「やっぱさ、隙がない女の子って近づきにくいよね」世の多くの男性が口にするこの台詞。世の中に出回っている恋愛関連の書籍にも、同じことが書かれています。「でも、そもそも隙ってなんなの?」あなたはそんな風に思ったことはありませんか?今回はそんな女性のために「隙って何?」と思ったら確認したいポイントをご紹介します。

「隙って何?」と思ったら確認したい7つのポイント

具体的な内容をチェックしていきましょう!

【1】『笑顔がない』は隙がない

人は笑顔を向けられると「拒絶されていない(≒受け入れられている)」と感じます。初対面では特にそうですが『笑顔の人』と『無愛想な人』では、笑顔の人の方が話しかけやすいですね。逆に笑顔がない女性には男性も話しかけにくいもの。なんとなく拒絶されそうな気がしてしまうのです。笑顔で心のドアに隙間を開けておけば、出会いも入って来やすくなりますよ。

【2】『好きがない』は隙がない

好きな人ができた時。その好意を「絶対に相手にバレないようにしなきゃ!」とひた隠しにして、全く興味のないフリをしてしまった経験のある女の子は多いと思います。でも、実はこれは逆効果。人は自分に全く無関心な人に、近づこうとはしません。なぜなら自分に興味がない人とは、自分を拒絶する可能性も高い人だからです。だからこそ、好きな人と距離を縮めるには好意を匂わせることが大切なのです。

【3】『弱点がない』は隙がない

あなたには苦手なものがありますか?人は自分より弱いものや困っている人を見かけると、自然と「助けてあげたい」と思う生き物です。逆に自分より強い人に対しては、「自分の力は必要ないだろうな……」と感じ、距離を置いてしまいがち。強い女の子も素敵だけれど、好きな人の前ではちょっと『弱さ』を見せてみるのがおすすめ。男性をキュンとさせられるし、距離が縮まりやすくなります。

【4】『見せない』は隙がない

人は相手が自分のプライベートを見せてくれたとき、「心を開いてくれているな」と感じます。逆に、何を聞いても教えてくれなかったり、頑なにプライベートを隠している人に対しては「これ以上踏み込まないで」と言われているように感じてしまうもの。好きな人にはあえて『秘密』を伝えるのも仲良くなるテクニックです。

【5】『暇がない』は隙がない

忙しい人というのは、周りからすると誘いにくいです。常にスケジュールが埋まっていたり、いつもあくせくと動き回っていると「自分が入り込む隙はないな……」と思わせてしまいます。出会いが欲しいときや異性との距離を縮めたいときには、スケジュールにも気持ちにもゆとりを持つことが大切。「どこかでのんびりしたいな」「○○に行きたいな」などとアピールするのもオススメです。

【6】『参加しない』は隙がない

飲み会やイベントなど、あなたはどのくらい参加しているでしょうか?これらに全く参加しないのも「隙がない」という印象につながりがち。そんなつもりはなくても「あなた達には興味がないわ」と受け取られてしまうのです。飲み会が苦手な場合は、あらかじめ周りにそう伝えてしまうのがおすすめ。フォローしてもらえるし、拒絶されている訳ではないと伝われば親しみを感じてもらえます。

【7】『失礼がない』は隙がない

特に目上の人に対して「失礼がないようにしなきゃ……」と感じている人は多いと思います。しかしその気持ちが強すぎると、必要以上にやりとりが固くなってしまいがち。すると相手もなかなか打ち解けてくれません。誰とでも仲良くなれるのは、実はちょっとくらい失礼なところがある人。無理にそういう人になる必要はありませんが、ときには肩の力を抜いて、自然な自分を見せてみると良いですよ。

おわりに

いかがでしたか?出会いが欲しいときや好きな人と距離を縮めたいときには、隙を作るのが効果的。特別な自分磨きをしなくても、それだけで恋のチャンスを増やすことができます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

いつもあたたかい応援ありがとうございます(^ ^)あなたに、素敵な恋愛が訪れますように……☆

【スポンサーリンク】