『都合の良い女』になる理由

Y美「私って、都合の良い女かなぁ?」

彼氏が出来るたびにそうツイートするY美。

Y美は、見た目も美人で性格も良いのだけれど……

彼氏が出来ても必ず、数ヶ月後には彼の方から別れを切り出されてしまいます。

「あんなに尽くしたのに、どうして?」

そう思うのも無理はありません。彼から嫌われないために、一生懸命行動していたというのに。

しかし『都合のいい女』が逆に意中の男性から愛されないのには、ある理由があるのです。


【1】対等な関係ではなくなってしまうから

対等

本来ならば、恋人の間に上下関係や主従関係はありません。

ところが、

  • 仕事や他の人との約束よりも彼を優先
  • 急な呼び出しにもいつでも対応する
  • 彼の要望は全て聞き入れる

などの『召使』のような行動を続けていると、やがて2人の関係は対等ではなくなってしまいます。

【2】悪いことをしている気分になるから

罪悪感

「アイツと一緒にいるとイライラするんだよ」

『都合のいい女』と関係を持っている男性の多くは、こんな発言をします。

実はこの『イライラ』の裏に潜んでいるのは、罪悪感。

何でも自分を優先し、合わせてくれる彼女に対して男性は「何だか悪いことをしている気分」になってしまいます。

すると、一緒にいて居心地が悪いと感じるのです。

一緒にいて楽!男が自然体でいられる女性の特徴7つ

【3】うざったく感じてしまうから

うざったく感じてしまう

都合の良い女は、わがままを言ったり男性を困らせたりしません。

物分りが良く、どちらかというと男性のことをあれこれ心配する傾向があります。

それなのに、なぜうざったく思われてしまうのでしょうか?

それは『彼女』というよりは『お世話係』のようになってしまうことに理由があります。

思春期の少年が母親からの心配や世話を嫌がるように。

都合の良い女と付き合っている男性も「放って置いてくれ」と彼女を投げ出し、自分を頼ってくれる浮気相手の元へ行ってしまいます。

【4】放置しても大丈夫と思われてしまうから

放置しても大丈夫

『都合の良い女』は手がかかりません。

多少連絡をしなくても、酷いことをしても自分のことを好きでいると思われてしまうのです。

もちろん、実際はそんなことはないにも関わらず。

そんな風に思われてしまうのは、女性が文句やわがままを言わず、男性に甘えたり頼ることをしないからでもあります。

【5】男性を満足させることが出来ないから

満足

意外かもしれませんが『都合の良い女』は男性を満足させることができません。

だからこそ、男性は『本命の女』を別に作り、都合の良い女を『2番目』にするのです。

都合の良い女が満たすことが出来ないもの。それは男性の『男としてのプライド』です。

  • 好きな女に良いところを見せたい
  • 男として甘えられたり頼りにされたい
  • なかなか落ちない女を自分のものにしたい

多くの男性はこうした気持ちを抱き、闘争心を燃やしています。

にも関わらず、女性に「なんでもあなたの好きなようにしていいよ」などと言われると、

男性としては物足りないような、なんだか見くびられているような、そんな気持ちになってしまうのです。

男性を満足させる女性になる

幸せな恋愛

いかがでしたか?
 
男性を満足させたければ、

  • わがままを言う
  • 甘えて必要とする
  • 面倒を見てもらう
  • 相手に迷惑をかける
  • 自分の要望を叶えてもらう

勇気を出して、こうした行動をしてみることです。

そうすることで、男性は「この女性には自分が付いていないとダメなんだ」と感じます。

男性から必要とされる女性は、「あなたが必要なの」とアピール出来る女性です。

「相手に迷惑だから」「わがままだから」「嫌われたくないから」という理由で遠慮してばかりいると、男性は「必要とされている」と感じることができません。

手がかからない女性は一緒にいて気楽ですが、どこかものたりないのです。

もしもあなたが『都合の良い女』の傾向があるとすれば。

ときどきは、男性にわがままを言ってみてください。『手がかかる女』になることで、男性から大切にされるようになります。

……と言っても、男性にも仕事が多忙な時期や精神的に疲れていて、1人になりたい時期もあります。

そんなときにもわがままを言って甘えてばかりだと、今度は「めんどくさい」と思われてしまいがち。

『都合のいい女』と『手がかかる女』を上手に使い分けて、彼にとって『最高の女』を目指してみてくださいね。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

都合のいい女とは?本気で好きな女との男の態度の違い7つ

いつも暖かい応援ありがとうございます。あなたの恋が上手く進みますように……☆