自分を愛する方法とは?人生がうまくいく効果絶大な12の愛情補給

自分の愛し方が分からない!

「自分を愛すると、人生がうまくいくよ」

こんな言葉を、あなたも聞いたことがあるかもしれません。

でも、いざ「自分を愛そう!」と思っても、なかなかやり方が分からなかったりするもの。

特に、今まで自分を愛さずに生きてきた人は、その傾向が強いかもしれません。

そこでこの記事では「自分を愛する12の方法」を紹介しますね。

【1】まずは「自分」について理解する

自分を理解する

興味を持つことが自分を愛する第一歩!

「自分を愛そう」と思ったら。まずは自分について理解することから始めましょう。

  • 私は何が好きなのかな?
  • 私はどんな人なのかな?
  • 私は何を感じているのかな?

まずはこんな風に、自分について考える時間を作ってみてください。

自分に興味を持ち、自分を知ろうとすること。それは、自分を愛するための第一歩です。

好きの反対は無関心

「好きの反対は無関心」と言いますよね。

人にとって一番辛いのは、自分の存在を無視されること。それは自分自身に対しても同じです。

まずは、自分の存在に意識を向けること。自分をしっかり見て、自分を感じることを意識してみましょう!

【2】自分にダメ出しをするのをやめる

受け入れてあげる

自分にダメ出しばかりしてない?

「自分の愛し方が分からない……」という人の中には、「自分のことが嫌い」という人も多いです。

自分のことが嫌いな人は、日頃から以下のような行動をしてしまいがち。

  • 自分にダメ出しをする
  • 自分を責める
  • 自分に必要以上に厳しくする

「こんなダメな自分を許しちゃいけない!」という思いがあるから、こうした行動をしてしまうのです。

もっと自分に優しくなってもいい

ダメな自分を許すのって怖いですよね。

「そんなことをしたら、周りの人から怒られそう……」と思うかもしれません。

でも、そんな風に思っているのは案外自分だけだったりするもの。

周りの人はむしろ、「もっと甘えて欲しい」と思っている場合も多いのですよ。

【3】自分のことを認める

認めてあげる

自分を一番見てきたのは自分!

これまで頑張ってきたこと。努力してきたこと。自分だけが知っていることが、たくさんあると思います。

そんな自分に「頑張ったね」と声をかけてあげてください。

たとえそれが結果に繋がらなかったことだとしても良いのです。自分の頑張りや努力を、自分だけはちゃんと知っているはず。

そんな自分を、まずは自分自身が認めてあげましょう!

周りの人の判断はあてにしなくていい

周りの人が見ているのは、あなたのほんの一部にしか過ぎません。

良くも悪くも、人は人の「表面的な部分」を見てしまうもの。だからこそ、結果や功績にばかり意識が向いてしまうのです。

でも、人の素晴らしさはそんなところだけじゃ測れませんよね。

あなたはあなたの素晴らしさを、ちゃんと知っているはずです。そのことを意識して、素直に自分を認めてあげてくださいね。

【4】好きなものに囲まれる

好きなものに囲まれる

自分に「好きなもの」を与えてあげよう

あなたは普段、自分に何を与えていますか?

自分を愛していない人ほど、自分に「どうでもいいもの」を与えています。

  • 値段だけで選んだ食べ物
  • 人からもらった雑貨
  • 流行りものの服

もちろん、これらが自分の好みにドンピシャなら良いのです。でも、「本当はそんなに好きじゃないんだけどな……」と思いながら使っているのなら。

この機会に、思い切って手放してしまいましょう!

「好きなもの」を選んで良い

あなたはもっと、自分が好きなものを選んで良いのです。

あなたの生活を、なるべく多くの好きなもので満たしてあげましょう。

  • 好きな場所に行く
  • 好きなものを食べる
  • 好きな人と接する
  • 好きなものに囲まれる
  • 好きな香りを嗅ぐ
  • 好きな映画を見る

あなたの心が「嬉しい!」「楽しい!」と感じる瞬間を増やしてあげましょう。

それは自分自身に、幸せに生きる許可を与えることでもあります。

【5】自分に向かって笑いかける

笑顔を見せて

どんな顔の自分を見ている?

あなたは普段、どんな顔の自分を見ていますか?

もしも毎日「不機嫌そうなしかめつら」の自分ばかり見ているのなら。

それはとってももったいないこと。

次に鏡を見たときには、自分自身にニッコリと笑いかけてあげましょう。

笑顔は「愛されている」と感じさせる

「笑顔は人を幸せにする」と言いますよね。

笑顔を向けられた人は、以下のように感じます。

  • 自分はこの人に愛されている
  • 自分はこの人に許されている
  • 自分はこの人に受け入れられている

「たかが笑顔」と思うかもしれませんが、笑顔にはとても大きな効果があるのです。

ぜひ、自分自身にも毎日笑顔を見せてあげましょう!

【6】日常的に自分にこまめに愛を伝える

言葉にして伝える

自分に「好き」って伝えてる?

あなたのことが好き。大切。とっても好き。

あなたは普段、自分にこうした言葉をかけているでしょうか?

もしも答えが「NO」ならば。今日から1日1回、自分に愛の言葉を投げかけてみましょう!

言葉は自分にも届いている

嫌い、と言われたら、誰だって傷つきます。そしてそれは自分も同じ。

「私なんて嫌い」と言ったら、やっぱりその瞬間に自分は傷ついているのです。

もしもそんな風に思って(言って)しまったときには「やっぱり好き」「間違えた」などと、きちんとフォローを入れてあげることも大切です。

バカバカしく感じるかもしれませんが、人の心は、繊細で、壊れやすいものです。

自分を愛すると決めたのなら。自分の「心」を大切に扱いましょう!

【7】定期的に癒しの時間をつくる

癒してあげる

心と体は繋がっている!

あなたは普段、自分の体をしっかり休めていますか?

心と体は繋がっています。

自分を愛するためには、自分の体を労わる時間もしっかり作ってあげましょう。

五感を使ってリフレッシュする時間を作る

漫画やゲームも良いのですが、なるべくなら、体を動かし、五感を使って体感できるものがおすすめ。

お気に入りのコースを見つけて散歩したり、凝った料理を作ってみたり、外に出て絵を書いてみたり。

普段やらないことをしてみると、良い気分転換になりますよ。

【8】愛情を込めて触れる

触れてあげる

自分の体に丁寧に触れる

自分自身の体に触れる時間は意外と少ないものです。

髪でも、肌でも、足でも腕でも、意識的に丁寧に、大切に触れて、撫でて、手入れしてあげましょう。

人間は「尊い存在」だと気づける

薄い皮膚の下では血液が流れていて、細胞が生まれ変わっています。触ると暖かいです。柔らかいです。これってすごいことですよね。

自分に触れると、自分が「生きているのだ」ということや、「かけがえのない尊い存在なのだ」ということが感じられると思います。

すると自然と、自分への愛情も込み上げてくるのです。

【9】ときどきギュッと抱きしめる

抱きしめる

人肌に触れると安心する

自分で自分をギュッと抱きしめることも、自分を愛したいときには効果的。

「自分は抱きしめる価値のある存在なのだ」ということを、体感することができます。

「抱きしめられているような感覚」になる場所へ行こう

また、あなたが心から安心する場所へ行くのもおすすめ。

お風呂やベッドの中は、そのもっとも身近な場所です。

ちょうど良い温度のお湯ゆっくりと使ったり、肌触りの良いタオルケットに包まれたり。日向ぼっこをしたり、お気に入りのぬいぐるみを抱きしめたり。

そうした行動をすると、自分を抱きしめているのと同じような効果が得られますよ。

【10】色々なしがらみから解放する

自由になる時間

自分を制限してばかりじゃない?

こうしなさい、ああしなさい、あれもダメ、これもダメ。それでは心は疲れてしまいます。

自分の心を自由にする時間を作ってあげてください。自分を制限するものから、あなた自身を解放してあげましょう。

「開放感」を味わおう

心は感覚から影響を受けているので、薄着になって開放感を味わったり、旅行にでるなどして日常から離れることでも、心は開放感を味わえます。

空や海を見るのもおすすめですよ。

【11】心から信じる

自分を信じる

自分を信じる=自信を持つ!

自分を信じる。つまりは、自信を持ちましょう。

自分はできる子。自分はやれる。自分は素敵。そう思うためには、自分を好きでいてあげることがとても大切です。

1〜10を繰り返すと自然と自信も持てるようになる

いまひとつ自信が持てないときには【1】〜【10】で紹介してきたことを、繰り返してみてください。

最初はあまり変化がなかったり、なんだか気恥ずかしい、こそばゆいような感覚になって素直に受け止められないかもしれませんが、しつこく繰り返していくうちに、だんだんと自分に自信を持てるようになってくるはずです。

【12】美味しいものを食べる

美味しいものを食べる

簡単だけれど効果的!

体は食べたものでできています。

栄養のある、美味しいものを口にしてください。

これは自分を愛するもっとも簡単な方法かもしれません。

「暖かい手料理」は最高!

高級である必要はありません。

できれば暖かくて手が込んだ愛情料理を、自分に食べさせてあげましょう。

手料理は、五感で愛を感じる最高の方法です。もしも作ってくれる人がいるのなら、ときどきは実家に帰って、手料理を味わうのも素敵です。

心は小さな子供のようなもの

いかがでしたか?

冒頭でも紹介したとおり、自分を愛することは、他人を愛することと基本的には同じです。自分の中に、小さな子供がいるような感覚を持つとわかりやすいかもしれません。

自分を愛し、自分の心を大切にしてあげると、意思と心がズレることが減ってきます。すると、心(感情)に振り回されることが減り、むしろいろいろなことにポジティブな気持ちで向き合えるようになるため、恋愛でも仕事でも、これまで上手くいかなかったことが、驚くほどスムーズに進んだりするものです。

できることから少しずつ、試してみてくださいね。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

恋愛運アップの方法!不幸続きだった私が運気爆上げで人生を変えた体験談

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日がますます充実したものになりますように……☆