束縛する心理7つと改善策!支配欲や浮気願望が理由だった!?

なぜ束縛をするのか?

あなたの周りに、恋人の束縛が激しい人はいますか?

「束縛しないようにしよう……」と思っても。

不安な気持ちから、どうしても相手を束縛したくなってしまうこともあるかもしれません。

でも、束縛が激しいと、恋人からうんざりされてしまいがち。

「重い」とか「面倒」と、別れを切り出されてしまう場合もあります。

いったい、どうすれば『束縛』とうまく付き合っていくことができるのでしょうか?

この記事では、束縛をする心理や改善策を紹介します。

束縛してしまう人も、束縛されてしまう人も参考にしてみてくださいね。


束縛とは?

相手の行動を制限する行為

束縛とは、恋人など特定の相手を行動を制限することを言います。

  • 自分以外の異性とのlineを禁止する
  • 友達との外出を禁止する
  • 異性がいる飲み会への参加を禁止する

代表的な束縛としては、こうしたものがあげられます。

何かを強要する場合もある

また、相手の行動を制限するのではなく、なんらかの行動を強要することも『束縛』と表現する場合もあります。

  • 1日20回以上のlineのやりとりを強要
  • 毎晩の電話を強要
  • 週3回以上のデートを強要

こうした行為も、恋愛では束縛と言う場合が多いです。

束縛で恋が冷める!?

ちょっとした束縛なら可愛いけれど。

束縛があまりに激しいと、恋人に対してうんざりして「別れようかな……」と感じることもあります。

実際に、「束縛が激しいから別れた」という人は少なくありません。

では、束縛は、いったいどのような心理から行われるのでしょうか?

【心理1】相手のことを信頼していない

信頼していない

束縛する心理として一番ありがちなのは、相手への不信感です。

「この人は自分を裏切るかもしれない」という疑いの気持ちがあると、相手を縛って起きたくなるのです。

  • 異性の友達が多い
  • 浮気の前科がある
  • 元恋人と連絡を取り合っている

こうした状況は、相手の心に疑いを生み、束縛のきっかけになるかも。

【心理2】相手を思うがままにしたい

思うままにしたい

「相手を思うままにしたい」という支配欲が、束縛に繋がる場合もあります。

支配欲というのは、多かれ少なかれ誰しもが抱いているものです。

しかし、恋人は自分のものではありません。

そのことを忘れてしまうと、束縛という行為に繋がってしまいます。

【心理3】相手の愛情表現に不満がある

愛情に不安がある

相手からの愛情表現が少ないとき、束縛をしたくなる場合もあります。

  • 普段から言葉が少ない
  • 無表情で気持ちが読めない
  • 言葉やもので愛情表現をしてくれない

こうした相手の場合、「この人は自分のことが好きではないのかも……?」という疑惑が生まれ、束縛に繋がってしまいがちです。

【心理4】実は自分に浮気願望がある

浮気願望がある

意外かもしれませんが、束縛をする側に浮気願望がある場合もあります。

というのも、恋人に自分を投影する人は多いから。

自分に浮気願望があると、「きっとこの人も浮気をするに違いない」と思いこんでしまうのです。

その結果、束縛をして相手を縛ろうとします。

【心理5】自分に自信がない

自信がない

束縛をする人は、自分に自信がない傾向があります。

だからこそ、「相手はいつか離れてしまう……」と不安になってしまうのです。

束縛をするのは、相手をつなぎとめて安心したいから。

しかし根本的な自信のなさを解消しないと、束縛はどんどんエスカレートしてしまいがちです。

【心理6】甘えたいという欲求がある

甘えたい

束縛をするのは、相手に甘えているサインでもあります。

  • 優先してほしい
  • 愛してほしい
  • 幸せにしてほしい

こうした気持ちが、束縛という形で現れているのです。

誰かに甘えるのはダメではありません。

しかし、度がすぎると相手をうんざりさせてしまうかも……。

【心理7】傷つくのが怖い

傷つきたくない

束縛をする心理には、「傷つくのが怖い」という気持ちもあります。

捨てられたり、裏切られて傷つくのが怖いから。

それを防ごうとして、束縛をするのです。

しかし、束縛にはキリがありません。

こうした恐怖心も、自分で乗り越えていくことが大切なのです。

束縛を改善する方法は?

自信を持つ

束縛を改善する一番の方法は、自信を持つことです。

束縛する側は、「自分は愛される」と自信を持つこと。

束縛される側も、自分が相手に与えている愛情に自信を持つこと。

この自信がないと、束縛はどんどんエスカレートしてしまいます。

お互いに自信を持つことで、初めて「束縛は必要ない」と思えるようりなり、改善へ向かうのです。

話し合う時間を作る

束縛をする側もされる側も、おそらく今の状態に不満を抱いていると思います。

そんな時は、束縛をするのではなく、根本的な問題を解決することが大切。

「どうすれば、束縛をしなくてもお互いが楽しく幸せでいられる状態になるか?」を考えること。

それが、束縛を改善し、幸せな恋愛をするために大切です。

この記事のまとめ

話し合いで心地よい関係を

いかがでしたか?

束縛をする側もされる側も、束縛に関する心理を知ると、状況を改善しやすくなります。

束縛で悩んでいるときには、今回紹介したことを思い出してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます(^^)あなたの未来が素敵な恋につながりますように……☆