「あなたのことが必要なの」

あなたは今まで、こんな台詞を何回言った事があるでしょうか?

あるいは、何回言われたことがあるでしょうか。

友達付き合いの中でも……あるいは職場やサークルでも。こんなセリフを言われたら、嬉しいですよね。人は誰しも、『必要とされること』に喜びを感じる生き物なのです。

もちろん、恋愛においてもそれは同じ。「必要とされているんだな」と感じてもらえば、相手の男性はこんな風に思います。

  • もっと一緒にいてあげたい
  • ずっと支えてあげたい
  • 大切にしてあげたい

そこで今回は、「必要とされてる」と彼をキュンとさせる7つの方法をご紹介します。彼とますますラブラブになりたいあなたにオススメです!

【1】彼の行動に喜ぶ

  • 何かプレゼントしてくれたとき
  • デートに連れて行ってくれたとき
  • 優しさを見せてくれたとき

男性は、女性がノーリアクションだと何を考えているのか分かりません。何かしてあげたとき「嬉しいな」の一言があると、それだけで男性は「やってあげて良かったな」と感じるもの。

彼があなたの為にしてくれた行為に対して、しっかりと喜びを表現しましょう。

【2】寂しがる

  • なかなか会えないとき
  • デートの別れ際
  • 電話を切るとき

こうした瞬間に寂しがられると、男性は「求められている」と感じるもの。「あなたがいないと淋しい」という気持ちは、ストレートに男心を揺さぶります。

【3】彼にお願いをする

あなたは彼に「お願い事」していますか?

「これやれ」「あれやれ」と命令され、「やってくれてあたりまえ」という態度をとられるのは、男の人は大嫌い。

……でも、逆に「これやって欲しいの」とお願いされ、「ありがとう!嬉しい!」と感謝されるのは、大好き。

お願い事をしてそれを叶えてもらうことで、「してあげた」という満足感を相手に与えることができます。そしてそれが「彼女から必要とされている」という気持ちにつながるのです。

関連記事:【恋愛心理】おねだりされると嬉しい!?3つの男心とは

【4】彼のことを褒める

  • 「凄い」
  • 「素敵」
  • 「カッコイイ」
  • 「こんなこと出来るなんて尊敬しちゃう」
  • 「○○さんはやっぱり他の人と違う」

あまりに過剰に褒めちぎりすぎるとリップサービスだと思われてしまいかねませんが、でも、褒められるとやっぱり嬉しいし、何より「彼女は自分の価値を分かってくれている」と感じてもらえるもの。

1 2