付き合っていない男性から「自宅こない?」とに誘われている。あるいは「何もしないから」とホテルに誘われた。これって、行っても大丈夫かな?……あなたもこんな風に悩んでいませんか?この記事では、お泊まりに誘ってくる男性の本音を解説します。

お泊まりに誘ってくる男性の本音

男性からお泊まりに誘われたら「私のことが好きなのかな?」と期待してしまいますよね。でもちょっと待って。男性が女性を誘うとき、必ずしもそこに恋愛感情があるとは限らないのです。3つのパターンを紹介します。

【1】大好きだから抱きたい

女性からしても嬉しいのはこのパターン。相手が自分のことを好きで、だからこそお泊りに誘ってくるパターンです。脈ありサインをチェックして彼の気持ちを見抜きましょう!

【2】割と好きだから抱きたい

まだそこまで本気ではないけれど。「まぁまぁいいかな」と思っているから自宅やホテルに誘う場合もあります。しかしこの場合、お泊りをすることで男性が満足して追いかけてくれなくなる可能性もあるので注意が必要。

【3】好きじゃないが抱きたい

女性は恋愛感情がない相手に体を許さない傾向がありますが、男性の場合はそうでもないです。そこまで好意を抱いている相手じゃなくても、「チャンスだ」と思ったら誘う場合も。この場合は恋愛関係にはなかなか進展しにくいです。

『お泊り』に関する男と女の違い

男と女では『お泊り』への感覚が結構違うもの。具体的に解説します。

女は心を求める

個人差はありますが、女性の場合は「好きな人とお泊まりがしたい」と考えます。そして相手にも自分のことを好きであることを求めます。『受け入れる側』だからこそ、こうした傾向があるのです。

男性は外見だけでもOK

しかし男性の場合はそうではありません。ざっくり言ってしまえば、男は相手の女性の外見が好みで『体』が反応するなら、お泊まりの対象としてありなのです。「可愛い子とお泊りできたらラッキー」くらいに思っている人も多いです。

「自分と同じ」と思っている

男と女ではそもそも『お泊り』への感覚が違うもの。でも、お互いにそのことに気づきません。相手も自分と同じだと思っているのです。なので女性はお泊りをしたら「これって真剣に考えているってことだよね?」と思うし、男は「お互い楽しめて良かったね」と思う。このようなすれ違いがしばしば生まれるのです。

個人差はある

もちろん、全ての男女にこのパターンが当てはまる訳ではありません。しかししかし世の中には『遊び』や『ただの性欲の解消』で体だけの関係を求めている男性もいるし、その数は女性が思っているより多いのだということも、忘れないようにしておきましょう。

次のページ→『彼の本命になる方法は?』

【スポンサーリンク】