こんにちは、愛丸さくらです。

この記事は『彼氏いない歴=年齢』だった著者の恋愛体験談(1)です。

『彼氏いない歴=25歳』の著者に訪れた転機とは?

彼氏いない歴=25年(年齢)

それは25歳のある日のこと。

いつものように「彼氏欲しいなぁ……」と部屋で1人ため息をついていた私は、ある衝撃の事実に気づきました。

それは、「彼氏が欲しい」と悩み始めてからもう10年以上も経っているのに、一向に彼氏ができる気配がないということです。

思春期真っ只中だった15歳から今日のこの日まで、毎日毎日1日も休むことなく「彼氏が欲しい」と思っているのに。そしてそのためにダイエットやら自分磨きやらを頑張っているのにも関わらず。

私には彼氏ができないどころか、男友達もいないのです。

周りの友達にはどんどん彼氏ができていくし、中には結婚した友達だっている。

なのに私は、告白されたことはもちろん、男の子とまともなデートすらしたことがない。

こんなに毎日悩んで苦しんでいるのに!

こんなに必死に頑張っているのに!!

こんなに「彼氏が欲しい」と思っているのに!!!

なのに、全然彼氏ができない!!!!

10年間悩んで出した結論

このとき、『10年』という数字の重みが私の肩に重くのしかかってきました。

10年といえば、0歳だった子供はもう小学5年生です。

新入社員も『ベテラン』と呼ばれているでしょう。

そんなにも長い期間悩んで苦しんできたいうのに、私にはついにこの10年、彼氏ができなかったのです。

そして気づけば、四捨五入したら30歳。

このときふと、こんな風に思いました。

もしかして、悩むのって無駄なんじゃないの?

35歳になって後悔したくない

『15歳から25歳まで悩み続けたけど、彼氏はできなかった。それなら、この先の10年間……25歳から35歳まで悩み続けても、彼氏はできないんじゃないだろうか?』

この考えはとても恐ろしいけれど、信ぴょう性がありました。

なぜなら私はすでに『悩んでも彼氏ができない』という体験をしているからです。

「太っているから彼氏ができないんだ」
「男運が悪いんだ」
「出会いがないからダメなんだ」
「会話が下手だから相手にされないんだ」

こんな風に自分を責めてはため息を吐き、自分を変えようと努力を続ける。そして「いつ彼氏ができるのかな」と悩む。

そんなことを繰り返してきたけれど全く効果がなかったのに、この先も同じことを続けて何になるのでしょうか?

この先もまた同じようなことを繰り返して10年後に後悔するなら、いっそもう悩むのはやめる!
思い切り恋も人生も楽しんで、後悔しないように生きよう!!!

このとき私は、こんな風に決意しました。

そしてこの決断を機に、私の人生の大逆転劇が幕を開けたのです。