自分と似た人を好きになる理由とは?『類似性の法則』の恋愛心理4つ

自分と似た人を好きになるのはどうして??

「人は自分と似た人を好きになる」

こんな言葉を、あなたもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

実はこれは、恋愛心理で『類似性の法則』と呼ばれているもの。

人は、自分と類似しているものに無意識に惹かれる傾向があるのです。

この記事では、人が自分と似た人を好きになる理由を、詳しく解説しますね。


類似性の法則の例

  • 出身地が同じ
  • 血液型が同じ
  • 趣味が同じ

こんな風に、自分と似た人に出会ったとき。

「なんかいいな」と感じた経験のある人は多いと思います。

これらは、類似性の法則の代表的な例です。

人は自分と類似点が多い人に、親近感や仲間意識を抱くのです。

では、自分と似た人を好きになる心理を細かく見ていきましょう。

【1】「この人は自分と同じ」と考えるから

自分と同じ

自分と似ている人に対して、人は「この人は自分と同質だ」という感覚を抱きます。

たとえ初対面だとしても、まるで自分の一部かのように感じるのですね。

その人を否定することは自分を否定することにもつながる。

人が自分と似た人を好きになるのは、自然なことなのです。

【2】「この人は自分の味方」と考えるから

自分の味方

自分と似ている人とは、意見が合う可能性が高いですよね。

それはつまり、自分と似ている人は味方になってくれる可能性が高い、ということです。

コミュニティを形成することは、人が生きて行く上で非常に大切なこと。

だからこそ、似ている人に対して人は本能的に好意や「この人が必要だ」という感覚を抱くのです。

【3】運命を感じさせるから

運命

好きな人と出身地や血液型や星座が一緒だったとき。

「運命かも」と感じた経験が、あなたにもあるのではないでしょうか?

世の中には様々な人がいます。

『自分と共通点がある人』というのは実は意外と少ないもの。

だからこそ、自分と似ている人に、人は何か特別なものを感じるのです。

【4】一緒にいてストレスを感じにくいから

ストレスフリー

自分と似ている人とは、意見がぶつかる可能性が低いです。

つまり、自分と似ている人と恋愛をすれば、それだけ良い関係が築ける可能性が高いのですね。

「趣味同じカップルは長続きする」などと言いますが、自分と似ている人とは、一緒にいても居心地が良いのです。

この記事のまとめ

人が自分と似た人を好きになる理由を紹介してきましたが、いかがでしたか?

好きな人と距離を縮めるには、類似性の法則をうまく活用するのがおすすめ。

共通点を見つけて話題を広げれば、それだけ「特別な人」と思われやすくなりますよ。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

距離を縮めたいときの恋愛心理学!ペーシングで好きな人の特別になろう

いつも温かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が上手く進みますように……☆