こんにちは、愛丸さくらです。

私は当ブログで1000記事近くの恋愛記事を書いていますが、そんな私は恋愛をするとき、今ではほとんど駆け引きをしません。

なぜかというと、今の私の場合は駆け引きをしない方が恋愛が上手くいくからです。

その理由と、駆け引きをやめると恋がうまくいく3パターンを紹介します。

駆け引きが有効なのはこんなとき

このブログを始めた時。私は男心や男のプライドについて学び、恋愛でもたくさんの駆け引きをしていました。

なぜかというと、その方が『恋愛が上手く進む』と感じていたからです。

実際、男友達も増えたし恋のお誘いを受けることも増えていました。

でもこれは、『彼氏いない歴=年齢』で恋にも自分にも自信がなかった女が、恋愛ハウツーを学んだ場合です。

当時(ブログを解説する前まで)の私は、

  • 男友達ゼロ
  • 彼氏いない歴=年齢
  • 男心なんて全く分からない
  • 異性との接し方が分からない

こんな状態で、好きな人ができても話しかけることはもちろん、友達に「あの人が好きなんだ」とも言えないような超絶シャイガールでした。

そんな『恋愛初心者』の私だったからこそ、恋愛ハウツーや男心を学ぶことは、とても効果的だったのです。

恋愛ハウツーは、いわば恋の説明書。箱の開け方すら分からない初心者にとって、それはとても強い味方なのです。

駆け引きをやめると恋がうまくいく3パターン

『恋愛ハウツー』を学ぶことで、恋を楽しめるようになった20代半ば。

しかしほどなくして、私は恋愛駆け引きをやめました。

なぜかというと、「駆け引きをしない方が上手くいくな」と感じる場面が徐々に増え始めたからです。

その具体的な3つのパターンを紹介します。

【1】相手が恋愛音痴

駆け引きや男心を徹底的に学んで恋に望んだ私。

異性との交流を深めるうちに思ったのは、「相手の男性は全然女心や恋愛テクニックなんて知らない場合が多い」ということです。

もちろん、自分なりにある程度の『やり方』は持っているけれど。

それでも「女の子と話すと緊張してしまう」という男性は意外と多かったし、「恋愛が苦手」という人もとても多かった。

自分だけが「ちゃんと恋ができるようにならなきゃ」と密かにレベル上げをしていたけれど。いざ恋愛のフィールドに立ってみたら、案外みんな似たようなものだったのです。

ドラクエでいうなら、最強の大魔王を倒す前提でいろいろレベル上げをしていたけれど、その大魔王(イケメン)は意外とスライムと変わらないレベルだった……という感じですね。

そんな中で恋をするのに、高度な駆け引きは必要ないんです。

もちろん、「男100人を振り回して1000万円貢がせたい」なんて場合はそれなりの知識や外見やテクニックが必要でしょう。

でも、好きになったたった1人の男性を振り向かせるためには、ホイミくらい唱えられれば十分。イオナズンなんてそもそも覚える必要がないのです。

しかもびっくりなのは、意外とイケメンでも恋愛偏差値が低かったりするということなのですよ。

そんな相手にこちらがガンガンにテクニックを使っても、はっきりいって空回りします。

「相手が恋愛音痴の場合は駆け引きは不要」というよりは。

「ほとんどの場合は相手は恋愛音痴なので、自分が楽しく恋を楽しめるくらいに恋愛の知識をつけたり相談相手を持っておけばOK」

これは、私が恋愛ハウツーを学んだ上で恋をして、感じたことです。

【2】腹の探り合いが続いている

お互いに『そこそこ』の恋愛経験者の場合。

  • 好意を匂わせる
  • ボディタッチをする
  • 思わせぶりな態度をとる

こんな風に、『技の打ち合い』になることがしばしばあります。

これはどういう状況かというと、お互いに相手の出方を見て、相手の気持ちを探り合っている状態です。

なんでこんなことをするかというと、自分が突っ走って失敗したくないから。惚れた弱みを見せたくないからです。

言ってしまえば主導権の握り合いですね。

なんとなく気づいている人もいるかもしれませんが、実はこんな状態になってしまうのは、お互いに自信がない場合が多いのです。

だからこそ、傷つかないようにしてしまう。確証を得ようとしてしまう。

しかしその結果、お互いに相手の気持ちが分からず、膠着した状態のまま疲れて自然消滅……なんてことになりがちです。

いくら駆け引きをしても、美人でも、フラれるときはフラれます。大切なのは必要以上に恋や傷つくことを恐れないこと。裸の心でぶつかってみることも、ときには必要です。

【3】そもそも何も始まっていない

これ、意外とありがちだと思うのですが、『そもそも出会ったばかりで何も始まっていない状態』なのに、相手をその気にさせようと駆け引きをしてしまうパターン。

これをしてしまうと、90パーセントくらいの確率で男性からこんな風に思われます。

  • 「なんか裏がありそう……」
  • 「ガツガツしていて怖い……」
  • 「ビッチっぽい……」

最初からボディタッチをしたり、褒めちぎるなどの露骨な恋愛アピールをすると、むしろ男性に警戒されたり引かれてしまうのです。

それより、最初はあくまで『自然』に接すること。

  • 笑顔で挨拶をする
  • 相手に興味を持つ
  • 自分から心を開く

こうしたことの方が、距離を縮めるためにはよっぽど効果的です。

「笑顔で接する」というのもテクニックといえばテクニックですが、『相手の心を掴むための笑顔』って、やっぱりどこか違和感があるもの。

『自然な自分』でいる方が、実は相手からの印象も良かったりするものです。

まとめ

いかがでしたか?

「恋をする自信がない」と感じたとき、恋愛ハウツーや駆け引きを学んで自信をつけるのはおすすめです。

でも、実際に恋をするときには、駆け引きよりも自分の『心』で相手に接することが大切。

今の自分に必要なのがどちらなのかをきちんと見極めて、行動を選んでみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】