彼の気持ちが知りたい時

「最近いい感じの男性がいるけど……むこうは私のこと、本気で好きでいてくれてるのかな?それとも、ただの遊び?」

こんな風に思った時、いったい男性のどこをチェックすれば気持ちを見抜くことができるのでしょうか?

男性が「本命とまでは行かないけれど出来ればキープしておきたい」と考えている女性に対してする6つの行動を紹介します。

【1】女性の方から誘わせようとする

誘わせる

キープの女性に対して、男性はあまり自分からは積極的な行動に出ません。なぜなら、まだそこまで責任を持てないと考えているからです。

しかし「一緒に過ごしたい」「遊びたい」「会いたい」などの気持ちはそれなりにあるもの。

だからこそ、『キープの女性』に対しては相手の方から誘わせるように仕向ける男性が多いです。それならば、たとえ女性が自分に本気になってもあまり罪悪感を感じずに済むからです。

  • 「会いたい」とは言うけど具体的な日にちは指定しない
  • こちらが誘っても「多分大丈夫」など曖昧な返事が多い

これらの行動が見られる場合には『キープの可能性』を疑ってみた方が良いかもしれません。

相手がズルいようにも感じますが「まだそこまで好きになれない……」という人に対しては、誰しも同じような行動を取ってしまうもの。

こうした状況のときには女性側も自分の気持ちをセーブするように心がけるのがおすすめです。『まだお試し期間中』と強く意識して相手と接すると、自分だけが本気になってしまって辛い……という状況にも陥りにくくなります。

【2】メールやラインは無理のない範囲で返信

無理のない範囲

本命の女性が相手の場合には、男性も一生懸命にメールの返信をします。なぜなら、どうしてもその女性と仲良くなりたいからです。

しかし、多くの男性は基本的に「メールやラインはめんどくさい」と考えています。

参考記事:【男と女でこんなに違う!】男性がメールの返信をしない3つの理由

そのため、『キープの女性』が相手の場合男性はあまりメールの返信をしません。なぜなら、「どうしても落としたい」とまでは思っていないからです。しかし『キープ』はしておきたいので、女性の心が離れないくらいには返信をし、思わせぶりな言動をします。

  • 返信は一応来るけど内容が雑(文章が短い、質問に対する答えがない、スタンプだけで済まされるなど)
  • 返信がいつも数日後
  • ときどき返信が来なくなる

これらに当てはまる場合、相手の男性の気持ちはまだそこまで燃え上がっていない可能性が高いです。

ただ、そもそもメール嫌いな男性や、仕事や勉強が忙しくてメールの返信の時間がなかなか取れない人もいます。相手の男性の性格や現状を把握した上で『どのくらいの気持ち』なのかを判断するのがおすすめです。

【3】お泊まりはするけど告白はしない

お泊まりはする

知っておきたい男の本音。お泊まりしたい≠彼女にしたい』という記事で解説したように、男性にとって『お泊まりしたい女性』と『彼女にしたい女性』は必ずしもイコールではありません。

『体だけの関係』になってしまっている場合には、キープの可能性を疑いましょう。

本命の女性が相手の場合『相手も自分のことが好きだ』と確信が持てたら、男性は時期を見計らって告白をします。他の男に取られたくないからです。

しかし『キープの女性』が相手の場合、たとえ体を重ねて相手の女性が自分に好意を抱いていると確信を持てたとしても、告白はしません。

ちなみに『ベッドの中での男の言葉』には要注意。本能が理性を崩しにかかっている状況で『エッチがしたい』という欲求を叶えるためだけに「好きだよ」などと口にする男性もいるからです。

【4】自分の気持ちは言わないけれど相手の気持ちは確認する

相手の気持ちを確認

キープの女性に対して、男性は決定的な一言を言いません。なぜなら、自分の中ではまだそこまで相手の女性への気持ちが持ち上がっていないからです。

しかし、相手の女性のことはキープしておきたいと思っています。「結構いいな」とは思っているからです。だからこそ、その女性の気持ちが自分に向いていることを確認したがります。

そして確認できるとどうするかというと、安心して『現状維持』を続けるのです。

1 2