「あの子、可愛いのにどうして彼氏がいないのかな?」あなたの周りにそんな女の子はいませんか?あるいは、あなた自身がそんな風に言われたことがあるかも。この記事では「彼氏が欲しい」と思っているのに出来ない女の子の特徴を紹介します。

外見編 1〜12

まずは外見の特徴を紹介します。

【1】清潔感がない

清潔感のない女の子はそれだけで恋愛対象外。男性が好きなのはシャンプーの香りがするような清潔感のある女の子です。そして多くの男性は「女の子は清潔な生き物」という幻想を抱いています。「いいな」と思っていた女の子のバッグの中身がゴミだらけだったり、ふと見えた腕や足がムダ毛でボーボーだったりすると、そのショックは我々女子の想像の数倍……いえ、数十倍。彼氏が欲しいときにはまずは清潔感を出すことから始めましょう。

【2】色気が全くない

いつもスッピンで髪の毛もただ適当に結ぶだけだったり、男と変わらないような服装をしていたり。『女らしさ』全く感じさせない女の子は、男性にとっては恋愛対象外。男性はその女の子ことを「良い子だな」とは思っても、異性としてはなかなか意識できないのです。彼氏を作るためには、色気や女性らしさを出すことが大切。メイクやファッションを変えると周りからの見る目が一気に変わるかも。

【3】メイクが惜しい

すっぴんで眉毛がなかったり、逆に化粧が濃すぎる女の子を見ると男性は「惜しいなぁ……」と感じます。もう少し頑張るか、あるいはナチュラルメイクにすればもっとずっと可愛いのに、と思うからです。男ウケがいいのは、肌や眉毛はきちんと整えているけれど、アイメイクやリップは薄めのナチュラルメイク。彼氏が欲しいときにはぜひ意識してみてください。

【4】似合わないファッション

無理に若く見せようとしていたり、逆に高校生なのにシャネルのバッグを持っていたり。あるいはぽっちゃり体型なのにパツパツの細身の服を着ていたり、スレンダーなのに極端に胸を強調するようなファッションをしていたり。そんな風に今の自分の年齢や体型に合わない服を着ていると、魅力よりも『違和感』や『無理している感』が強くなってしまいます。彼氏を作るために大切なのは、今の自分を魅せるファッションをすることです。

【5】言葉遣いが汚い

言葉遣いも自分の外見の一部。どんなに見た目を着飾っても「ありえねー!」「クソじゃね?」などの汚い言葉遣いをしているとそれだけでも男性の恋愛対象外。彼氏ができない原因になってしまいます。言葉遣いは日頃からの意識が大切なので、友達と話すときなどに自分がどんな言葉を使っているかを気にかけてみましょう。言葉遣いが変わると印象は大きく変わります。

【6】極端に姿勢が悪い

猫背で首だけが前に出ていたり、歩くときにガニ股になっていたり、肩が丸まっていたりすると、女性らしさは半減です。老けた印象にも繋がってしまうのでもったいない!パッと見で恋愛対象外にされてしまうので、姿勢が悪い女の子はぜひこの機会に直してしまいましょう。背筋をピンと伸ばせば、それだけで美人オーラが3割増し。彼氏ができるチャンスも増えます。

【7】笑い方が下品

笑顔は誰だって可愛いもの。でもその可愛い笑顔を残念に見せてしまう行動があります。それは、笑いながら手や机をバンバンと叩いたり、口を全開にしてギャハハハと爆笑すること。こうした笑い方はその女性を下品に見せてしまうので要注意です。これも『癖』が影響しているので、彼氏が欲しいときにはぜひ普段から自分の『笑い方』を意識してみてください。

【8】雰囲気が子供っぽい

男性が『恋人』に求めるのは子供っぽさではなくて『女性らしさ』です。そのため、あまりに子供っぽい印象の人は恋愛対象外にされてしまいがち。持ち物がキャラクターグッズばかりだったり、前髪がパッツンだったりすると子供っぽさが前面に出てしまいます。ほかの部分で色気や大人っぽさを出せれば良いのですが、彼氏が欲しいときには子供っぽい要素は減らすよう心がけましょう。

【9】隙がない

意外かもしれませんが、髪型やメイクや服装などをバッチリ決めすぎてしまうのもNG。隙がない女性は男性からすると話しかけにくいのです。ポニーテールをするときにはちょっと後毛を残したり、ワンピースにあえてヒールではなくスニーカーを合わせるなどして隙を作ると、男性も近づきやすくなります。彼氏ができない女の子はぜひ隙を作ってみましょう。

【10】全体的に手抜き

ネイルが剥げていたり、髪がプリンになっていたり、服装が部屋着同然だったり……。1つ1つは小さな手抜きでも、それが重なれば全体的に垢抜けない残念な印象に。彼氏が欲しいときには、きちんと自分に手入れをして、外見をき整えることが大切。手間暇を惜しまず自分のパーツの1つ1つに愛情を注げば、キラキラと輝くオーラが出て周りへの印象も変わります。

【11】安っぽく見える

男性が「手に入れたい」と思うのは、どことなく品やレア感のある女の子です。服や靴やフレグランスなど、全てを「値段が安いこと」を基準に選んでしまうとそれが全体的な雰囲気にも出てしまいます。特に20代以降の社会人なら、自分にお金をかけることも大切。全身をブランドで固める必要はありませんが、必要な部分にはきちんとお金をかけるようにしましょう。

【12】個性的すぎる

ギャル系や原宿系など、個性的なファッションがそれが好きな人には良いけれど、そうではない人には恋愛対象外にされてしまいがち。「自分とは世界が違うな……」と思われてしまうからです。好きでそのファッションをしているのなら良いのですが、「周りに合わせてなんとなくしていただけ……」なんて場合には、思い切ってイメチェンしてみるのもあり。

次のページ→『彼氏が欲しいのにできない女の子の行動を解説!』

【スポンサーリンク】