「傷つきたくない」こんな風に思うのは当然のこと。だからこそ、人はなるべく自分が傷つかないように生きていこうとします。でも実は、幸せな恋を掴みたいのなら、いっそきちんと傷ついてしまった方が良いのです。その理由を紹介します。

恋愛で傷つくと次の恋で幸せになれる5つの理由

具体的な内容を紹介します。

【1】案外大丈夫だと気づく

恋人に振られたり、失恋をしたとき。「あいつが悪いんだ」と相手を責めたり、「こんなはずじゃない!」と現実を拒否していると、それにはいつまでも終わりがきません。でも、「あぁ、悲しいなぁ」としっかり落ち込む。その現実を受け取る。すると、最初の数日は食事も喉を通らないほど落ち込んだり、体重が減ってしまうこともあると思います。

でも、そんな風に落ち込んでいるとある瞬間に気づくんです。「人間って強いんだな」って。こんなに傷ついて、もうダメだと思ったのに、普通に仕事にいけるようになったり、普通に友達と話せるようになっている。なんでか分からないけれど、もう落ち込めなくなってくる。きちんと『傷ついて落ち込む』という行為をすると、自然と自分が回復していくことを感じられ、同時に「案外大丈夫なんだなぁ」とも思えるようになるのです。

【2】上るしかなくなる

とことん落ち込んで絶望すると、今度は上に上るしかなくなります。自分の無力さや不甲斐なさを味わい尽くしてしまうと、今度は周りにある『優しさ』や『愛情』が自然と見えてくるのです。

感情はきちんと味わえば、自然と消化されて消えていきます。悲しみや苦しみが続く時には、まずはきちんとそれを味わうこと。自分を責めたり相手を否定するのではなく、きちんとそれを受け取って傷つくこと。するとその瞬間から、傷が癒え始めるのです。

【3】傷つけるのは自分だと気づく

怒ったり拗ねたりするのをやめて、きちんと傷つく。これをすると、その『悲しみ』の大部分は、自分が自分を傷つけているものだと気づきます。「私は愛されていない」「私はダメな人間だ」「私はもう終わっている……」こんな風に思い切り嘆いて悲しんでいるけれど。たとえそれが誰かから言われたセリフだとしても、それを『事実』として選んでいるのは自分なのです。

そんな風に自分が自分を責めて否定して、自分を傷つけている。だからこそ、これはやめることができるのです。何かを失った悲しみや寂しさはすぐには消えなくても、時間とともにやがて消えていきます。でも自分が自分を責め続けている限り、それは自分を傷つけ続けます。そのことに気づくためにも、まずは現実を受け入れて『傷つく』という行為が必要なのです。

【4】前向きになれる

一度しっかり傷つくと、今度は前よりももっと前向きに恋愛に取り組めるようになります。フラれて傷ついたとしても、それを気にする必要がないと分かるからです。

失恋をしたからと言って、フラれたり失敗したからといって、自分の価値が下がるわけでも何かを失うわけでもありません。人生には幸せなことがまだまだてんこ盛りだし、上手くいかなかったものはその時の自分には必要なかったもの、というだけなのです。

【5】許せるようになる

「お前ブスだな」と言われたとして、「ひどい!」と言い返して怒っているときは、その言葉を受け取ってもいないし傷ついてもいません。「ガーン、私ってブスなんだ……悲しい、私、ブスだ……」とその言葉を言われた悲しみをしっかり感じて、初めてその言葉を受け取り傷ついたと言えるのです。

そしてこれをすると、「それって誰が決めたの?」とか「ブスってそもそもどういうこと?」とか、「ブスって言われたけど、私はこうして普通に生活しているんだな」とか、相手から言われたその言葉には、自分を傷つける力なんて何もないことに気づくのです。それを『ナイフ』にして、チクチク自分をいじめるのは自分だけ。だからこそ、きちんと傷つくと相手を許せるようになります。逆に傷つかないと、たとえ「ごめん」と謝られようが何をしようが、許すことができないのです。

おわりに

いかがでしたか?私自身、『傷つくこと』から長年逃げ回り続けて、いろいろなことがこじれてしまっていました。今でも傷つくのは嫌だし怖いです。でも、そこを恐れずにちゃんと受け取る。【3】でも紹介したように、「傷ついた」と感じるとき、本当に自分を傷つけているのは自分の中にある「私はダメだ……」という思い込みなのです。

ネガティブな思い込みや自己否定があると、知らず知らずのうちに自分を傷つけるような現実をどんどん引き寄せてしまいます。だからこそ『思い込み』を解消することは、幸せな人生を生きていくためにとても大切です。

「当てはまるかも……」と思った人は。ぜひ、勇気を出して『傷つくこと』をしてみてください。

  • 相手を責めない
  • 怒ったり拗ねたりしない
  • 「悲しみ」を味わう

これらを意識すると、しっかり傷つけます(笑)

私がよくやるのは、もう思い切り悲劇のヒロインになってしまうことです。大げさに天を仰いで「あぁあ、私ってなんてダメなの、本当に無力なダメ人間だわ……こんなダメ人間は誰からも愛されない……ゴミクズだ……」なんてことをしていると、そんな自分がものすごく滑稽に思えてきて、「あぁ、もうこんな風に自分を傷つけるのはやめよう」と自然に思えて、笑えてくるからです。

最初のうちはなかなか慣れなかったけれど、どんどん怒りや苦しみを手放して、生きるのが楽になりました。おすすめです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】