「愛する人からずっと愛され続けたい」

女性なら誰しも、こんなことを考えたことはあるのではないでしょうか。

ところが中には彼氏に浮気をされてしまったり、愛されている気がしない、と悩んだり。「幸せ!」と言い切れない恋愛をしている女性も、数多くいます。

一方で「付き合ってからも結婚してからも、ずっと大切にされている」という女性もいます。そんな『愛され続ける女性』になるためにはどうしたら良いのでしょう?

今回は『本気で愛され続ける女性になるために必ず覚えておきたい10のこと』をご紹介します。

【1】男性を立てる

男を立てる

「男性を立てる」という言葉を耳にした経験をお持ちの女性は多いと思いますが、「それっていったいどういうこと?」と首をかしげた人もまた多いはず。

『男を立てる』という言葉を言い換えると、彼のことを周りにいる人が「素敵な男性なんだな」と思えるようにしてあげること。そして逆に「ダメな男だな」と思われてしまうような行動をしないことです。

具体的な行動を紹介します。

  • デート中は彼にリードされる
  • 彼が失敗したときにはさりげなくフォローをする
  • 基本的には彼のやや後ろを歩く
  • 一緒にいるときに楽しそうに過ごす

逆に、以下のような態度は『男を立てる』の逆。男性の面目を丸つぶれにしてしまうので注意が必要です。

  • 人前で「あんたって本当にダメね!」などと怒る
  • 男性の失敗を大声で馬鹿にする
  • 彼を差し置いてグイグイ先に進む

中には「どうやって女性をリードしたら良いのか分からないから、女性に引っ張って欲しい」という男性もいますが、その場合にも先に紹介したような『男性を立てる行動』をすることをおすすめします。

それによって男性は自信をつけ、自分に自信を与えてくれる女性に対して居心地の良さや「これからも一緒にいたいな」という気持ちを抱きます。

人前でも、2人きりのときでも。彼を『カッコいい男』でいさせてあげてください。

参考記事:覚えておくと超便利!デートで男性を立てる5つの方法

【2】適度に放置

放置

「自由でいたい」という気持ちは誰しも持っているものですが、男性は特にその傾向が強いようです。

「メールは5分以内に返す」「誰と遊びにいくのか必ずメール」などと中学生のお母さんのように彼を『監視』してしまうと、彼はその女性から逃げたくなってしまいます。

彼の部屋に行って料理を作って部屋を掃除して……など『良かれと思ってやったこと』も裏目に出てしまう場合があるので注意が必要です。

男性を信じて、ある程度は自由にさせてあげましょう。

【3】相手に依存しない

依存

「幸せにしてあげるよ」

好きな人からそんな風に囁かれたら、とても幸せですよね。

とはいえ、自分の幸せを相手に委ねてしまうのはとても危険な行為。「私が今幸せじゃないのはあなたのせい」という無茶苦茶な理論がまかり通ってしまうからです。

いくら「幸せにするよ」と言われたからといって、何もかもを相手に委ねてしまってはなりません。

あなたの人生をコントロールできるのは、あなただけです。あなたを幸せにしてあげられるのは、あなただけです。

あなた自身が「幸せになるぞ!」と決意し、努力し、行動して初めて、あなたが望む未来への道が切り開けます。自分の人生の舵は、人に渡してはいけません。彼は彼の舵を握るのでいっぱいいっぱいだからです。

自分の人生の舵は、自分自身でしっかりと握りしめましょう。

1 2 3