スケートデートは滑れなくても大丈夫?男性と距離を縮める5つの方法

スケートデートで男性と距離を縮めたい!

スケートが滑れなくても大丈夫

「もうすぐ好きな人とのスケートデートなんだけど……あまり滑れないし、ちょっと心配かも……」

もしかすると、あなたもこんな風に悩んでいるかもしれません。

スケートがあまり得意でなくても、スケートデートを楽しむことはできるのでしょうか?

滑れなくても大丈夫!

結論から言うと、滑れなくてもスケートデートは大丈夫です。

ただ、スケートに初挑戦(ローラースケートなども未経験)の場合は、いくつか注意するべき点があります。

この記事では、スケートデートで好きな人と距離を縮める方法や、滑れないのにスケートデートに行く場合の注意点を紹介しますね。


1.「滑れない」を利用しよう

滑れなくても問題ない

スケートデートで「滑れない……」と悩む人は多いけれど。

基本的に、スケートデートは滑れなくても大丈夫です。

むしろ、滑れないのならそれは好きな人との距離を縮めるチャンス。

教えてもらったり、手を繋いで距離を縮めちゃいましょう!

転んでも平気な服装で行こう

滑れない人がスケートデートに行く場合は、転んでも平気な服装で行きましょう。

スケートリンクは氷なので、転ぶと痛いです。

場所によっては腕当て・膝当てなどを貸し出しているところもあります。(ちなみに、手袋は持参しましょう!)

また、転んで氷が衣服につくとそれなりに濡れます。

滑れない人がスケートデートに行く場合は、転んでも平気な服装で行くようにしましょう。

2.女性らしさをアピールしよう

靴を履く時にも……

スケートデートに行くのなら、女性らしさをアピールして距離を縮めちゃいましょう!

例えば、スケートの靴って、紐を結ぶのが難しかったりするんですよね。

そんなときには、男性にやってもらうのもあり。

【1】で紹介したように、「滑れないから手を繋いで?」と甘えるのももちろん効果的です。

怖がる姿も可愛い!

スケートデートで「滑れないかも……」という不安な気持ちがあるのなら、それを彼に打ち明けるのもおすすめ。

女性が不安がっていると、男性は守ってあげたくなるものです。

あなたのそんな姿に、彼もキュンとしてくれるかも!?

3.ファッションで魅せよう

暖かくて可愛い服装

スケートデートは、普段と違う服装を見せるチャンスです。

  • モコモコの手袋
  • マフラー
  • ニットの帽子

など、寒い場所ならではのおしゃれを楽しんで、デートの相手を魅了させちゃいましょう!

足が綺麗に見える

スケートデートの服装選びは、足が綺麗に見えるものを選ぶのがおすすめ。

というのも、スケート靴を履くと、足が長く見えるからです。

スケートデートでは写真を撮ることも多いと思うので、ぜひお洒落にもこだわってみてくださいね。

4.笑顔を見せよう

目的は楽しむこと!

スケートデートの目的は楽しむことです。

女性がたくさん笑顔を見せてくれると、男性も嬉しいもの。

スケートデートでは、笑顔を忘れないようにしましょう。

滑れないことも楽しもう

滑れなくて転んだりすると、笑顔も減ってしまいがちだけれど。

でも、転んだり失敗することも含めてのスケートデート。

そんな一面を見せ合うことでも、2人の距離が縮まります。

スケートデートでは、滑れないことすらも楽しんでしまいましょう。

いつも笑顔な女性がモテる理由5つ!癒されるし男を幸せにする?

5.スケート後に距離を縮めよう

スケートはどのくらい滑る?

スケートデートは、だいたい2時間前後で切り上げる人が多いようです。

あまり長い時間滑ると体も冷えるので、このくらいの時間が妥当なのかもしれません。

冷えた体を温めよう

スケートの後には体も冷えているので、食事やお茶を飲んで冷えた体を温めましょう。

心もホッとリラックスでき、会話も盛り上がります。

滑れない人がスケートをする注意点

転んだときの注意点

滑れない人がスケートに行く場合、転んでしまうこともあると思います。

そんなときの注意点は、

  • 頭を打たないようにする
  • 手足を引っ込める
  • なるべく早く立ち上がる

この3つです。

スケートリンクでは、後ろからもどんどん人が滑ってきます。

なので、転んだときにはまず手足を引っ込めること。

そして、長時間座っていると服がどんどん濡れてしまうので、なるべく早く立ち上がるように頑張りましょう。

基本的には手すりの近くをキープ

滑れない人がスケートデートに行く時には、基本的には手すりの近くをキープしましょう。

慣れてきたら手すりから離れるのもありですが、最初のうちは手すりを掴んで滑るのが安全です。

インストラクターに教えてもらうのもあり

また、カップルが2人ともスケート初心者の場合は、インストラクターにスケートを教えてもらうのもありです。

リンクにもよりますが、スケート教室が開催されている場所も多いです。

基本的な動きを教われば、コツを掴んで上達するのも早いかも。

スケートデートで男性と距離を縮める方法まとめ

いかがでしたか?

スケートデートで男性と距離を縮めるには、何よりも楽しむことが大切。

不安な気持ちもあるかもしれませんが、自分に自信を持って、リラックスしてスケートデートを楽しんでみてくださいね。

片思い中のあなたには、こちらの記事もおすすめです。

冬は恋愛が成功しやすい!?カップルが増える理由4つ

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来に繋がりますように……☆