バレンタインは手作りと市販どっちが嬉しい!?男の本音

「チョコレートは手作りと市販、どっちをプレゼントしたら喜んでくれるだろう……?」

もしかするとあなたも、こんな風にお悩みかもしれません。

気持ちを込めた手作りチョコレートを渡したい気持ちもあるけれど。

手作りを渡して、重いと思われるのは嫌ですよね。

かといって、市販のチョコレートだとありがちな気もするし……。

いったい、男性がもらって本当に嬉しいのはどちらなのでしょうか?

この記事では、手作りと市販のメリットデメリットや、男性の本音を徹底的に検証していきます!

市販のチョコレートのメリット・デメリット

美味しくて可愛い

市販のチョコレートのメリットは、なんといっても手軽なこと。

バレンタインの時期なら、どこでも簡単に専用のラッピングを施されたチョコレートを手に入れることができます。

そして、市販のチョコレートは味も美味しいです。

手抜き感が出てしまう

市販のチョコレートのデメリットは、「簡単に済ませた感」が出てしまうところ。

バレンタインで、本命の相手に市販のチョコレートをプレゼントする場合には、

  • 手書きのメッセージカード
  • お値段が高めのものを選ぶ

などすると、市販でも気持ちが伝わりやすくなるのでおすすめです。

市販のチョコレートを選ぶべき状況

相手と距離があるなら市販で様子見

市販のチョコレートが向いている状況は、以下のものです。

  • 手作りを渡すほど距離が近くない
  • 数日間渡せない可能性がある
  • さらっと好意を伝えたい

上記のような場合には、手作りよりも市販のチョコレートを選ぶのがおすすめ。

手作りチョコレートのメリット・デメリット

愛情や気持ちが伝わる

手作りチョコレートを渡すメリットは、なんといっても気持ちが伝わること。

「手作りは、やっぱり特別に感じる」

という男性は多いようです。

手作りは重いし引く!?

しかし、手作りチョコレートのデメリットは、重いことです。

そこに愛がこもっていると分かるからこそ。

  • 一方的な片思い
  • 知り合ってまだ日が浅い
  • 相手はベタベタした関係が苦手

こうした場合は、「重い」と惹かれてしまう可能性もあります。

バレンタインに手作りチョコは嫌がられる?

手作りチョコレートを選ぶべきはこんな状況

相手が脈ありの場合

  • 相手も確実に自分に好意を抱いている
  • すでにある程度親しい
  • 友達以上恋人未満の関係を進展させたい

こうした場合には、手作りチョコレートを用意すると喜んでもらえる可能性が高いです。

バレンタインで勝負をかける

相手が脈ありの場合、バレンタインで勝負を変えるのもあり。

するとその後のホワイトデーや年度末の進学・移動などをきっかけに、交際がはじまる場合もあります。

この記事のまとめ

手作りじゃなくても気持ちは伝わる

手作りと市販のチョコレートのメリット・デメリットを比較してきましたが、いかがでしたか?

女性は「手作りじゃないと男性をガッカリさせてしまうかも……」と考える人も多いのですが、

「手作りでも市販でも、わざわざ用意してくれたことが嬉しい」という男性は多いです。

そもそも、バレンタインにチョコレートを渡すだけでも、相手に気持ちは充分伝わるのです。

相手が手作りにこだわる人なら別ですが、そうでない場合には、あまり手作りにこだわる必要はないかもしれません。

相手との距離でチョコを選ぼう

バレンタインチョコレートを選ぶとき。

大切なのは、相手との距離感を見極めること。

「自分の気持ちを伝えたい!」というだけではなく、

相手にとっても心地よいチョコレートを選ぶとことを意識してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆