好きな人とLINEをするとき。

  • いい感じだったのに返事がこなくなった
  • 彼がいまいち乗り気じゃない

こんな風に悩んでいる女性は大勢います。

でも、もしかするとそれは、知らず知らずのうちに相手に『塩LINE』を送ってしまっているからかも!?今回は、男性が「これは脈なしだ……」と感じるLINEの特徴を5つ紹介します。

【1】既読スルー

LINEを送る側は、多少なりとも「いつ返事がくるかな?」という気持ちを持っているもの。だからこそ、既読スルーをされるとその期待が裏切られたように感じて、ガッカリしてしまうのです。

「どうでもいいな」と思う内容のLINEでもきちんと返信をするように心がけましょう。

【2】スタンプだけの返信

スタンプだけの返信を送ると、

  • 「もうやりとりを終わらせたいのかな?」
  • 「俺とLINEをするのが面倒なのかな?」

こんな風に誤解されてしまいがち。スタンプを送る時には文章もそえるようにしましょう。

【3】味気ない文章

絵文字や顔文字がない味気ない文章も、そっけない印象を与えてしまいます。とくに相手が絵文字や顔文字をたくさん使うタイプの人の場合には意識してそれらを取り入れるようにしましょう。

【4】ビジネスメールのような堅苦しい文章

「失礼があってはいけない」という気持ちが強すぎると、ガチガチの敬語の文章を送ってしまいがち。でも、それではなかなか距離は縮まりません。相手に『壁』を感じさせてしまうからです。

気になる人へのメールは、ある程度くずすのがおすすめ。親近感を感じてもらえます。

【5】全体的に雑

LINEで扱いは、そのまま相手への扱いとして印象付けられます。だからこそ雑な文章を送ると「雑に扱われている」と誤解されてしまいがち。

  • 漢字変換がない
  • 「、」や「。」がない
  • 文章が短い

これらを改善するだけでも、相手に与える印象は良くなります。

塩ラインを「もしかして……?」に変えてモテる

いかがでしたか?

「知らず知らずのうちに塩LINEを送っていた……」という女性もいるかもしれません。そんなあなたは、意識して甘めのLINEを送るのがおすすめ。塩LINEの後に思わせぶりなLINEをすれば、ギャップ効果も加わり効果的に男心を揺さぶることが可能です。

関連記事:小悪魔!「俺のこと好きなの!?」と男を勘違いさせるLINE5選

上手に活用して、彼との距離を縮めてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋がうまく進みますように……☆