「やっぱさ、隙がない女の子って近づきにくいよね」

世の多くの男性が口にするこの台詞。世の中に出回っている恋愛関連の書籍にも、同じことが書かれています。

「でも、そもそも隙ってなんなの?」
あなたはそんな風に思ったことはありませんか?

今回はそんな女性のために「隙って何?」と思ったら確認しておきたい7つのポイントをご紹介します。

【1】『笑顔がない』は隙がない

コミュニケーションの基本である笑顔。
笑顔がない女性は隙がない

人は笑顔を向けられると「拒絶されていない(≒受け入れられている)」と感じます。初対面では特にそうですが『笑顔の人』と『無愛想な人』では、笑顔の人の方が話しかけやすいですね。

笑顔で、心のドアに隙間を開けておきましょう。出会いも入って来やすくなりますよ。

【2】『好きがない』は隙がない

「好きがない」は隙がない

「彼の事が好き……でも、それがバレたらきっと嫌われちゃう。隠して、自分磨きをして、自然と彼に好きになってもらえるように頑張ろう!」

実らない恋を繰り返していたあのころ、私はいつもこんな風に考えていました。でも、これはとてもモッタイナイこと。

人間は『自分に好意を抱いている人』を好きになる傾向があるからです。好意を隠し『何とも思っていない』を装ってしますと、恋愛は発展しません。「嫌われている!?」と思われて、距離を置かれてしまうかも。

「好き」と直接伝えてしまうのはあまり得策ではないかもしれません。しかし『嫌いではない』『むしろ好意を抱いている』としっかり伝えることが重要です。

好意を伝えることで、男性は『付け入る隙』を見つけやすくなるのです。

【3】『弱点がない』は隙がない

弱点がない女は隙がない

「ゴキブリなんて怖くない。上司の説教も、暗闇もへっちゃら。痴漢なんていたらぶっ飛ばしてやるわ」

怖いものナシな素敵女子でも、恋愛においては損をします。怖いものは何もない、落ち込むこともない。たくましい女性に、男性は『カッコイイところを見せる機会』少なくなります。

男性はあなたに対して『アピールすること』が難しくなっているのです。これがいわゆる『隙がない』状態です。

怖いものは怖い、悲しい時は悲しい、素直に口にしてみましょう。きっと、守ってくれる人が現れますよ。

【4】『できないことがない』は隙がない

なんでもできる女は隙がない

『弱点がない』と同様に『出来ないことが何もない』のも、男性が『カッコつける機会』を奪ってしまいます。男性は基本的に「素敵って言われたい」「尊敬されたい」「憧れられたい」と思っています。

ここでオススメなのは『お願いをする』ことです。

お願い事というのは、相手に『カッコつける機会』を与えます。心理学的にも、『人はお願いごとをしてきた人を好きになる』というデータがあります。

あなたが最後に男性にお願いをしたのは、いつでしょうか?

ちょっとしたことで大丈夫。『お願いごと』をして、「ありがとう」と笑顔で言いましょう。きっと、彼も喜んでくれるはずです。

1 2