自宅やホテルに誘う男の心理って?

付き合っていない男性から「自宅こない?」とに誘われている。あるいは「何もしないから」とホテルに誘われた。

これって、行っても大丈夫かな?

もしかすると、あなたもこんな風にお悩みかもしれません。

好きな人からの誘いだし、一緒に過ごしたいから応じたい気持ちはあるけれど。でも、自宅に誘って来るのはどういう心境なのでしょうか?

今回はそんな風に悩んでいる女性におすすめ。『知っておきたい男の本音。お泊まりしたい≠彼女にしたい』を紹介します。

男性は「好きなら抱きたい、好きじゃなくてもあわよくば抱きたい」

好きなら抱きたい

男性と女性では、『お泊まり』に対する考え方や感覚が少し違っています。

女性は「好きな人とお泊まりがしたい。ホテルに誘ってくるのは相手も自分のことが好きだから」と考えがちですが、男性の場合は「好きな人とはお泊まりがしたいし、好きじゃなくても外見が好みだったらあわよくばホテルに行ってみたい」と考える傾向があるのです。

男性にとって『お泊まりしたい人』と『彼女にしたい人』は、必ずしもイコールとは限らないのです。

お泊まりをしたら告白も付いてくる?

女性は「お泊まりをしたら当たり前に告白もついてくる」という感覚を持っていることが多いです。女性にとって『お泊まり』は愛を確かめる方法の1つであって、それをするということは『愛を確認しあった』のと同じだからです。

しかし先に紹介した通り、男性にとってお泊まりは必ずしも『好きな女性とするもの』ではなく、むしろ『自分の中に持て余した性的欲求を解消する行為』である場合が少なくありません。

そのため、気になる女性とホテルに行くことができたら「ラッキー」とは思うかもしれませんが、お泊まりをしたからといって、必ずしもその後に告白をしてお付き合いを開始させるかというと、そうではないのです。

男性にとって『お泊まり』はゴール

ゴール

男性にとって、お泊まりはその女性に対して感じていた『性的欲求』を解消するためのゴール地点。

付き合う前の、まだ相手に対してあまり好意を抱いていない状態で『お泊まり』をしてしまうと、もうその女性を追いかける必要を感じなくなってしまう場合もあります。性的欲求が解消され、追いかけたいという意欲が削がれてしまったからです。

いわゆる『お泊まりをしてから彼から連絡がこない』という状況は多くの場合これに当てはまります。

女性は「何か嫌われるようなことをしてしまったかな」などと考えがちですが、そうではありません。ただ男性が満足してしまっただけです。

それでも「一緒にいたい」「他の男性に渡したくない」と思えば告白をしてその女性を『彼女』にするかもしれませんが、そこまで恋心が育っていない場合には、「もういいや」と距離を置いてしまう可能性もあります。

だからこそ、知り合って間もない男性と『お泊まり』をすることはおすすめしません。体だけの関係になりがちだからです。

1 2