なぜ出来ないの!?

「なんで、こんな簡単なことなのにちゃんとしないの?」

あなたは男性に対してこんな風に思ったことはありませんか?

もしかするとそれは、彼がダラシないのではなく『男』だから仕方がないことなのかも!?

この記事では、女性にできて男性にできないこと5つを紹介します。


【1】相手の気持ちを察する

女性は相手のちょっとした変化から、隠し事や体調を見抜くことができます。

なので、男性にも同じように自分の気持ちや状態を察してもらおうとしますが、男性はこれが苦手です。

そのため「どうして気づいてくれないの?」と喧嘩になります。

【2】同時に複数のことをする

女性は仕事が忙しいときでも家のことを気にしたり、料理をしながら洗濯をしたりとマルチな活動が得意。

しかし男性はこの逆。

一点集中型です。

忙しいときにはそれ以外のことは意識から消えてしまうのです。

【3】共感する

何か嬉しいことや悲しいことがあった時。

女性はまず相手に共感します。

それが相手の心に寄り添う方法だと本能的に知っているからです。

しかし男性は違います。

もっと現実的に物事を考えるのです。

それが一番相手のためだと思うから。

【4】細かいことに気づく

女性は細やかな気遣いが得意だと言われていますが、これも女性が『ちょっとした変化』によく気づくからです。

同じことを男性に求めても無駄。

男性は自分があまり興味のないことには恐ろしいほどに大雑把です。

【5】大人になる

男性にはどこか夢見がちな少年のような部分があるもの。

男には男の世界があるのです。

趣味やこだわりなど、一見意味のない無駄なことに見えても彼らにとってそれは大切なもの。

無理に取り上げると、とたんに元気がなくなってしまいます。

男はいつまでたっても子供!?彼氏や夫が幼く見える3つの理由

男性にやってもらう方法は?

女性と男性はどちらが優れているとか劣っているとかではなく、ただ違うだけ。

だからこそ、男性に何かをしてもらいたいときには、『男性の特性』を利用するのがおすすめです。

ここからは、その方法を解説します。

頼る

女の子から頼られたり甘えられると、男性は「一肌脱いでやるか」という気持ちになるもの。

一見思いやりがなく見えることもあるけれど、本質的には男性ってとても優しい生き物なのです。

言葉で伝える

褒めて欲しいことがあるなら「褒めて」とはっきり伝える。

そんな風に言葉にすれば、男性にもあなたの気持ちがきちんと伝わります。

「言わないと分からない」なら、言えば良いだけなのです。

お願いする

女性から叱られると、男はプライドが傷つくしなんだかますますやりたくなくなってしまうもの。

叱るのではなく、『お願い』を上手に使って男性を動かしましょう。

喜ぶ

男性が「やって良かったな」と思うのは、大好きな女性が喜んでいる姿を見た時です。

そんな姿を見ると、やる気がモリモリ湧いてくるもの。彼が何かしてくれたら、きちんと喜ぶことを忘れずに。

感謝する

「いつもありがとう」と男性に感謝することもとても効果的です。

不満を伝えるより先にまず感謝を伝えると、男性もそのあとの言葉を受け入れやすくなります。

「ありがとう」の恋愛効果は抜群!6つのコツでさらにモテよう

おわりに

いかがでしたか?違いを否定するのではなく広い心で受け入れ合うことができると、男女の関係はより豊かに発展していきます。

すれ違ったときにはあまり難しく考えず、「違う生き物なんだなぁ」と思ってみてくださいね。

男性と違いに悩んでいるあなたには、こちらの記事もおすすめです。

1つのことしか考えられない!?男性という生き物の9つの特徴

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆