吊り橋効果で好きになる!?勘違いの恋愛心理やありがちな状況

吊り橋効果とは?

『吊り橋効果』

この言葉を、あなたもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

吊り橋効果は、代表的な恋愛心理の1つ。

「吊り橋のような不安定な場所で出会った男女は、そのドキドキを恋と勘違いして、お互いに惹かれ合う」

というものです。

確かに、非日常な状況で出会うと、それがより特別なものに感じられたりしますよね。

「吊り橋効果で恋に落ちるのは勘違い」と言われることも多いけれど。

果たして本当に、吊り橋効果の恋愛は勘違いなのでしょうか?

この記事では、吊り橋効果の恋愛心理や、吊り橋効果で恋におちるときにありがちな状況などを解説します。


吊り橋効果の恋愛心理

吊り橋効果を見つけたのは心理学者

『吊り橋効果』とは、カナダの心理学者によって1974年に発表された学説。

「恋の吊り橋理論」とも呼ばれています。

吊り橋効果の実験

実験は18歳〜35歳の独身男性を対象に行われました。

『揺れない橋』と『揺れる吊り橋』を渡っているときに、中央で女性にアンケートを求められます。

「結果が気になるなら後日連絡してください」と言われ、後日連絡してきた男性はどのくらいかを調べる、というもの。

その結果、揺れない橋の場合、1割程度の男性しか連絡をしてこなかったのに対し。

揺れる吊り橋の場合、ほとんどの男性から連絡がありました。

緊張感の共有が恋愛感情になる

このことから、

『揺れる橋での緊張感の共有が、恋愛感情に発展する場合がある』

と定義したのがこの『恋の吊り橋理論(吊り橋効果)』です。

不安な状況のときには恋に落ちやすくなる

DNAを残したくなる

緊張しているときや、不安に晒されているとき。

人は「DNAを残したい」という欲求から、本能的に恋に落ちやすくなるとも言われています。

吊り橋効果には、そうした心理も影響していると考えられます。

誰かと一緒にいたくなる!

確かに、人生の岐路に立たされているときや、大きなプレッシャーを感じたとき。「支えてくれる人が欲しい」と思うこともありますよね。

一見『嫌なもの』として避けがちな『不安』や『緊張』は、上手に使えば2人の間に恋を芽生えさせるきっかけになり得るのです。

日常生活の中の『吊り橋効果』は?

吊り橋にあたる状況とは?

……といっても、日常生活の中で『吊り橋』を渡る機会は少ないですよね。

でも、日常生活の中にも『吊り橋効果』を期待できるシチュエーションはたくさんあるのです。

緊張感を共有しよう

例えば、デートの時には食事をするだけではなく、映画を見にいけばそこで『ドキドキの体験』を共有することが可能です。

2人で何か新しいことに挑戦したり、行ったことがない場所に行ってみるのも効果的。

相手の誕生日などには、ちょっとしたサプライズを用意してみるのも良いかもしれません。

ポイントは『ドキドキ』を作り出すこと。

デートの場所で成功率は変わる

「相手に好きになってもらいたい」と考えたとき、自分の魅力で勝負するのももちろん大切です。

しかし、それ以外の部分で上手にドキドキを生み出すことができれば、それだけ印象にも残りやすくなります。

デートの場所を選ぶ時などにも、ぜひ参考にしてみてください。

これも吊り橋効果かも!?

文化祭でカップル成立

学生のときなど、文化祭や体育祭の前後はカップルが成立しやすかったですよね。

あれは、

  • 一緒にすごす時間が増える
  • 仲良くなるきっかけができる

こうした理由もありますが、イベントのドキドキ感が、恋の後押しをしているのかもしれません。

障害がある恋は燃える!?

また、不倫などの障害のある恋は燃える……と言われていますよね。

  • 「悪いことをしている」というスリル
  • 「バレたらどうしよう」という不安
  • 周りからの反対への対抗心

不倫の恋には、こうした興奮材料が多いのです。

そのため燃え上がりやすいけれど。

こうした要素がなくなったとき(恋愛が成就したとき)に、一気に冷めてしまう場合もあります。

吊り橋効果はきっかけ!

吊り橋効果というのは、あくまで恋のきっかけ。

そこからどのような関係を築き、どうやって恋愛を育てていくかはその人次第です。

吊り橋効果を活用するときには、それだけに頼りすぎず。

『吊り橋』以外の相手との時間も、大切にしてみてくださいね。

『吊り橋効果』に関するまとめ

いかがでしたか?

吊り橋効果は、知っておくと便利な恋愛心理。

ぜひ活用して、気になる人との距離を縮めてくださいね。

いつも暖かい応援ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆