「男のストライクゾーンは広い」こんな言葉を、あなたもどこかで耳にしたことがあるかもしれません。でも、それならほとんどの女性は男性の恋愛対象!?『男のストライクゾーンは9割』の本当の意味を解説します。

『男のストライクゾーンは9割』の本当の意味

実はこの言葉は、「9割の女性とお付き合いできる」という意味とは少し異なるのです。詳細を見ていきましょう。

ストライク=外見OK

「男のストライクゾーンは9割」というのは、「9割の女性は外見的にOK」という意味です。確かに女性のそれと比べるとかなり広いように感じますよね。

お付き合いOKではない

しかしこれは、その女性たち全てと『お付き合いOK』という意味ではありません。『ストライク』なのはあくまで外見。付き合うとなると外見だけではなく、それ以外にも求める要素が増えてきます。

付き合う基準は人それぞれ

もちろん、中には「外見がOKなら付き合える」という人もいます。が、ほとんどの人は外見だけではなく、性格やフィーリングの一致なども考慮するものです。

好きじゃなくても体が反応する!?

ちなみに男性は「ストライク」の女性に対して、好きではなくても体が反応することも。そのあたりを詳しく解説します。

女のベッドイン条件は厳しい

女性の場合、体を重ねても良いと思うのはほとんどの場合『好きな人』に限定されます。自分が好きになり、相手も自分のことを好きでいてくれる人。『体の関係』になることと同時に、心の奥底の深い繋がり合いを求めるのです。

男の条件は比較的緩い

一方、男性の場合は違います。極端に言ってしまえば、外見的にOKならばベットインもOK。「あとあと面倒なことにならなそう」などの条件はありますが、女性のそれと比べるとはるかに緩い傾向にあるのです。

9割以上は男にとって「あり」

つまり、9割以上の女性は男にとってそういう意味で「あり」ということ。それは「好き」とは違いますが、なかなかこのあたりは女性には理解しにくい部分かもしれません。

次のページ→『男が"なし"にする女性って!?』

【スポンサーリンク】