男が諦める瞬間とは?「この子は脈なしだ」と感じる女性の態度

男性に諦められてしまったかも!?

「ちょっと気になっていた彼。前は積極的にアタックしてきてくれたのに、最近なんだか冷たい……」

あなたも今、こんな風に悩んでいるかもしれません。

自分に好意を抱いてくれていた人が冷たくなると、「どうして?」と思いますよね。

でもそれは、もしかすると彼があなたの態度をみて「この子は脈なしだ……」と誤解してしまったからかも!?

この記事では、男性が「脈なしだ……」とガッカリする女性の態度を紹介します。

【1】話しかけてもそっけない対応だった瞬間

緊張だとしても「塩対応」に見えているかも!?

男性が脈なしだと諦める瞬間の1つ目。

それは、話しかけてもそっけないときです。

実際は緊張していて何を話せばよいのか分からないだけだとしても。

相手の男性には、脈なしに見えてしまうのですね。

「俺に興味がないんだな」と誤解されてしまう

そっけない反応は、相手の男性に脈なしと思われ、諦められる原因です。

「自分に興味がないから、冷たいんだ」と思われてしまうのです。

【2】メール/lineの返事が返ってこない瞬間

既読・未読スルーは男も凹む……

既読・未読スルーは脈なしと誤解され、諦められる原因になります。

好きな人にメールやlineを送ったとき。

返事がこないとショックなのは、男性も同じです。

「無視されている」と誤解されないためには?

仕事や勉強で忙しいときには、「忙しくてメールやlineの返信が遅くなるかも」と伝えてしまうのもあり。

わざと無視しているわけではないと伝われば、男性に脈なしと誤解されるリスクも減ります。

【3】他の男の話を延々と繰り返された瞬間

「俺よりもそいつのことが好きなの?」と思う

男性が「脈なしだ」と諦める瞬間の3つ目は、女性が他の男の話ばかりをするとき。

「そいつのことが好きなのかな……」と思い、諦めてしまうのです。

「傷つくたくない」という気持ちがブレーキに!?

好きな人が他の男に夢中だと知ったら、やっぱり傷つきます。

だからこそ、本気で好きになる前に身を引こうとする男性も多いもの。

脈なしと誤解されないためにも、好きな人の前では他の男性の話は控えておきましょう。

【4】2人きりのデートに誘って断られた瞬間

食事やデートを断られるのは脈なし!?

女性にデートの誘いを断られたときにも、「脈なしだ……」と諦められる男性は多いです。

確かに、嫌いな男性とはデートはしたくないし、誘いも断る人がほとんどですよね。

2回目に誘う勇気はない!?

女性に1回断られると、2回目のデートに誘うのはちょっと勇気がいるもの。

「また断られたらどうしよう」とか。

「本当は俺に会いたくないのかな……」などと考えてしまうからです。

脈なしと誤解されないためには、女性の方からも「会いたい」と伝えたり、代わりに会える日を提案する配慮を忘れずに!

【5】かっこわるい姿を見られた瞬間

「もうダメだ……」と勝手に諦める!?

女性にかっこ悪い姿をみられたとき。

「もう嫌われた……」と勝手に諦めてしまう男性もいます。

  • 人前で恥をかいた
  • 好きバレした
  • 失敗を笑われた

こうした状況のとき、「もう自分のことは好きになってくれないだろう」と思ってしまうのですね。

時間が解決する場合もある

男性が勝手に諦めてしまった場合は、時間が解決してくれる場合もあります。

男性の中で、その失態への傷が薄れてきたとき。

「やっぱり好きだから、もう一度アタックしてみよう」という気持ちになるのです。

【6】元彼のスペックが高すぎると知った瞬間

「勝てない」と思ってしまう

元彼のスペックが高すぎる場合も、「この女性には相手にされないだろう」と諦めてしまうかも。

その元彼よりも好きになってもらえる自信もないし、勝ち目がないと感じるからです。

元彼の話はしないのが正解!?

大勢の飲み会などで、「元彼はどんな人だったの?」などと聞かれることってありますよね。

そんなとき、あまりペラペラと元彼について話すのはメリットがありません。

元彼を褒めると周りの男性を繊維喪失させてしまうし。

元彼を貶すと、それはそれで悪印象だからです。

男性に脈なしと誤解されないためには?

男性が「脈なしだ……」と諦める瞬間を紹介してきましたが、いかがでしたか?

片思いの女性に対しては、男性だって空回りしてしまうもの。

好きな人がいるときには、上手に駆け引きをして相手を夢中にさせてくださいね。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

【男のプライドとは?】男が嬉しいこと・傷つくことを分かりやすく解説

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が上手く進みますように……☆