抱ける女と抱けない女の違いとは?男がありなしを判断する基準

「男は女性を一目見た瞬間に、あり・なしを決めている」

あなたは、こんな言葉を聞いた経験がありませんか?

信じがたいかもしれないけれど。

男性は女性を一目見た瞬間に、ほぼ無意識にあり・なしを決めているのだとか。

ここで言うあり・なしとは、恋愛対象としてありかなしか。

つまりは、

  • 女としてありかなしか
  • 抱けるか抱けないか
  • 恋愛対象として見れるか見れないか

こうしたことを判断しているのです。

男性は女性と出会った瞬間、ほぼ無意識にこのあり・なしを判断しています。

ここで『なし』になってしまうと、それ以降も基本的にはずっとなし。

いくら女性が頑張ってアプローチをしても、「なし」と感じてしまうのです。

だからこそ、彼氏が欲しいときには、男性の『あり』になることが大切。

では、男性はどのような基準であり・なしを判断しているのでしょうか?

また、自分が好きな人にとってありかなしかは、どうすれば見抜くことができるのでしょうか?

男性のあり・なしの基準

あり=女として見ることが出来る

男性にとってのありとは、女として見ることができる女性のことです。

  • 性欲を感じる
  • 下半身が反応する

相手を『女性』として認識したら、その瞬間からその女性は男性にとって『あり』になります。

『抱ける女性=あり』と考えても分かりやすいかもしれません。

なし=女として見ることができない

男性にとってのなしとは、女として見ることができない女性のことです。

  • 性欲を感じない
  • 下半身が反応しない

つまりは、相手を『女性』として認識できない場合。

『抱けない女性』は、男性にとっては『なし』なのです。

男性の「あり」の範囲は広い

9割の女性はあり

「男性のストライクゾーンは9割」などと言われていますが、実はほとんどの女性は男性にとって『あり』に分類されます。

世の中のほとんどの女性は、男性にとっては性欲を感じる、「抱ける女性」なのです。

女なら誰でもいい!?男のストライクゾーンは9割の本当の意味

では、残りの1割はどのような女性なのでしょうか?

男性が抱けない女性とは?

  • 家族(親・妹など)
  • 立場的にNGな人(生徒・部下など)
  • 年齢が離れすぎている人

これらに当てはまる人は、そもそも最初から『女性』として意識しません。

外見や性格で『なし』になる場合もある!?

年齢や立場的にはOKでも、外見や性格で『なし』にされてしまう場合もあります。

それはいったい、どのような女性なのでしょうか?

男性が抱けない女性とは?

性欲を感じない女性とは?

男性が『なし』にするのは、「抱けない」と思う女性です。

それはつまり、「その女性に対して性的な魅力を全く感じない」ということ。

では、性的な魅力を感じない女性とは、どのような女性のことなのでしょうか?

女を感じさせない女性

性的な魅力を感じない女性とは、女を感じさせない女性のことです。

  • 外見が女性らしくない
  • 仕草や態度が女性らしくない

こうした場合は、男性の中で『なし』にされてしまう可能性があります。

抱けない女の具体例

  • 痩せすぎ・太りすぎ
  • ノーメイク
  • 男っぽい服装
  • ガニ股で歩く

これらに当てはまる場合は、『なし』にされてしまいがちです。

男性が抱きたい女性とは?

『女』を感じる要素

男性が抱きたい女性とは、女を感じる女性です。

男性は、『女らしい要素』を多く持つ女性には、それだけ女を感じやすくなります。

  • 胸やお尻に肉が付いている
  • ウエストや首が細い
  • 女性らしい服装をしている
  • 所作が綺麗

こうした要素のある女性に対しては『女』を感じやすいです。

年齢的な要因

また、男性が性欲を感じるのは、基本的には『繁殖に適した年齢の女性』に対してです。

なので、

  • 体型や服装が子供っぽい
  • 髪や肌がパサパサで老けて見える
  • 不健康そうに見える

こうした場合も、『なし』にされてしまう場合があります。

パートナーとしては別!?

性欲だけが恋愛ではない

ここまで、男性のあり・なしの基準について解説してきましたが……

恋愛では、性欲以外の要素も大切です。

特に、結婚などの人生を左右する重要なパートナー選びに置いては、

  • 価値観
  • 人生観
  • 性格的な相性

こうしたものを重視する人がほとんどです。

あり・なしはもちろん大切だけれど。

それだけではない、『心の繋がり』も恋愛では大切です。

年齢や体型にこだわらなくて良い

男性の恋愛対象になるには、女を感じさせることは効果的です。

しかし、だからと言って年齢や体型にこだわる必要もないのです。

冒頭でも紹介したように、男性のストライクゾーンは9割と広いです。

なので、「自分をよく見せよう」と躍起になるのではなく。

今の自分に自信を持って、恋を楽しんでみてくださいね。

好きな人にとって自分はアリ?ナシ?

男性が「付き合いたい」と思う女性とは?

ほとんどの場合、男性は周りの女性のことを『あり』と思っています。

しかし、この『あり』は『好き』とは違います。

  • 女として見ることはできる
  • もしかしたら恋人になるかもしれない
  • 「可愛いな」とは思う

こうした気持ちがあっても、それが必ずしも恋愛感情に発展するとは限らないのです。

では、恋愛対象の女性の中から、男性の本命になるのはどんな女性なのでしょうか?

男性の本命になる女性とは?

  • 相手を好きになるきっかけがあった
  • 感覚的に「合うな」と感じた
  • お互いの気持ちが通じ合った

こうした条件が揃ったとき、その女性は男性の本命になります。

恋愛に必要な3つのing!フィーリング・タイミング・ハプニングとは?

この記事のまとめ

いかがでしたか?

男性にとって、ほとんどの女性は『あり(抱ける)』なのです。

しかし、その女性はあくまで『恋愛対象内』というだけ。

そこから先、その女性を好きになるかというのはまた別の話なのです。

男性の心を掴むには、脈ありサインを見抜いたり、好意のサインを出して距離を縮めてくださいね。

【本命脈あり】男が本気で好きな女性だけにする18の行動とは?

いつも温かい応援、ありがとうございます。あなたの恋がうまく進みますように……☆