欠乏感とは?心が満たされない・物足りないあなたが幸せになる方法

欠乏感を埋める方法

何かが足りない気がする……

「楽しいはずなのに、何かが足りない」

あなたは毎日の中で、こんな気持ちを感じていませんか?

それは、あなたが心の中に『欠乏感』を抱いているからかも。

欠乏感の意味

『欠乏感』は、

  • 不足感
  • 物足りなさ
  • 不満

こうした言葉で言い換えられます。

「何かが足りない」というその感覚。

いったいどうすれば解消することができるのでしょうか?

欠乏感をなくす方法

欠乏感をなくすには、

  • どうして欠乏感を感じるのか?
  • どうすればその欠乏感をなくすことができるのか?

この2つを知ることが大切です。

この記事では、あなたが欠乏感を感じる理由と、それを解消して幸せになる方法を解説していきます。

なぜ欠乏感があるのか?

状況は関係ない

実は『欠乏感』を感じるのに、状況は関係ありません。

  • ビジネスで成功している
  • 素敵な恋人がいる
  • 結婚して家庭を築いている

こうした状況でも、欠乏感がある人は大勢いるのです。

同じ状況でも幸せな人もいる

逆に、同じ状況……もしくは客観的に見ればもっと恵まれていない状況でも、全く欠乏感を抱いていない人もいます。

何も持っていなくても、心から笑える人と。

何もかもを持っていても、心から笑えない人。

どちらが幸せかと言えば、前者です。

そして前者は、長い目で見ると『豊かな人生』が生きられる傾向があるのです。

では、両者の違いはなんなのでしょうか?

欠乏感がある人とない人の違い

なぜ満たされないのか?

欠乏感がある人は、たとえ客観的に見ればどんなに豊かで恵まれた状況にあっても、幸せを感じることができません。

言い換えれば、幸せを『受け取ること』ができないのです。

  • 100万円があっても豊かだと思えない
  • 「愛している」と言われても嬉しくない
  • 恋人と抱き合っても幸せを感じない

実はこれには、その人が持っている『セルフイメージ』が深く関連しています。

セルフイメージとは?

セルフイメージとは、自分が無意識に抱いている『自分への印象』です。

欠乏感がある人は、

  • 自分は愛されない人間だ
  • 自分は不幸な人間だ
  • 自分は世界から孤立している

こんな風に、自分に対してネガティブな印象を持っている場合が多いのです。

ネガティブだと受け取れない

セルフイメージがネガティブな人は、現実をネガティブに受け取ってしまいます。

  • 自分は愛されない人間だから、「愛している」という言葉は嘘だ
  • 自分は不幸な人間だから、この100万円はすぐになくなるだろう
  • 自分は世界から孤立しているから、恋人とは表面だけの関係だ

ほとんど無意識に、こんな風に考えてしまうのです。

そのため、客観的に見れば幸せな状況でも、それを受け取れない。

「幸せだ」とか「嬉しい」と感じられないのです。

欠乏感は執着に繋がる

欠乏感は埋めたくなる

欠乏感というのは、不快な感覚です。

そのため欠乏感を抱いている人は、なんらかの方法でそれを埋めたくなります。

  • 成功したい
  • 恋人が欲しい
  • ブランド品が欲しい

こんな風に、何かを手に入れることで、「足りない」という気持ちを埋めようとするのです。

「足りない」が強い執着を生み出す

そして欠乏感が強ければ強いほど、人はその対象に執着するようになります。

なぜなら、それがないと自分は「足りない」と感じるから。

「足りない」という気持ちが、「どうしても欲しい」という執着を生み出すのです。

……しかし、たとえそれを手に入れても、欠乏感が埋まることはありません。

一時的には満たされるかもしれませんが、根底にあるセルフイメージが変わらなければ、またすぐに欠乏感を感じてしまうのです。

欠乏感は焦りや不安も生む

また、欠乏感は焦りや不安を生み出します。

そのため欠乏感が強い人は、

  • いつもどこか落ち着かない
  • いつもイライラして怒りっぽい
  • いつも不安そうな表情をしている

こうした状態になりがちです。

不足感を根本から手放すには

セルフイメージを変える

欠乏感(やそれから生まれる焦りや不安)をなくすには、そもそも自分が抱いているネガティブなセルフイメージに気づき、それを変えていくことが大切です。

  • 自分は愛される存在だ
  • 自分は恵まれている
  • 自分は幸せな人間だ

こんな風に、自分への印象を変えること。

それができると、欠乏感は解消され、毎日を心から笑顔で過ごせるようになります。

欠乏感を手放すとどうなるか?

欠乏感を手放すことで、

  • 心から笑える
  • 喜びや幸せを感じられる
  • 余裕や自信が持てるようになる

こうした良い効果があります。

そしてその結果、人生がより良い方向へと動き出すのです。

効果的なワークは『感謝』すること

欠乏感を手放すためには、実は『感謝』が効果的。

日常生活の中で、心を込めた「ありがとう」をたくさん言うのです。

それは、自分に与えられた愛に気づき、それを受け取るレッスンです。

  • 道が綺麗に掃除されていること
  • 暖かい陽の光を感じられること
  • 自分を気にかけてくれる人がいること

こうしたことに気づくと、先に紹介したような前向きなセルフイメージを自然と持てるようになるのです。

自分と他人を信頼すること

そして「ありがとう」と愛を受け取ることは、自分と他人を信頼することでもあります。

  • 自分は愛を受け取れる素晴らしい存在だと信じる
  • 他人は愛を与えてくれる素晴らしい存在だと信じる

自分と他人は、コインの裏と表のようなものです。

他人を信じることは、自分を信じることでもあり。

そして自分を信じることは、他人を信じることでもある。

感謝のワークは、自分と他人への信頼を同時に高めることができるので、意識改革に効果的なのです。

この記事のまとめ

欠乏感を手放せば人生が変わる

いかがでしたか?

欠乏感があると、人生はなかなか思うように進まないものです。

逆に言えば、欠乏感をなくせばこれまで滞っていたものも、スムーズに進むようになるということ。

「足りない」という気持ちは、自分の中から生まれるものです。

そしてそれは、あなたさえその気になれば簡単に手放せるもの。

欠乏感を手放すポイント

欠乏感を手放すポイントは、

  • 感謝
  • 信頼

この2つです。

あなたはもともと素晴らしいのだということ。

そしてあなたが生きるこの世界も素晴らしいのだということ。

そんなことを信じて、欠乏感を手放してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆