男は褒められるのに弱い?

「○○くんって、仕事も出来て頭が良くて頼りがいがあってホントに素敵!」

「いや〜、そんなことないよ(デレデレ)」

あなたもどこかで、こんな光景を見かけたことがあるのではないでしょうか?

そして女の子から褒められ、鼻の下を伸ばす男性の姿を見て「なんであんなにデレデレしちゃってんの?」などと思ったことがある人もいるかもしれません。

今回は『男性があからさまな褒め言葉にもコロリと落ちてしまう理由』をご紹介します。

狩猟時代から変わらない男のプライド

gensi.jpg

「男には男のプライドがある」

こんな言葉をあなたもどこかで耳にしたことがあるかもしれません。しかし『男のプライド』とは何なのでしょうか?簡単にまとめるとこんな具合です。

  • 自分という男は仕事ができるカッコイイ男だ
  • 自分という男は女を幸せにしてやれるカッコイイ男だ
  • 自分という男は人から敬われるイイ男だ
  • 自分という男はとにかくカッコイイ
  • 自分という男は色々凄い

女性(という弱い生き物)には見下されたくない、敬われたい!」と考える男性が多いのも、こうした気持ちがあるからこそ。

参考記事:男のプライドって何?と思ったら確認したい5つのポイント

女性にはなかなか感覚的に理解することが難しいものでもありますが、『男のプライド』というものがあるのだということを頭の片隅に入れておくと、恋愛面ではとても役立ちます。

『勝つこと』を重視する男社会

勝つこと

女性は『波風立たせず平和に周りの人と共存すること』を重視する傾向があるのに対して、男性は女性と比べると『勝つこと』を重視する傾向があります。

なぜかというと、女性は『強い男』に惹かれる傾向があるからです。

現代で言えばそれは例えば、仕事で地位や権力を得ること。社会的に『強い男』であることは、女性の関心を引くためにも重要なことなのです。つまり男性にとっては『仕事での成功』は『仕事以外のあらゆるものでの成功』と密接に関係しているということ。

だからこそ、男性は『強い男であること』にこだわります。そして女性や周りの人からそのことを認められたい、と強く思っているのです。

「認められたい」という欲求

nade.jpg

男性に限らず人は誰しも心の中に『認められたい』という欲求を抱えているといわれています。(『承認欲求』と言います)

『相手を褒める』という行為は他人のそれを解消する一つの手段。

  • 凄いね
  • 頑張ったんだね
  • 素敵だね

そんな言葉で肯定されると、確かに自分が認められたように感じて嬉しいですよね。

男性を褒めるときには『下から』褒める

下から

しかし、ここで1つ思い出さなければならないことがあります。それは男性は女性から「強い男だと思われたい」と思っていること。だからこそ、女性から子供扱いをされたり上から目線でものを言われることを嫌がる男性はとても多いです。

男性を褒めるときには先に紹介したような言葉で『下から褒めること』を心がけてください。下記のような『上から目線の褒め言葉や態度』は「子供扱いされてる?」「馬鹿にされてる?」と感じさせてしまう可能性があるので逆効果です。

  • 誰にでも出来るようなことをしただけなのに過剰に褒める
  • 頭を撫でる
  • 「新入社員のクセに凄いね」「やれば出来るじゃん」などの発言
1 2