「彼氏が欲しい」をやめると彼氏ができる……

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

実はこれには、ちゃんとした理由があるのです。

「欲しい」は「足りない」

彼氏が欲しいと思っているとき。実は多くの場合、そこにはこんな気持ちが隠されています。

  • 今の毎日はつまらない
  • 愛が足りていない
  • 充実した時間がない

こうした『不満』の気持ちを抱いている。意識が常に『不満』に向いている。

この状態で恋活・婚活をしても、出会うのは同じように『不満』を抱いている人だったりして、なかなか望む恋に出会うことができません。

意識が現実を作る

自分の人生を創るのは、自分が持っている意識です。

「私は不満だ」という意識でいる限り、人生はどんどんその方向へ向かってしまいます。

だからこそ、「もういいや」と諦めると、人生が好転する場合が多いのです。

諦めた瞬間に起きること

「彼氏がいなくてもいいや」と諦めたとき。これは、その結果がなくても自分は大丈夫、やっていけると『今の現実』を受け入れた瞬間でもあります。

  • 彼氏がいなくても大丈夫
  • 人生を楽しくしていこう
  • 前向きにやっていこう

『諦める』という一見ネガティブな行為には、実はこうしたものすごく前向きなエネルギーが溢れているのです。

逆効果な『諦め』はこれ

もちろん、「諦める」にも逆効果な場合があります。それは、『拗ねる気持ち』から望みを諦めてしまうときです。

  • 頑張っても無駄だ
  • 自分には無理だ
  • どうせ上手くいかない

こうした気持ちで『諦める』を選んでも、現実は良い方向には転じません。なぜなら、そこにあるのはやっぱり『不満』のエネルギーだからです。

今の現実を受け入れる

大切なのは、『今の現実は不幸ではなかった』と知ること。今の現実を受け入れることです。

人生、自分の思い通りにならないこともあります。

でも、だからといって不幸な訳ではない。自分はいつでも、幸せでいられるのです。

執着を手放す

「彼氏が欲しい」と執着しているとき。それは、「彼氏がいない今の自分ではダメだ」「今の自分は不幸だ」という気持ちがあるときです。

だからこそ、その不満ごと一度望みを手放してみる。

すると、現実が良い方向に転換する場合が多いのです。

望まなくても手に入る

……といっても、「彼氏が欲しい」をやめるのってちょっと怖くないですか?

望みを手放したらそれが二度と手に入らない気がして、ちょっと怖いですよね。

でも、大丈夫。

自分にとって本当に必要なものは、ちゃんとベストなタイミングで人生にやってきます。

「諦める」のは「それがなくても幸せだ」と受け入れること。執着を手放すことであって、それを嫌いになったり、それ自体へのときめきを手放すことではありません。

『今の自分』を100%受け入れて、その上であらためてそれを「好き」でいる。

そんな気持ちでいると、肩の力も抜けて生きるのがスッと楽になりますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】