「あの子可愛いよね」

男性同士がこんな風に会話をしているところを、見かけたことがある女性は多いのではないでしょうか?

でも聞こえてくる女の子の名前は、女の子からすると「え、その子?」と思うような女の子だったりするもの。男と女の「可愛い」って、ちょっと違うんですよね。

今回は、『男の可愛いと女の可愛いの違い6つ』を紹介します。

【1】男はエロさ・女は子供っぽさ

  • 横分けの前髪
  • ツヤツヤのシンプルネイル
  • ボディラインの出る服

男性が「可愛いな」と思うのはこうした『色気』を感じる外見です。一方、女性は子供っぽさを感じる外見に可愛さを感じる傾向があります。

  • パッツンの前髪
  • 派手なネイル
  • ボディラインが出ない服

これらは女性からは「可愛い!」と好評ですが、異性ウケはあまりよくないので恋活中には注意が必要です。

【2】男はムッチリ・女はホッソリ

女性はダイエットをしている人が多いですよね。でも、実はほどよく肉が付いている体型のほうが男受けは良かったりします。胸はお尻はもちろん、二の腕や太ももも男性人気の高い部位なので、ダイエットをするときには痩せすぎないように心がけてみてください。

【3】男は弱さ・女は強さ

女性は自立した女性に憧れる傾向があります。確かに、バリバリ働くキャリアウーマンや、目標に向かって頑張っている女性は素敵ですよね。

ただ、だからと言ってなにもかも1人で頑張りすぎてしまうのはおすすめしません。男性は『困ったときに自分を頼ってくるような女の子』が好きだからです。

【4】男はナチュラル・女はバッリチ

何もかも完璧に作りこんでしまうより、ある程度隙を残すほうが男性からは「可愛い!」と思ってもらえます。メイクやヘアセットはなるべくナチュラルにするのがおすすめ。

  • 後毛を残す
  • アイラインを控えめにする
  • ブラウンやピンクを使う

これらを意識すると、印象がよりナチュラルになります。

→『必要なのはコスメではなくテクニック』をamazonでチェックする

【5】男は石鹸・女は香水

香水が好きな女の子は多いのではないでしょうか?ボトルのデザインが可愛いものなど、ついつい欲しくなってしまいますよね。

でも、男が「たまらない……」と感じるのは、香水よりもシャンプーや石鹸の香り。プチサンボンなどの石鹸の香りの香水を使うのもおすすめですが、サラサラパウダーシートを使ったり、朝シャンするだけでも簡単に「イイ匂い」をまとうことは可能です。

関連記事:【手軽に石鹸の香り】「あ、イイ匂い……」と男性をキュンとさせる3つの方法

【6】男は雰囲気・女はパーツ

同性の場合は、何か1つ素敵な部分があるとその人のことを「素敵な人」と判断しがち。

  • ぱっちり二重が羨ましい
  • サラサラのストレートヘアーが素敵
  • ほっそりした美脚が憧れ

こんな具合です。

しかし、異性に対しては男女ともに一部の『フェチ』を覗いて、全体的な雰囲気で見る傾向があります。たとえ二重でも美脚でも髪の毛がサラサラでも、全体的にいいなと思わなければ「素敵だな」という判断には繋がりにくいのです。

そのため、よくよく見るとそんなに可愛くもスタイルもよくない『雰囲気美人』の女の子が異性からはモテモテで、同性からは「なんでだろうね?」と首を傾げられていたりするのです。

モテたいときには、自分を全体的な雰囲気で見るよう心がけると効果的です。

男受けを意識してモテよう!

いかがでしたか?

『男の可愛い』を意識すると、男性から「可愛いね」と声をかけられる機会も増えます。恋活中の女性はぜひ意識してみてください。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が上手く進みますように……☆