男に嫌がられる会話の特徴5つ!反応待ちや子供扱いはNG!?

男が話したがらない女性とは?

「男の人と、いまいち会話が続かないし、話しかけられることも少ない……」

もしもあなたが今こんな風に悩んでいるとしたら。

それは、自分では気づかないうちに『男性が嫌がる会話』をしてしまっているからかもしれません。

男性と女性では、会話の仕方や内容などにも微妙に違いがでるもの。

『女友達と会話をするときと全く同じやり方』で男性と会話をしようとしていると、すれ違いが生まれてしまいがちです。

いったい、どうすれば男性と楽しく会話ができるのでしょうか?

この記事では、男性が嫌がる会話について解説します。


【1】はっきり物事を言わない

はっきり言わない

女性は遠回しな表現をする

女性同士での会話の場合、遠回しな言い方をしたり、確信に触れずに話を進めていくことも多いと思います。

女性は、相手の表情やちょっとした行動の変化から、気持ちや体調を読み取る能力に長けているため、それでも会話は円滑に進みます。

相手は自分の言いたいことを察し、自分もまた相手が察してくれたことを理解できるからです。

男性は察するのが苦手

しかし、男性はこれが苦手な傾向があります。

そのため、男性相手に遠回しで曖昧な言い方をしてしまうと、相手にこちらの言いたいことが伝わらない場合もあります。

すると、男性は「この子の言っていることはよく分からない」と離れていってしまいます。

男性が相手の場合、女性が相手のときよりもはっきりと気持ちや物事を伝えたほうが、コミュニケーションが円滑に進みます。

【2】共感を期待してしまう

共感

女性にとって共感は重要

女性は、会話の際に『共感すること』を非常に重要視します。

なので、「美味しい」「可愛い」「嬉しい」「楽しい」「悲しい」などの感情を気持ちを相手に伝え、それに対して相手が同意してくれることを期待してしまいます。

そして逆に、相手が気持ちを伝えてきたときには、それに同調することで、相手の心に寄り添おうとします。

男性の会話は情報交換

しかし、男性相手にこのような会話を楽しもうとしても、あまり上手く行きません。

男性にとっての会話は、情報交換としての要素が強いからです。

男性は、気持ちを共有することよりも、お互いにとって有益な情報を交換することや、問題を解決することを優先する傾向があるのです。

女性が共感を求めて「今日、会社で上司に怒られちゃった……」と言っているのに対し、男性は「君に問題があるんじゃないの?」などと返してしまい喧嘩になるのは、よくあることです。

どちらにも悪気はありません。

初めから『男性はあまり共感してくれない』と思っておいたほうが、会話が円滑に進みます。

【3】日常報告をしてしまう

今日の出来事

女性は『役に立たない会話』が好き

「昨日ね、雑貨屋さんで可愛いポーチを見つけたの!」

こう言われたとき、女性ならばすかさずこんな風に返します。

「へー、見せて!わぁ、可愛い、素敵!どこの雑貨屋さんで買ったの?」と。

【2】で紹介したとおり、女性は共感を大切にする生き物。

『あなたが買ったものを私も素敵だと思うし、あなたの喜びを私も共有いているよ』ということを、会話の中で伝えているのです。

そしてそれは、女性にとってはとても大切なこと。

男にとっては意味がない!?

しかし、男性の場合はそうではありません。男性は、上記のようなセリフを投げかけられたとき、こんな風に思います。

「……で?」

もしもそれが、男性も欲しがるような多機能なハイテクポーチだったなら「どこで買ったの?」と食いついてくれるかもしれません。

しかしそうでなければ、リアクションは「ふーん」「そうなんだ」「良かったね」など、女性からするとそっけないものになりがちです。

『共感』を重視しないため、このような受け答えになってしまうのです。

そのため女性の会話にありがちな「ただの日常報告」を男性にしても、会話が盛り上がりません。

男性が喜ぶ会話とは?

しかし、男性にも好きなことがあります。それは、褒められたり、尊敬されたりすることです。

例えば、可愛いポーチを見せられても「あ、そう……」としか返せませんが、「その筆箱素敵だね、どこで買ったの?」と言われれて、悪い気はしませんし、買った場所を教えてあげようとも思います。

同様に、自分の得意なスポーツについて尋ねられたり、何かのアドバイスを求められたりすると、多くの男性は頼りにされていること、そして自分の意見を発表する場を得られたことを、嬉しく感じます。

男性と会話をするときには、自分の日常を話すのではなく、相手に『得意なこと』を喋ってもらいましょう。


「もっと話したい」と思う女性とは?会話で男心を掴む方法4つ

【4】子供扱いしてしまう

子供扱い

女性は子供扱いもあり

女性は、友人や恋人から子供扱いされても怒らないどころか、喜ぶ場合も多いと思います。

頭をポンポンとされたり、甘やかされたり、夜遅くなったら心配されたり。

『弱くて守らなければならない存在』『可愛い存在』であることは、女性にとっては恥ずべきことではないのです。

男は子供扱いされたくない

しかし、男性の場合は違います。

多くの男性は『強くて頼られる存在』であろうとしています。

そのため、女性から子供扱いされたり、馬鹿にされたり、からかわれることを嫌がる男性は非常に多いです。

あれこれ心配し、面倒を見るのではなく、信頼し、尊敬していることを相手に伝えるように心がけると、男性の心に「放っといてよ」という余計な反発心を生まずにすみます。

【5】極端に自分とかけ離れた女性を演じてしまう

自分とは違う女性の姿

見栄を張りたくなるけれど……

「男性から可愛く見られたい」
「彼好みの女性になりたい」
「でも媚びている女と思われたくない」

こんな風に思った経験のある女性は多いと思います。

とはいえ、こうした気持ちから可愛い女性を演じたり、逆に男性に関心のないクールな女性を演じても、あなたの本当の魅力は、なかなか相手に伝わりません。

むしろ「裏がありそうなよくわからない人」と思われ、距離を置かれてしまう可能性もあります。

自然体が一番魅力的

『ありのままの自分』で男性と接してみてください。ただし、男性から『異性』として見られたいのならば、女性らしさは忘れずに。

人の魅力は、その人が自然体でいるとき、その人の心の中が見えるときにこそ、一番に発揮されます。

綺麗な自分を見せようとするのではなく、そのままのあなたが十分に魅力的なのだと知り、自分に自信を持ってくださいね。

男女の違い

いかがでしたか?

子供の頃、性別など特に意識もせずに遊んでいたクラスメイト達は、やがて『男』や『女』に成長して行きます。

男と女は、体の作りや、脳の構造が違います。なので『女友達と全く同じ接し方』をしてしまうと、どうしてもすれ違いや、違和感が生まれやすくなってしまいます。

これは、男友達でも、カップルでも、夫婦でも同じです。

「男性と上手く話せない」と悩んでいる女性は、ぜひこの5つのことを意識してみてください。

きっと、男性との会話をスムーズに楽しめるようになりますよ。頑張ってくださいね。

恋愛に悩んでいる女性には、こちらの記事も人気があります。

1つのことしか考えられない!?男性という生き物の9つの特徴

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が上手く進みますように……☆