「彼氏ができない」と悩んでいるときや、「彼氏からもっと愛されたい」と悩んでいるとき。

そこには『今の自分には幸せ(や愛)が足りていない』という欠乏感があったりします。

そしてその『欠乏感』が強ければ強いほど、恋愛はこじれてしまう場合が多いのです。

「足りないものは足りないんだから仕方がない」と思うかもしれません。でも、実は『欠乏感』は自分の意識次第で減らしていくことができるのです。

欠乏感を感じる状況

実は『欠乏感』を感じるのに、状況は関係ありません。

「足りない」と思う人は、彼氏がいても結婚していても子供を産んでいても旦那が優しくても、「足りない」と感じてしまうのです。

逆に、そもそも「私は足りている(幸せだ)」と思える人は、彼氏がいなくても結婚していなくても幸せに毎日を過ごすことができます。

これって、ちょっと不思議ではないですか?

何も持っていなくても「今幸せだ」と思える人は、そもそもの求めている物が少ないからなのか。それとも、「足りない」と思う人が欲張りなのか……。

実は両者の違いは『今の現実』や『未来』への捉え方なのです。

「求めないと手に入らない」という前提

欠乏感を感じる人は、一言で言うなら「頑張って強く望まないと幸せにはなれない」と感じている人です。

そのため、「結婚なんてそのうちできるよ〜」とのほほんとしている人をみると「この人は結婚しなくてもいいのかな?」と感じてしまう。

でも、そうではないのです。

のほほんとしている人は、「求めなくても自然とそれが手に入る」と信じているだけ。

結婚したくない訳ではなく、ただ「そんなに頑張る必要はない」と感じているだけなのです。

一方、「どうしても結婚したいから頑張らなきゃ」と感じている人は、そもそも「一生懸命求めないと結婚できないかもしれない」と思っている。

だからこそ、「頑張らなきゃ」と思うのです。

「結婚できない」は不幸?

まだ、「結婚できないこと」に対しての考え方の違いもあります。

「結婚できないことは不幸だ」と思っている人は、「今の自分はこのままだと不幸になる」と漠然とした不安を抱いているので、一生懸命行動します。

しかし、「結婚しなくてもそれはそれで幸せ」と思える人は、自分のペースで楽しく毎日を過ごしていけるのです。

上手くいくのはどっち?

さて、こんな風に見てみると。なんだか『欠乏感』を持っていて、一生懸命頑張っている人の方が、恋が上手く行きそうな気がしませんか?

でも、それって逆なのです。

積極的に出会いを求めて行動したり、婚活パーティーに参加して成果が出るのは、自分自信が「上手くいく」という確信を持って、それを楽しめている場合です。

そのポジティブなオーラは異性を惹きつけるし、あなたの魅力も伝わりやすくなります。

しかし、「頑張らなきゃだめだ」「このままじゃ不幸になる」というネガティブな気持ちが根底にあると、どうしても焦りや不安が前面に出て、それが相手の男性にも伝わってしまいがち。

すると結果として、恋が上手くいかないことが多いのです。

ポジティブに恋を捉えよう

欠乏感(やそれから生まれる焦りや不安)をなくすには、そもそも自分が抱いているネガティブな思いに気づき、それを変えていくこと。

  • どんな状況でも幸せでいられる
  • 必ず最高の恋ができる
  • 最高の恋は自然とやってくる

こんな風に、そもそもの前提を変えるのです。

その上で、無理のない範囲で楽しみながら恋活・婚活をする。

そうすると、不思議と予想外のところで出会いを見つけたりして、結果にもつながりやすくなりますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】