『彼氏いない歴=年齢』の著者の体験

こんにちは、愛丸さくらです。

この記事は『彼氏いない歴=年齢』だった著者の恋愛体験談です。

『彼氏いない歴=年齢』だった当時、私は外見・内面ともに様々なイメチェンや自分磨きを行っていました。

その甲斐もあって、私はある日、合コンで知り合った男性からデートに誘われることになります。

……が、しかし!

それは『幸せな恋愛』に繋がるものではなかったのです。

この記事では、『体目当てを脈ありと勘違いして騙されかけた体験談』を紹介します。

モテない女がデートに誘われた!?

その合コンを企画してくれたのは、学生時代の友人。

男性側から頼まれて、女の子を集めているとのことで、出会いが欲しいと思っていた私は飛びつくように参加しました。

相手方は、言ってしまえばごくごく普通の会社員。

男性との接し方がまだイマイチ分からなかった当時の私は、とりあえず飲み会の席ではこんなことを意識することに。

  • 下ネタトークには参加しない
  • 酔い潰れない
  • 食べ方を綺麗にする

これらを徹底的に心がけ、男性の話には適当に相槌を打っていただけなのですが、その結果、合コン後に1人の男性からメールが来ます。

「もっとよく話してみたい」と言われた!

男性S
合コンでも気になってたから、もっと話したかったんだ

こんなことを異性から言われたのは生まれて初めてでした。

それは当時の私にとってまさにファンタジー!奇跡!

『彼氏いない歴=年齢』の私が舞い上がらない訳もありません。

その人は、おヒゲを生やした、見ようによってはダンディな同い年の男性で、名前はSさん。

私たちは2、3通のメールを交わし、2人で飲みに行く約束をしました。

2人きりのデートでの出来事

そして、数日後。某居酒屋でSさんと再び再会。

現金なものですが、「君のことが気になっていた(過剰に解釈)」と言われたことで、私はすっかりSさんのことが好きになってしまっていました。

会話はとくに盛り上がりもせず、沈黙が気まずいほどでもなく、普通に終了。

「もしかしたら初めての彼氏ができるかもしれない……」

そんな期待から私は浮かれ、居酒屋を出ることにはすっかり酔っ払っていました。

男性から「自宅に来ない?」と誘われる

店を出てさてどうしようかとなったとき。

「俺の家にくる?」と言われて、酔っていたとはいえ私の中ではちゃんと『危険信号』が鳴りました。

しかし、

「なにもしないから大丈夫。もっと話そう?」

という余裕たっぷりなSさんの言葉に、

「意識過剰だったかな、恥ずかしい。もっと話したいと言ってくれて嬉しい!」

などと考え、私はあっさり、Sさんの誘いに応じてノコノコと男性の1人暮らしの家に上がり込みます。

脈ありかと思いきや勘違い!?

「これって私のことが好きってこと?」

など、様々な妄想をしながらたどり着いたSさんのお家。

結論から言いますが、私は無事に貞操を守ることができました。

Sさんは、家に着くなり早速私をベッドの方へ誘い、ボディタッチやらなんやらを繰り出し、「初めてはいつ?」などの際どい質問を繰り出してきたのです。

しかし私が『彼氏いない歴=年齢』(つまりは『初めて』!)であることを告げると、微妙な顔つきに。

そして、そこから会話もなく、ただただひたすらお互いの気持ちを探り合うような微妙な時間がすぎ、沈黙に堪え兼ねた私はこんな質問をします。

「あの……付き合ってくれるんじゃないんですか?」

付き合いたかった訳じゃない

私のこの言葉を聞いた瞬間、Sさんは、苦虫を噛み潰したような表情を浮かべ、「うーん……」「いや……」などと言葉を濁します。

その瞬間、私はようやく夢から覚めました。

(これって、アレなやつだ!!!)

体目当ててだった!!!

世の中には「女性とあーゆーことやそーゆーことだけしたい」と考えている、いわゆる『体(遊び)目当ての男性』がいるのです。

しかし、『彼氏いない歴=年齢』、体重60kgで自分に自信がなかった私には『自分が男性から性的な目で見られている』という発想がそもそもありませんでした。

そのため、『男性から誘われる=相手は自分のことが好き』と解釈してしまったのです。

……が、幸いなことに、私は男性から『女』として見られていたのです。

これは『彼氏いない歴=年齢』だった私にとって、ある種の驚きであり感動でした。

気まずいまま自然消滅

もちろん、『ベッドから始まる恋』というのもありますし、Sさんが私に全く恋愛感情がなかったとは言い切れません。

しかし、私たちはその日、気まずい沈黙のまま私は床で、Sさんはベッドで眠りました。

そして次の日の朝、微妙な空気のまま解散しその後、Sさんから連絡がくることも、私から連絡をすることもなかったのです。

騙されかけて学んだ教訓

そもそもSさんは付き合うつもりなどなく、私が勝手に勘違いをしただけなので「騙されかけた」と書くのもちょっと失礼だとは思うのですが……それはさておき。

『貞操の危機』に遭遇して、私はあることを知りました。

それは、『自分は男性から女として見られている』ということ。

そしてそれは、男性から性的な対象としても見られる、ということ。

それは嬉しいことだけれど、同時に今回のようなケースに繋がる場合もあるので注意が必要です。

男性と今後どう接するか

そこで、私は、今後このような『貞操の危機』にならないように、一応いくつかの対策を立てることにします。

  • 女は男の一人暮らしの家に上がりこんではいけない
  • 『誘ってくる=好き』とは限らない
  • 割り勘にしてくる男は自分のことをそんなに好きではない
  • 合コンには『ただ遊びたいだけの男』もいる
  • 惚れた方の負け

やや極端ではありますが、これは今でも私の中での『鉄則』になっています。

フられたからって気にしない!

Sさんへの失恋後。

1、2週間ほどは「結局好きになってもらえなかった」という虚しさでいっぱいだったのですが、しかしメゲるのはやめました。

「いい経験をした!」と前向きにとらえて行こうと思ったのです。

男性の中には『体目当て』で女性を誘う人もいると知っておけば、事前に警戒したりトラブルを防ぐこともできます。

もしもあなたが、男性から自宅に誘われた時は。

「そういう男もいるんだな」と思い出してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆