「もしかして、私ってキープ……!?」男性にはっきりしない態度を取られたとき、こんな風に勘ぐってしまったことがあなたにもあるかもしれません。本命でもないし、都合のいい女でもない。キープの女性に対して男性はどのような行動をするのでしょうか?

これって遊び?それとも本命?男が『キープの女』にする6つの行動

具体的な内容を紹介します。

相手の気持ちを確認

【1】ときどき餌を与える

男性はキープの女性に対して「今の段階では本命ではないけれど、かと言って逃したくもない」と考えています。そのため完全に脈なしな行動をするのではなく、ときには好意を匂わせるような思わせぶりな行動をして相手をつなぎとめようとします。

【2】決定的な言葉を言わない

「好きだよ」とは言うけれど。「これって付き合っているの?」と女性が尋ねると「うーん、どうだろう」とはぐらかす。こんな曖昧な態度も、キープされているときの特徴。恋人っぽいこと(例えば体の関係など)はしたいけれど、『彼氏』としての責任は負いたくないのです。

【3】自分からは誘わない

自分からは積極的に誘わず、女性の方から行動してくるように仕向ける。これも『キープ』をしようとしている男性にありがちな行動です。「相手の方から誘ってきたのだから自分は悪くない」「自分は誘いに応じているだけ」こんな風に自分を正当化したいのです。そこには「会いたい」という気持ちはあるけれど『それ以上の関係になりたい』という気持ちはありません。

【4】好きと言わせたがる

キープしようとしている男性は、女性の気持ちを確認したがります。というのも、そもそも女性側が自分に好意を抱いていると確信できなければ、その恋愛の主導権を握れないからです。相手が自分から離れていかないと分かれば、安心してキープしておけます。

【5】他の女性の話をする

キープの女性に対して、「元彼女が忘れられない」「職場に好きな女性がいる」などと話す男性は意外と多いです。こんな風に本命の存在を匂わせてくるのは、『キープすること』を許してもらいたいから。本命の女性のことは好きだし、キープの女性とも今のままの関係を続けたい。そんな自分を受け入れてもらいたいという甘えでもあります。

【6】追いかけない

キープの女性が離れていっても、男性は追いかけません。「どうしたの?」などのちょっとした連絡は来るかもしれませんが、それだけです。キープはあくまでキープ。自分のことを好きでいてくれるなら嬉しいし一緒に遊べるのは楽しいけれど、離れていくならそれはそれなのです。

おわりに

いかがでしたか?「もしかしたらキープされているかも……」と感じたときには、思い切って次の恋に意識を向けることも必要。あなたのことをもっと心から大切にしてくれる男性はいくらでもいます。そのことを忘れずに、自分自身を大切にしてくださいね。

《男性との関係に悩む女性に人気の記事》

いつも温かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が幸せな未来へとつながりますように……☆

【スポンサーリンク】