「この人と一緒にいるとなんだかとても楽かも……!」

あなたは他人に対してこんな風に感じたことがありますか?友人や恋人など、長い時間を過ごす相手には『一緒にいて居心地の良い人』を選びたいですよね。

もちろんこれは男性も同じ。居心地がよい相手とは将来を意識した交際ができるものです。では、男性はどのような女性に対して「一緒にいて楽だな」「居心地が良いな」と感じるのでしょうか?

今回はその7つの特徴を紹介します。

【1】気を使わなくて良い

気遣い不要

気を使わなくて良い相手とは、自分がその人の前で自然体でいられる人のこと。つまり「相手がありのままの自分を受け入れてくれている」と感じるとき、人は「この人といると居心地が良いな」と感じます。

具体的に言うなら、自分の行動を批判せずに「いいね」「面白いね」「素敵だね」と受け入れてくれる人。そんな女性は、男性からも「もっと一緒にいたいな」と思われやすくなります。

【2】柔軟な考え方を持っている

考えが柔軟
「こうでなくてはダメ」「絶対にこうしたい」という強いこだわりは時として強みになりますが、逆にそれが自分や周りの人を縛ってしまう場合もあるもの。

あれこれ制限せずに、「こうなったらこうなったで良いよね」と臨機応変な対応ができる女性は、それだけ物事に対処する能力が高いとも言えます。デート中のトラブルにもこんな風に対応できると、男性も安心してあなたとの時間を楽しむことができますよ。

【3】自然体でのびのびしている

自然体

素直に感情を表現して、必要以上に壁を作らず、気取らずに接してくれる。そんな自然体な女性は、一緒にいる男性の心もリラックスさせてくれます。

逆に、素の自分を出さずに『完璧な女性』や『デキる女』を演じようとしていると、どこかで不自然さが出てきてしまうもの。すると「この子には何か裏がありそうだな……」「本当に楽しんでくれているのかな?」と、相手にも不信感や不安を与えてしまうものです。

【4】思っていることを言葉にして伝えてくれる

言葉にしてくれる

男性からすると、女性は何を考えているか分からない未知の生物。だからこそ、考えていることや思っていることをきちんと伝えてもらえると、男性は安心します。

楽しい時は楽しい。嬉しい時は嬉しい。何か要望があるときにはきちんと言葉にして伝える。デートのときにはそんなことを意識すると、男性に「居心地の良さ」を感じてもらいやすくなります。

【5】他人に対して肯定的

肯定的

いくら自分には好意的に接してくれていても。「あの人はもっとああしたら良いよね」「あの店はあれじゃダメだよね」と物事に批判的な女性も、警戒されてしまいがち。「自分もどこかで批判されているのかな……」と思わせてしまうからです。

相手の男性も同じく批判的な場合には話が合うかもしれませんが、『批判トーク』は後味の悪さを残してしまいがち。日頃から『悪いところ』ではなく『良いところ』にフォーカスするよう心がけてみてください。『批判』は他人を拒絶する行為ですが、『肯定』は他人を受け入れる行為。受け入れれば受け入れた分だけ、自分の器が大きくなります。

【6】精神的に安定している

リラックス

いつもニコニコしている穏やかな女性は、やっぱり一緒にいて安心するもの。逆に、いつもピリピリして怒りっぽい女性は、男性からも「なんか怖いな」と敬遠されがちです。

あれこれ頑張りすぎず、ときには人に任せてみる。8割できれば十分と自分を褒めてあげる。周りと比べずに自分のペースをキープする。そんなことを習慣にしていると、自然と余裕が出てきて、気持ちも安定します。

【7】1人にしても勝手に楽しんでくれる

楽しそう

『彼に何かしてもらわないと楽しくない女性』と、『彼が何もしてくれなくても楽しい女性』では、後者の女性の方が「一緒にいて居心地が良い」と思われやすいです。たとえば、デート中にちょっと彼女を1人にしてしまったときにも、不機嫌そうに待たれているのと、楽しそうにパンケーキでも食べていてくれるのでは、後者の方が圧倒的に気持ちが楽だからです。

恋をすると相手に振り回されてしまいがちですが、依存せずにブレない自分を持つことが、恋愛を円滑に進めやすくしてくれます。

「一緒にいて楽だな」と彼をキュンとさせよう

居心地の良い女性

いかがでしたか?

「居心地が良いな」と思われると、それだけ同棲や結婚にも話が進みやすくなります。彼にとっての『居心地の良い女性』を目指してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆