どうでもいい会話を覚えているのは脈あり?話した事を忘れない理由

何気なく言ったことを覚えていてくれた!

あなたが何気なく口にしたことを、好きな人が覚えてくれていたら嬉しいですよね。

「こんな風に覚えてくれているなんて、もしかして脈ありかも……?」と期待するかもしれません。

結論から言うと、何気ない会話を覚えてくれている人は、脈ありの可能性あり!

この記事では、その理由を詳しく解説していきますね。

「何気ない会話」とは?

普通は忘れてしまうような内容

「何気ない会話」とは、普通は忘れてしまうような些細な内容のおしゃべりのことです。

  • 「昨日パスタを食べたんだけど……」
  • 「虫除けスプレーがなくなっちゃってさ……」
  • 「私、コーヒーにはミルクは入れないんだ」

こうした、日常的に交わされる何気ない会話。それはほとんどが、忘れてしまっても問題ない、些細な内容です。そして実際、何気ない会話を忘れてしまう人は多いのです。

話す側も忘れている!?

何気ない会話を忘れてしまうのは、実は「話された人」だけではありません。「話した人」の方も、何気ない会話というのは忘れてしまいがち。

というのも、そもそも何気ない会話というのは、「情報のやりとり」が目的ではないからです。

何気ない会話の目的は、会話を通してコミュニケーションを楽しむこと。そのため、お互いにその会話を重要視していない場合が多いのですね。

だからこそ、話される側も話す側も、何気ない会話は時間が立つと忘れてしまうことが多いのです。

なぜそんなことを覚えているの!?

しかし、中には何気ない会話を細かく覚えている人もいます。そんな人と出会うと、「どうしてそんなことを覚えているの!?」と驚いてしまいますよね。

人が何気ない会話を覚えているのには、いくつかの理由があります。

何気ない会話を覚えている理由

興味がある内容のは自然と覚える!

そもそも、人は「自分が興味のある内容の話」はよく聞くし、自然と覚えてしまうものです。なぜなら、脳が「この話は自分にとって重要だ」と判断するから。そのため記憶にも残りやすいのです。

例えば私は人の誕生日を覚えるのが得意なのですが、それは占星術や数字に興味があることとも関係しています。

「数字」に興味がある人からすると、他人の携帯の番号や誕生日というのは、記憶に残りやすいものなのです。

興味のない話は忘れてしまう

一方、自分があまり興味を持っていない内容の話は、忘れやすい傾向があります。「忘れやすい」どころか、最初からあまり真剣に聞いていない場合もありますね。

先ほどの私の例で言えば、私は人の誕生日を覚えるのは得意ですが、人の名前を覚えるのは苦手です。

久しぶりに再会すると、「この人はなんて名前だっけ?どんなあだ名で呼んでいたっけ……?」などと悩んでしまうこともしばしば。

興味があることと興味がないことでは、人の記憶への残り方も違うのです。

些細な話を覚えている人の特徴

人の話をよく聞いている人

些細な話を覚えている人には、いくつかの特徴があります。その1つ目は、人の話をよく聞いている人です。

  • 他人に尊敬の気持ちを抱いている
  • 他人から学ぼうという意識がある
  • 他人の考え方に興味がある

こういう人は、人の話によく耳を傾け、集中して話を聞いています。そのため、些細な話もよく覚えているのです。

記憶力のいい人は話を覚える

些細な話を覚えている人の特徴の2つ目は、単純に記憶力が良いことです。

  • 1度通った道は忘れない
  • 一瞬で携帯の番号を暗記できる
  • 読んだ本の内容を全て説明できる

記憶力が良い人は、人の話も忘れません。

「好きな人の話」は忘れない

脈ありの人との会話

人の話を忘れない人には、いくつかの特徴がありました。しかしそうした特徴に当てはまっていなくても、相手の話を細部まで覚えている場合があります。

それは、その話し相手に興味や関心を抱いている場合です。

  • 「この人のことが気になる」
  • 「この人と仲良くなりたい」
  • 「この人のことが知りたい」

こうした気持ちを抱いているときには、自然と相手の話に集中します。その人の話は、今の自分にとって重要だからです。そのため些細な会話の内容も覚えているのです。

好き嫌いの話にはとくに敏感

脈ありの人との会話では、とくに「好き・嫌い」の話を覚えている傾向があります。

  • 犬が好き
  • 辛いものが嫌い
  • 静かな場所が好き

こうした「好き・嫌い」は、相手との距離を縮めるのに役立つ、特に重要な情報だからです。

好きな人の話は「大切な情報」

「どうでもいい話」も重要!

他の人からすれば「どうでもいい話」だとしても。好きな人の話というのは、その人にとってはとても重要な情報です。

  • 子供のときの失敗談
  • 最近気になっているもの
  • お気に入りの映画や小説

こうした情報も、「どうでもいい人」のものなら興味すら湧かないもの。でも、好きな人の情報ならば、お金を払ってでも手に入れたい……と思うのではないでしょうか?

好きな人の情報というのは、それを受け取る側にはとても重要な情報なのです。

覚えてくれているのは脈あり?

ここまでで紹介した理由から、「何気ない話を覚えてくれている人」というのは、脈ありの可能性が充分にあります。

ただ以下のような場合は例外なので、少し注意が必要です。

  • そもそも記憶力がよく、色々なことを覚えている
  • あなただけではなく、他の人の話もよく覚えている
  • 会話の内容が「相手の興味のある話」だった

これらに当てはまらず、相手があなたの話だけをよく覚えているようなら、その先恋愛関係に進展する可能性は充分にあります。

会話を覚えているのは脈ありの可能性あり!

「手に入れたい」から覚える

「何気ない会話を覚えている人が脈ありな理由」を紹介してきましたが、いかがでしたか?

好きな人がいるときには、「この人を手に入れたい!」という強い気持ちがあります。だからこそ、相手の会話にも真剣に耳を傾けるし、覚えているのです。

ただ、交際後はこの「手に入れたい!」という気持ちは薄れます。特に男性はこの傾向が強いため、彼女の話をちゃんと聞かなかったり、忘れてしまいがちかも……。

「彼氏が話したことを覚えていない……」と悩む女性が多いのには、こうした理由もあるのです。

その他の脈ありサインも探してみよう

好きな人が脈ありかどうかを知りたいときには、その他の脈ありサインを探してみるのもおすすめ。

こちらの記事を参考に、相手の気持ちを見抜いてくださいね。

【男性の脈ありサイン一覧】好きな女性への行動を徹底まとめ

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆