、誰しもが得意なこと・不得意なことを持っています。

しかしそれでもやはり、「男女」で特性の違いが出ることは多いのです。

ではここからは、「女性にできて男性にできないこと」を紹介していきますね。

【1】相手の気持ちを察すること

相手の気持ちを察するのは、女性にはできるけれど男性にはできないことの1つです。

男は鈍感で些細な変化に気づかない!?

「男は鈍感」という言葉を、あなたも聞いたことがありませんか?

こんな風に言われているのは、男性が「他人の気持ちを察すること」が苦手だから。

そもそも、男性は人の表情や態度などの微妙な変化に気づきにくい傾向があります。

  • 彼女がいつもよりそっけなかった
  • 彼女がどこか浮かない顔をしていた
  • 彼女がデート中に口数が少なかった

こうした状況のときに、そこに小さなメッセージが含まれている、ということに気づけないのです。

女性はちょっとした態度の変化にすぐ気づく

一方。女性の場合は恋人や友達がいつもと違う態度を取ってきたら、すぐに「何かあったのかな?」と感づきます。

よく「女性は勘が働く」と言いますが、女性は他人の些細な変化にも敏感なのです。

むしろその「些細な変化」は女性からすると大きな違和感。

そのため、女性は男性が浮気をしたり、自分に何か隠し事をしている時にもすぐに見抜くことができるのです。

女性は細かいところに心を行き届ける

女性は、他者の心の動きにも敏感です。

相手が何かを求めているときに、言葉にしなくてもそれを察して提供することができる。

そういう「細かい心配り」は、女性だからこそできることの1つです。

【2】同時に複数作業をすること

男は一度に一つのことしかできない!?

「男は一度に一つのことしかできない」という言葉を、どこかで聞いたことはありませんか?

男性は、何かにのめり込むと他のことをシャットアウトしてしまう傾向があります。

よく言えば、一点集中で結果を出しやすい。しかし悪く言えば、周りが見えなくなってしまうのです。

【男は一つのことしか考えられない】女性と違って同時進行は苦手!?

女性は同時に色々なことをこなせる

一方、女性はその逆です。

女性は何か一つ作業をしながら他の作業のことを考えたり、同時進行でその作業を進めるのも朝飯前。

  • 仕事の合間に恋人にラインを返す
  • 洗濯をしながら夕飯のメニューを考える
  • 子供と遊びながら部屋の掃除を済ませる

こうした同時作業は、男性よりも女性の方が得意なのです。

女性はトラブルにも強い

女性は、同時に複数のことを考えたりこなしたりできます。

これは例えるなら、スマホを複数台持っているような状態です。

そのため、何かトラブルに直面して1台のスマホが使えなくなっても、他のスマホを駆使してその状況を乗り切ることができます。

一方の男性は、高性能なパソコンを1台持っているような状態です。

そのため、普段はスマホではできないこともサクサクと進めていけるけれど。何らかのトラブルが生じたときには、全てがストップしてしまうのです。

【3】共感して気持ちを分かち合うこと

男性は冷たい!?

「男の人は冷たい……」

人生のどこかで、あなたもこんな風に感じたことがあるかもしれません。

男性は女性と比べると、感情に振り回されにくい傾向があります。男性は感情よりも、「事実」を重要視するからです。

そうした特性は仕事ではメリットも多いけれど、対人関係ではデメリットになることも。

男性は「気持ち」よりも「事実」を優先する

例えば、悩み事を相談されたとき。

女性ならまず「大変だったね」と相手を労い共感するけれど、男性はいきなり「もっとこうしたら?」とアドバイスをします。

男性は相談者の気持ちを救うことではなく、「問題を解決すること」を優先するからです。

でも、何かに悩んでいるときに聞きたい言葉って、「大丈夫だよ」の一言だったりしますよね。男性はそのことが分からず、相談者の心をえぐってしまう場合も……。

女性は相手の感情に寄り添うことが得意

一方の女性は、他者の心に寄り添うことが得意です。

女性は感情に振り回されがちだけれど、それは女性が「感情(気持ち)」を大切に扱う生き物だから。

だからこそ、女性は他者の気持ちも大切に扱い、傷ついている人にはそっと寄り添うことができるのです。

【4】他人の警戒心を解くこと

「男」というだけで警戒されてしまう!?

意外と意識している人は少ないかもしれませんが……

男性は、「男」というだけで人に警戒されてしまう場合があります。それは「男」という生き物には、以下のような特性があるからです。

  • 力が強い
  • 性欲が強い
  • 乱暴(大雑把)

「ぬれぎぬだよ!」と思うかもしれませんが、男性に対してこういう印象を抱く人は多いです。とくに大柄で強面だったりすると、それだけで「怖い……」と警戒されてしまう場合も。

女性だからこそ警戒されにくい

一方の女性は、男性と比べると人から警戒されにくいです。

  • 女性は力が弱い
  • 女性は優しい
  • 女性は丁寧

こういう先入観があるからです。

実際にはがさつで大雑把な性格だとしても、「女性」というだけで実は特をしている部分もあるのですね。

女性がいるだけで安心してしまう!?

殺伐とした場も、女性が1人いるだけで空気が和んだりするもの。

女性は花に例えられることも多いのですが、そこにいるだけで人の心を穏やかにできる……というのは、女性が生まれ持った素晴らしい才能の1つです。

この記事のまとめ

いかがでしたか?

もちろん、ここで紹介した4つのことが、男性に全くできない訳ではありません。

世の中には女性以上にこれらを上手くこなす男性もいるし、逆に女性でもこれらが苦手な人もいます。

……ただ、多くの男女にはこうした「得意・不得意」の傾向があるということ。それを知っておくと、日常生活がよりスムーズに進むようになるかと思います。

男性と女性はどちらも違って、どちらも素晴らしいもの。

そんなことを意識しながら、人間関係を楽しんでみてくださいね。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

男と女の違い8つ!すれ違いが起きるのは無理もなかった!?

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆