「あー、イライラする……」

そんなときって、誰にでもありますよね。

そしてついつい、周りにいる人に当たってしまったり。ムシャクシャした気持ちのまま行動して、ミスをしてしまったり……。

実はそんなときには、「なぜ自分はイライラしているのか」をきちんと理解することが大切。その理由と方法を解説します。

なぜイライラしているの?

  • 恋人から連絡がない
  • 友達にドタキャンされた
  • 上司に無茶なことを言われた

そんなとき、イライラしてしまうのは当然……と思いますよね。

まずは深呼吸をしたり、イライラした気持ちを吐き出して気持ちを落ち着けましょう。溜め込むより吐き出してしまった方が、胸のつかえも取れやすいです。

そしてそのあと、ちょっとだけ冷静になって考えてみましょう。なぜ自分は今、こんなにもイライラしているのでしょうか?

理由にはその『先』がある

先ほど挙げた、イライラの理由。その理由には『先』があります。

例えば、「恋人からの連絡がない」とき。

それはただその出来事に対して怒りを感じているのではなく、その出来事によって『何か』を感じているから、怒っているのです。

例えばこんな感じ。

  • 蔑ろにされている
  • 愛されていない

こうした気持ちが自分の中にあるからこそ、その『出来事』に対してイライラしてしまうのです。

もしくは、こんな場合もあります。

  • 連絡が取れなくて心配だ
  • 嫌われてしまったかも

こうした『不安』の気持ちをイライラでごまかしてしまうのって、実はありがち。

本当の理由を解消しよう

イライラしたときには、この『本当の理由』にまずは気づくこと。

「あぁ、自分はこう思っていたんだ」と知るだけでも、気持ちがすっきりしたりするものです。

そして自分が感じている『本当の理由』に対して、「別に相手はそういうつもりじゃないかもよ」と声をかけてあげてください。

ささくれている心は、こんな風に自分でケアすると、少しずつ落ち着いて行きます。

逆にこれをせずに放置していると、その出来事が過ぎ去ってもまた似たようなことでイライラしてしまいがち。

  • イライラの本当の理由を知ること
  • それをケアすること

この2つが大切なのです。

理由は勘違いだったりする

こんな風に心を日頃からケアしていると、イライラすることが減っていきます。

すると、自分が思っているほと相手は『嫌な奴』じゃなかったと気づけたりするもの。

「この人は○○だ」という思い込みって、ほとんどの場合は勘違いなのですよね。

イライラしたときは、ぜひ試してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】