この記事はこんな内容
  • 男性は好きではない女性のこともホテルや自宅に誘う
  • 男性は妊娠のリスクがないので女性ほど貞操観念が強くない
  • 男性にホテルや自宅に誘われた場合体目当ての可能性もある

ホテルや自宅に誘ってくる男性心理とは?

悩める女子
付き合っていない男性から「家においでよ」と誘われたんだけど……これって行ってもいいの?

あなたもこんな風に悩んだ経験があるかもしれません。

悩める女子
男性に下心があるのかないのかも分からないし、脈ありなのか体目当てなのかも分からないし……

断るべきなのか、それともせっかく誘ってくれたのだから泊まりに行ったほうが良いのか……?

どうするのが正解なのか、考えてしまいますよね。

愛丸さくら
そんな時は、まずは『お泊まり』に誘ってくる男性の心理を確認することが大切よ

いったい、男性はどのような気持ちで『お泊まり』に誘ってきているのでしょうか?

もしかしたらそれは女性が思うものとは少しズレているかも?

この記事では、『ホテルや自宅に誘ってくる男性心理』を詳しく解説していきます。


お泊まりに誘ってくる理由

まずは、男性がホテルや自宅に誘ってくる理由を解説します。

建前はいろいろだけど……

  • ゆっくり話したい
  • 静かなところでのんびりしたい
  • 2人きりで過ごしたい

男性はこうした『建前』で女性をホテルや自宅に誘うかもしれません。

ですが、ホテルや自宅などの『ベッドや布団のある場所』で男女が夜を過ごすというのは『いつそういうことが起きてもおかしくない』ということです。

そのため男性からホテルや自宅に誘われたときには『体の関係』を目的にしていると考えるのが一般的です。

誘いに乗ったらOK!?

男性がホテルや自宅に誘う時は、遠回しに『体の関係』に誘われている……少なくとも『その可能性を含んでいる』と考えられます。

なので、男性は女性が誘いに応じてくれると、「体の関係になっても良いってことだな」と判断します。

誘う時には「何もしない」と言っていても、実際に家やホテルに付いてきたなら「OK」と考える男性は多いのです。

本当に何もしない場合もある!?

とはいえ、「何もしないから泊まりにおいでよ」と言って本当に何も起こらない場合もあります。

  • 飲み会後に大人数で泊まりに行く場合
  • お互いに完全に『友達』と割り切れている場合
  • 男性がそもそも『女性』に興味がない場合

こうした場合は、女性が泊まりに行っても『何もしない』かもしれません。

しかし、お互いが『男女』として相手を意識していて、2人きりで誘われた場合には『体の関係』に誘われていると考えるのが自然です。

男と女の『体の関係』の違い

また、『体の関係』に関する男性と女性の感覚の違いを知っておくことも大切です。

男女では『体の関係』の感覚が違う

まず知っておきたいのは、そもそもの基本的な感覚の違い。

それは、『女性は好きな人としか体の関係になりたくない』と思うのに対し、男性は『好きなら当然体の関係になりたいし、好きじゃなくても魅力的な女性とならそうなりたい』と思う傾向があることです。

もっとざっくり行ってしまえば、女性は心から愛している人としかそういう関係になりたくないけれど、男性は下半身が反応すればOKということ。

もちろん個人差はありますが、男女では『体の関係(お泊まり)』に関してこのような傾向があります。

リスクや役割の違い

なぜ男女でこのような違いが出るかというと、やはり一番は『妊娠』に関すること。

女性はその相手の子供を体内に身ごもる可能性があるのに対し、男性は違います。

『受け入れる』女性と、『与える』男性では、そもそもの感覚が違うのは当然といえば当然ですよね。

女性は責任を求める

妊娠のリスクのある女性のほうが『体の関係』には保守的な傾向があります。

『体の関係』になる相手には、『万が一』の時の責任を求めるのです。

そのため、「付き合う前の男性と体の関係になるのはちょっと……」と考える女性は多いです。

しかしそうしたリスクのない男性にとって、『お泊まり』はただの欲求の発散や、遊びとしての側面が強くなります。

女性が『お泊まり』を許す時

『体の関係』には女性の方が保守的。では、女性はどんなときに男性からのホテルや自宅への誘いに応じるのでしょうか?

①自分に本気だと感じたとき

女性が男性の誘いに応じる一番の理由。それは相手の男性が「自分のことを好きだ」と感じたときです。

  • この人は自分のことが好きだ
  • この人は自分に本気だ
  • この人は自分を愛している

こんな風に感じたとき、女性は「この人になら良いかな……」と思います。

②嫌われたくないと感じたとき

また、相手の男性に「嫌われたくない」という理由でお泊まりの誘いに応じる場合もあります。

  • 断って気まずくなりたくない
  • 断って嫌われたくない
  • 相手を傷つけたくない

こうした理由で男性からの誘いに応じてしまう場合もあります。

しかしこの場合でも多かれ少なかれ「彼は私のことが好きなんだ……」という①のような気持ちを持っている場合がほとんどです。

③本当に何もしないと思った時

また、男性に「何もしないから」と言われてその言葉を真に受け、自宅やホテルの誘いに応じてしまう女性もいます。

恋愛経験が少ない女性には、こうした傾向があるかもしれません。

ただ、前途のようにホテルや自宅に誘ってくる男性が『何もしない』ケースは稀です。

基本的にはそこには『下心』があるのだと理解して、女性側で予防線を貼ることも大切です。

求められると女性は勘違いする!?

ホテルや自宅に誘われたときの女性の心理を解説します。

分かっていれば騙されない

男性からホテルや自宅に誘われたとしても。

相手の男性が『体だけが目当て』と分かっているなら、その誘いに乗る女性は少ないでしょう。

しかし多くの女性は、相手の男性が『体だけが目的』だとは思いません。

求められると勘違いしてしまう

では、なぜ「やり逃げされた」と嘆く女性が後を立たないのかというと、そこには以外な理由が。

女性は、男性から激しく求められると、「この人は自分のことが大好きなんだ」と勘違いしてしまうのです。

なぜなら、自分の中には「好きな人としか体の関係になりたいくない」という気持ちがあるから。

相手の男性も、当然同じだろうと考えてしまうのです。

女が知らない男の本音とは?

男性から『お泊まり』に誘われると女性は勘違いしてしまう。では、『お泊まり』に誘ってくる男性の本音はどうなのでしょうか?

男は本気とは限らない

男性が女性をホテルや自宅に誘う時。

それは必ずしも『お付き合い』を視野に入れたものとは限りません。

男性を突き動かしているのは『愛情』ではなく『性欲』の場合も多いのです。

好きじゃなくても良いの?

なぜ男性は好きでもない女性をホテルに誘うのか?

そこには以下のような理由があります。

  • 性欲が溢れているから
  • リスクがないから
  • 自慢になるから

上2つに関しては先にすでに解説しましたが、「自慢になる」というのは男性ならではの感覚ですよね。

「やり逃げ」という言葉からも分かるように、女性側は男性との経験人数が増えてもあまり嬉しいことはありません。むしろ「ちょっと損した」くらいに感じる人が多いもの。

しかし、男性は逆なのです。

男にとって経験人数は自慢

経験人数が増えることは、男性にとってはちょっとした誇り。

これって、不思議と言えば不思議ですよね。

でも、男女の『お泊まり』の感覚というのはこのくらい違うのです。

そのため、男性は比較的気軽に女性をホテルや自宅に誘います。

女性の感覚が「好きな人にしか絶対に抱かれたくない」だとしたら、

男性のそれは「好きなら抱きたい。好きじゃなくてもあわよくば抱きたい」なのです。

誘われても脈ありとは限らない?

男性がホテルや自宅に誘ってきたからといって、それは必ずしも脈ありとは限りません。

女性として外見や仕草が魅力的だと思っているのと、「彼女にしたい」のとは別なのです。

男性的にホテルや自宅に行ってもOKなのは、心ではなく『下半身的にOK』な場合です。

『男のストライクゾーンは9割』の本当の意味とは?

男女のすれ違いが発覚するとき

男は本気じゃないのに、女は本気にしてしまう。

こうしたすれ違いは、『体の関係になったあと』に発覚する場合が多いです。

ホテルに誘う時のすれ違い例

例えば、ある飲み会で太郎くんと花子さんが、なんとなくいい雰囲気になったとします。

太郎
素敵な女性だな……

花子
素敵な男性だわ……

この時点ではお互いに恋愛感情がそこまである訳ではないけれど。

しかしここまでのやりとりで、太郎くんは花子さんに対して「押せばいけるかも」という感覚を持っています。

この「押せばいける」というのは、「付き合えるかも」という意味ではなく、『体の関係になれるかも』という意味です。

太郎
楽しいことができるチャンスかも……

太郎くんは『性欲』に動かされている部分もあるので、花子さんを積極的にホテルに誘います。

太郎
このあと暇?もう少し話さない?

褒めたり、場合によっては「好きだよ」などの言葉を口にする場合もあるかも。

こんな風に熱烈に誘われると、花子さんはこんな風に勘違いしてしまいます。

花子
こんなに熱心に誘ってくるなんて……!彼ってば私に本気なんだわ

そんな花子さんの気持ちをつゆ知らず。心が揺らいだ花子さんの反応を見て、太郎くんはますます熱心に誘います。

太郎
せっかく仲良くなれたし、もっと一緒にいたいんだ。2人きりでゆっくりできるところ(ホテル)に行こうよ

こんな風に求められるほどに、花子さんは太郎くんから愛されているように感じてしまいます。

花子
嬉しい……

そしてどんどん自分も太郎くんのことが好きになってしまう。

女性は男性と比べると貞操観念が強い傾向があるからこそ、男性からホテルに誘われたときにも『遊び』ではなく『本気』なのだと錯覚してしまうのです。

花子
こんなに激しく求めてくるんだから、きっと私を大切にしてくれるわ……

こんな風に、花子さんの中ではどんどん想像が膨らんでいきます。

しかし、太郎くんは花子さんに恋愛的にそこまでの好意がある訳ではなく、「付き合いたい」などとは全然考えていない。

太郎
向こうも乗り気だ。ラッキー♪

しかし花子さんは太郎くんがまさかこんな風に考えているとは思っていません。

なので、男性の誘いに応じてしまうのです。

ホテルを出た後のすれ違い例

ホテルの中ではお互いに気持ちも盛り上がり、楽しいひと時を過ごせます。

……が、問題はホテルを出た後。体の関係になった後です。

太郎
満足……

花子
こんなに私を愛してくれる人と出会えて嬉しい……

この2人、一見同じ気持ちを共有しているように見えますが、実際は違います。

太郎くんは「もう目的を果たして満足した」という感覚なのに対して、花子さんは「これから始まる未来」に対して幸せな気持ちを抱いているのです。

なので、ホテルから出た後に太郎くんに当然のようにこんな質問をします。

花子さん
私たちってもう付き合っているんだよね?次はいつ会える?あ、週末はドライブとかもいいかも♪

しかし、太郎くんは花子さんのことを「可愛いな」くらいには思っているけれど、そこまでの恋愛感情がある訳ではない。

しかも『体の関係』になって満足してしまったため、花子さんに対しての「追いかけたい」という気持ちも失ってしまっています。

太郎くん
えー、付き合うとかは正直ちょっと面倒かも……

性欲が解消されて、気持ちも落ち着いてしまったのです。

花子さん
どうしたの?あ、予定がまだ分からないなら後でlineしてくれればいいよ♪

太郎くん
う、うん。じゃあ時間ができたら連絡するね……

そして、花子さんは太郎くんと連絡が取れなくなり、「遊ばれた!」と傷いてしまう……。

これと似たような話、あなたもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

男性と女性はそもそもの『お泊まり』に関する感覚が違うから、こうしたすれ違いは起こりがちなのです。

男に悪気はない

そして、男性には女性が思っているほどの悪気はありません。

なぜなら、男性は男性で「相手の女性も同じだろう」と考えているから。

自分の中で『お泊まり』がそこまで重要な意味を持っていないからこそ、女性がそれで深く傷つくとも、その好意が女性にどんな誤解をさせるかも想像していていないのです。

そのため、『騙す男』も減らず『騙される女』もいつまで経っても減らないのです。

すれ違いを防ぐ2つの方法

男と女ではそもそも『お泊り』への感覚が違うもの。でも、お互いにそのことに気づきません。

すれ違いを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?2つの方法を紹介します。

【1】女性側で予防線を張る

男性からホテルや自宅に誘われた時。

「何もしないよ」と言われてもそこには99パーセント下心があります。

なので、そういう場所に誘われたときには、女性側で予防線を張ることも大切。

花子さん
付き合っていない男性とホテルに行くのはちょっと……

こんな風に、「私は遊びで体の関係になるつもりはありません」と、男性にアピールするのです。

すると男性も「この子は遊びでお泊まりする子ではないんだな」と分かってくれます。

逆にこれをしないと、「遊びもOKなのかな?」と誤解されてしまうので注意が必要です。

【2】男性の脈ありサインを知る

先ほどはすれ違いの例を紹介しましたが、ホテルや自宅に誘ってくる男性が必ずしも脈なしとは限りません。

相手に好意を抱いていて、お付き合いを視野に入れている場合にも、交際前に女性をホテルや自宅に誘うことはあるからです。

それを見分けるには、男性の脈ありサインをチェックすることが大切。

男性があなたに本気ならば遊ばれて終わってしまう可能性は低いけれど、脈ありサインもなく、ただその場のノリで誘ってきているような場合には、きっぱりお断りする勇気を持つことも大切です。

男性が好きな女性に出す脈ありサインとは?

ホテルや自宅に誘ってくる男性心理まとめ

ホテルや自宅に誘ってくる男性心理を紹介してきましたが、いかがでしたか?

男性と女性の感覚って結構違うもの。

悩める女子
誘われたら「私の好きなんだ」って思っちゃうけど、そうとも限らないんですね。

女性は『本気』だと思うけど、男性は『遊び』だと思っている。

そしてお互いに「相手も同じだろう」と思ってしまうからこそ、すれ違いを生んでしまうのです。

愛丸さくら
あなたのことを『女性』として魅力的に思っていることには変わりないけれど。「まだ本気で付き合いたいと思っている訳ではないかも」くらいに思ってくのが良いんじゃないかしら。

悩める女子
なるほど!焦らずじっくり距離を縮めていきます!

愛丸さくら
『男性から誘われたときの傷つけない断り方』も参考にしてみてね。

傷つけずに男性から誘いを断る方法とは?

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆