あなたには何も期待してないと彼女に言われた!冷たい言葉の真意とは?

「もう何も期待していない」と言われた!

「もういいよ、あなたには何も期待していないから……」

女性からこんなセリフを言われたら、ショックですよね。

でも、こんな風に言われたことのある男性は意外と多いもの。

というのも、男性は女性が考えていることが分からず、その気持ちを読み違えてしまうことが多いからです。

「もう期待しない」と言われたら、いったいどうすれば良いのでしょうか?

また、こうした冷たい言葉を言う女性の真意とはどのようなものなのでしょう?

この記事で詳しく解説していきますね。

「もう期待していない」の意味とは?

期待しないってどう言うこと?

「もうあなたには何も期待しない」

こんな風に言われた時、「期待しないってどういうことだろう……?」と首を傾げてしまう男性も多いかもしれません。

「期待しない」というのは、

  • 求めない
  • 欲しがらない
  • 楽しみにしない

こういう意味を含んでいます。

そもそも今まで何を期待していたの?

では、そもそも彼女は、今まで何を期待していたのでしょうか?

この答えは実は簡単です。

女性が期待していたのは、男性からの愛情。

「もう期待しない」という言葉は、「これまではもっと愛して欲しいと思っていたけれど、もう諦める」という意味なのです。

なぜ女性は怒っているのか?

「もう期待しない」と言われたとき、男性の中には女性の怒りが全く理解できずに戸惑ってしまう人もいます。

  • 「これまで上手くやっていたのにどうして?」
  • 「自分は十分に愛情を与えていたけど何が不満だったの?」
  • 「足りないものがあるなら素直にそう言って欲しい」

……こんな風に感じますよね。

しかし、女性には女性の言い分があるのです。

冷たい言葉を言う女性の心理

「裏切られた」と感じている

「もう期待しない」という言葉を言う時。多くの女性は、以下のように感じています。

  • 「これまでに何度も期待を裏切られた」
  • 「期待しても無駄だと分かった」
  • 「これ以上裏切られて傷つきたくない」

「もう期待しない」という言葉には、「もう傷つきたくない」という気持ちが込められているのです。

女性が期待が外れて傷つく瞬間とは?

期待とは、相手に何かを求める行為です。

  • 愛情が欲しい
  • 幸せが欲しい
  • 安心が欲しい

こうした「欲しいもの」がもらえなかったときに、女性は「期待を裏切られた」と感じます。

具体的に言うなら、誕生日ペアリングを期待していたのに、実際は何もプレゼントをもらえなかったり……。デートで豪華なディナーを期待していたのに、安いラーメン屋に連れて行かれたり……。

そんな風に、自分が求めていたものが手に入らなったときに「期待を裏切られた」と感じるのです。

男性側にはどのくらい非があるの?

勝手に期待して勝手に傷ついただけ!?

女性の期待を裏切ってしまった時。「申し訳ない……」とも感じるけれど。

でも、言ってしまえば女性は勝手に期待して、勝手に傷ついただけですよね。

果たしてこういう場合、男性にはどのくらい非があるのでしょうか?

極論を言えば気にする必要はない

女性の期待を裏切ってしまったとき、極論を言えば気にする必要はありません。

なぜなら、「他人への期待」というものはそもそも勝手な願望の押し付けだからです。

期待をするのは勝手だけれど。言ってしまえば、男性側にそれを叶えてあげる義務がある訳ではないのです。

自分を責めても悪循環に陥るだけ

男性の中には、以下のように自分を責めてしまう人も多いです。

  • 「彼女を幸せにしてあげられなかった……」
  • 「彼女を傷つけてしまった……」
  • 「自分は役に立てなかった……」

……でも、こんな風に自分を責めても何かが解決する訳ではありません。

それどころか、ますます状況が悪化してしまう場合も。

「幸せにしてあげたい」というエゴ

そもそも、「誰かを幸せにしてあげたい」と感じるのは、自分のエゴ。それは恋人に対しても例外ではありません。

他人を幸せにすることで、自分の価値を感じようとしているだけです。

そういう意味では、「期待に答えたい」という思いも、他人に「満足すること」を期待する行為であるとも言えるのですね。

このことに気づくと、「期待する・期待される→裏切る・裏切られる」という悪循環から抜け出せるかも。

本当の意味で自分を満たすことができるのは、自分だけなのです。

女性の期待を裏切る男性にありがちなこと

自分より他人に合わせる傾向がある

意外かもしれませんが、「期待を裏切る人」は他人主体な傾向があります。

  • 他人の顔色を伺う
  • 他人の意見を優先する
  • 他人の願望を叶えようとする

こうした傾向があるからこそ、周りに期待されてしまうのですね。悪い言い方をすれば、「私を幸せにしてね」と依存されてしまう。

しかし他人の要望・願望を100パーセント叶えてあげることなど不可能です。

このタイプの男性は、結果的に女性を裏切ることも増えてしまいます。

初めから期待されていなければ上手くいく!?

では、逆に自分主体で行動する男性はどうでしょうか?

このタイプの人は、初めから人に期待されません。

……というと一見ダメな男のように感じるかもしれませんが……

この他言うの男性の周りには、その男性の生き方や在り方に共感する人が集まります。

「私を幸せにして」と期待する女性ではなく。純粋に好意を寄せてくれる女性が集まるのです。

彼女の期待を取り戻す方法とは?

一時的にご機嫌をとっても意味はない!?

「もう期待しない」などと言われたら、「なんとかして彼女の期待を取り戻したい……」と思うかもしれません。

しかし、そうして(プレゼントをするなどして)一時的に彼女のご機嫌をとっても、また同じことを繰り返すだけ。

それよりは、今の「期待する・期待される」という関係を根本から見直すことの方が、長い目で見ると大切です。

無理なものは無理と伝える

いくら女心を勉強しても、彼女の顔色を伺っても。

彼女の考えの全てを知ることはできないし、彼女の要望を100パーセント叶えることはできません。

だからこそ、過剰な期待には「無理なものは無理」とはっきり伝えることも必要。

そしてそれは、「必要とされたい」という自分の中のエゴを手放すことでもあります。

自分に自信を持って彼女を向き合う

女性に振り回されてしまう男性は、自分に自信を持てていない場合も多いです。

だからこそ、「期待に答えたい(期待を裏切ってはいけない)」という気持ちも強くなってしまう。

この状態を解決するには、自分に自信を持つことが大切。

「彼女を満足させたかどうか」という他人の視点は関係なしに、自分の価値や力に自信を持ち、その上で彼女と向き合ってみましょう。

女性を満足させる方法とは?

笑顔

女性に教えてもらう

女心は、男性にはなかなか理解できないものです。

女性を満足させたいときには、本人に要望を訪ねて教えてもらうのが近道。

「自分には女心が分からないから、何が欲しいのか具体的に教えて欲しい」

こんな風に伝えれば、女性も気持ちを打ち明けてくれますよ。

男性と女性の違いを学ぼう

また、女性とすれ違ってしまったときには男女の違いを学ぶのも効果的。

男性と女性には、それぞれ得意分野と不得意分野があり、考え方や感じ方も異なります。

そのことをある程度知っておくと、喧嘩やすれ違いを減らすことができますよ。

【カップルの喧嘩の原因】すれ違う理由は男女の違いにあった!?

この記事のまとめ

いかがでしたか?

「もう何も期待しない」なんて言われたら、落ち込んでしまうけれど。

「期待しない(相手に求めない)」というのは、実は良い関係を気づくためにはとても大切なこと。

それは言い換えれば、

  • 不満を手放す
  • 今の状態に満足する
  • ありのままの相手を受け入れる

こういうことでもあるからです。

そこにたどり着くまでには紆余曲折もあるかもしれませんが。

どちらかが「期待していては幸せになれない」と気づいたのなら、それは2人の関係をよりよくするきっかけにもなり得ます。

あまり落ち込まず、気持ちを前向きにして向き合ってみてくださいね。

この記事を読んだ人には、こちらも人気があります。

【喧嘩をしない方法】毎日喧嘩していた私と彼氏が喧嘩しなくなった理由

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来に繋がりますように……☆