恋人との喧嘩を減らす方法は?

「恋人との喧嘩がなくならない」こんな風に悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

私自身、かつては5年以上もの間このことに悩み続けていました。

喧嘩をするたび様々な防止策を立ててはみるものの、しばらくするとまた同じような喧嘩を繰り返してしまう。別れ話に発展することもしばしば……。

『仲が良いときは仲が良い。でも喧嘩ばかりしている』

これが5年もの間、私たちのデフォルトだったのです。「もう別れるか、この先も喧嘩は仕方がないと諦めてお付き合いを続けるしかないのかな……」と諦めかけていたあるとき。

この関係を変える『あること』に気がつきます。そしてその気づきをきっかけに喧嘩の回数は徐々に減り、現在では『ほとんど喧嘩をしない』と言ってもよい状態にまで関係が改善しました。

年間100回、かつては顔を合わせるたびに喧嘩をしていたのが、数ヶ月に1〜2回、軽い言い争いをする程度にまで激減したのです。今回はそんな『年間100回以上の彼氏との喧嘩がなくなった3つの理由』を紹介します。

【1】『相手に求めることをやめた』から

相手に求めることをやめた

いつも満たされない気持ちで恋愛をしていた

喧嘩がなくならなかったとき。私は相手に求め続けていました。

  • 愛して欲しい
  • 認めて欲しい
  • 尊重して欲しい
  • 許して欲しい
  • 受け入れて欲しい
  • プレゼントをして欲しい
  • 時間を使って欲しい
  • 一番に考えて欲しい
  • 大切にして欲しい
  • 理解して欲しい

こうしたことを常に相手に求め続けていたのです。欲求を素直に口にできることもあれば、なかなか伝えることができずモヤモヤした気持ちで過ごすこともありました。

恋愛や人間関係において、こうしたことを多少相手に求めるのは仕方がないことだと思います。というより、こうした欲求があり、それが満たされるからこそ幸せなのだ、それこそが恋愛の醍醐味だと私は考えていました。

自分も目一杯相手を愛する。そして相手に目一杯愛してもらう。そうしてお互いを満たし合うことが幸せなのだと考えていたのです。

しかし問題は『満たされないこと』です。

精一杯相手を愛しても満たされない。プレゼントをもらってもデートに行っても、一時的には満たされるけれどすぐにまた不満が募ってしまう。

気持ちは通じ合っているはずなのに、愛し合っているはずなのに。

実はそれには理由がありました。

問題は恋人ではなくて自分にある

愛して欲しい、理解して欲しい……私は恋人に対して様々な欲求を抱いていました。そしてそれを叶えてもらうために、自分自身が恋人のことを愛し、理解し、大切にするよう心がけてきました。

しかし、実はここに落とし穴がありました。

というのも、私は『自分自身』のことをないがしろにしていたのです。

言い換えるのなら、私は自分自身を愛さず、許さず、受け入れず、大切にせず、認めていませんでした。

だからこそ、たとえ恋人がどんな言葉や態度で愛情表現をしてくれても、一時的には満たされてもすぐにまた『不満な気持ち』になってしまっていたのです。

自分で自分を愛さない限り満たされることはない

このことに気づいたのは、ある日恋人と私がお互いに『全く同じこと』を言い合っていると気づいたからです。

「もっと理解して」「もっと受け入れて」

こうした言葉を言い合っているうちに、私は相手に変化を求めるのではなく、自分自身が変わることが必要なのだと考えるようになりました。

そしてまずこの段階で私は『相手に求めること』をやめました。喧嘩の原因や問題を相手に探すのをやめ、自分自身に目を向けるようにしたのです。

そして自分と向き合ううちに、先に紹介したように『自分自身が自分を愛していないこと』に気づいたのです。

良い言い方をすればストイックで、気遣いが出来て、謙虚。しかし言い換えればそれは自分を責めて否定してばかりで、周りの目を気にしてビクビクしているということ。

私は社会人になり、社会の荒波に揉まれているうちに、自分をないがしろにする生き方をするようになってしまっていたのです。自分より他人。自分の願望は後回し。自分の体は後回し。自分の気持ちは無視。心の悲鳴も体の悲鳴も後回し。

こうした状態で、私の心の中のコップはカラカラに干からび、強烈に愛情を求めていたのでしょう。しかしいくら誰かから愛情をもらったって、もらった側からどんどん『自己否定』をして乾かしてしまうのですから、飢えて乾いてしまうのも当然ですよね。

この『満たされない状態』を改善するためには、私自身が私の心を痛めつける(自己否定、自分をないがしろにする)ことを止め、愛情で満たしてあげる必要があったのです。

1 2 3