付き合っていない男性から「自宅こない?」とに誘われている。あるいは「何もしないから」とホテルに誘われた。これって、行っても大丈夫かな?……あなたもこんな風に悩んでいませんか?この記事では、お泊まりに誘ってくる男性の本音を解説します。

自宅やホテルに誘う心理

男性からお泊まりに誘われたら「私のことが好きなのかな?」と期待してしまいますよね。でもちょっと待って。男性が女性を誘うとき、必ずしもそこに恋愛感情があるとは限らないのです。

男と女の違い

男性と女性では、『お泊まり』に対する考え方や感覚が少し違っています。その一番の違いが恋愛感情の有無。女性は恋愛感情がない相手に体を許さない傾向がありますが、男性の場合はそうでもないのです。

好きなら抱きたい

女性はこう考える

個人差はありますが、女性の場合は「好きな人とお泊まりがしたい」と考えます。受け入れることへの恐怖心から自然とそうした発想になるのです。そのため男性からホテルに誘われたら「相手も自分のことが好きなんだな」と考えがち。

男性はこう考える

しかし男性の場合はそうではありません。こちらも個人差はありますが、男性は「可愛い女の子とお泊まりできたらラッキー」くらいの感覚を持っている場合もしばしば。女性と比べると性に対して奔放なのです。

好きじゃなくてもOK!?

女性の場合は『お泊まりしたい人』と『付き合いたい人』はほとんどの場合イコールで繋がっています。しかし男性の場合は『お泊まりしたい人』と『彼女にしたい人』は、必ずしもイコールとは限らないのです。

外見が好みならあり

ざっくり言ってしまえば、女性はお泊まりをするときに外見だけではなく相手の心も求めます。しかし男性の場合は相手は外見だけでも良いのです。外見が好みで自分の体が反応するなら、お泊まりの対象としてあり。

恋愛対象は別

しかし恋愛対象の場合はそうではありません。彼女にするなら外見だけではなく中身も重要だし、外見もより自分の好みに合う人を選びたいから。『恋愛相手』に対しての方が、『お泊まり相手』よりも求めているものが多いのです。

誤解が生まれる理由

お泊まりをするとき。相手の心も求める女性と、相手の体だけでも良い男性。この両者の感覚のズレが時にすれ違いを生み出してしまいます。

女性の感覚

女性は「お泊まりをしたら付き合える」という感覚を持っていることが多いです。なぜなら自分がお泊まりをするのは、相手のことが好きだから。「相手も当然自分のことが好きなのだろう」と考えるのです。

男の感覚

しかし先に紹介した通り、男性にとってのお泊まりは必ずしも『好きな女性とするもの』ではありません。男性にとってのお泊まりは『恋愛』ではなく『遊び』や『ただの性欲の解消』の場合もあるのです。

男は逃げる

こうした両者の違いによって、お泊まりの後に女性は「付き合って」と迫り、男性は「そんなつもりはなかった」と逃げる……という図式が生まれてしまいます。

「話が違う」と思っている

このとき、女性は「私のことが好きなんじゃなかったの?」と騙されたような気分になるし、男性は男性で「お互い遊びのつもりじゃなかったの?」と騙されたような気分になってします。お互いに「相手も自分と同じだろう」と考えてしまったために、こうしたすれ違いが生まれるのです。

お泊まりは男のゴール

ある程度恋愛対象として意識していたとしても、『お泊まり』をすることで男性の気持ちが冷めてしまう場合があります。なぜかというと、お泊まりは男性にとってのゴールだから。

ゴール

追いかける理由

男性にとって、お泊まりはその女性に対して感じていた『性的欲求』を解消するためのゴール地点。付き合う前にお泊まりをしてしまうと、満足して「もう追いかけなくてもいいかな」という気持ちになってしまう場合もあります。

彼から連絡が来なくなる

いわゆる『お泊まりをしてから彼から連絡がこない』という状況は多くの場合これに当てはまります。女性は「何か嫌われるようなことをしてしまったかな」などと考えがちですが、そうではありません。ただ男性が満足してしまっただけです。

キープするか告白か

お泊まりをした後、男性がその女性を大切に思っていれば告白をして恋人同士としてのお付き合いを開始するかもしれません。しかし「ちょっといいな」と思っていたくらいの相手の場合、「もういいや」と距離を置いてしまうかも。

誘われても断って良い

女性は男性から誘われるとなかなか断ることができません。なぜかというと、断って相手を傷つけたくないし嫌われたくないから。そして「相手も私が好きなのかな?」と期待してしまっているからです。

本気なら追ってくる

お泊まりを断るのは怖いかもしれませんが、男性があなたに本気なら、断った後でも連絡をしてきます。それで連絡してこなくなるのは初めから体だけが目当てだった男性です。

断り方には注意

ただ、お泊まりを断るときには『言い方』に注意しましょう。「ありえない」「気持ち悪い」などと相手を全面否定するのではなく、「付き合う前にはこういうことはしたくない」などの言い方をするのがおすすめ。

男性の本気の見抜き方

体だけが目当ての場合もあるけれど。男性もあなたのことを本気で好きで、自宅やホテルに誘ってきた可能性もあります。その場合は以下のポイントをチェックしてみてください。

好きな女性だからこそ

脈ありサインを確認

  • 相手と何度もデートを重ねている
  • メールやLINEにきちんと返信がある
  • 誕生日やイベントを祝ってくれる

こんな風に、相手があなたとのお付き合いを誠実に考えてくれている様子なら、体だけが目当てとは考えにくいです。

尊重してくれるか

あなたの気持ちを尊重してくれるかも重要なポイント。あなたが「嫌だ」と言っているのにしつこく誘ってきたり、断ると不機嫌になる場合には要注意です。

自信を持とう!

いかがでしたか?体だけの関係にならないためには、嫌なことはきちんと嫌だと断る勇気を持つことが大切。自分に自信を持って、堂々と恋愛を楽しんでくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】