社交辞令?それとも本気?男性の気持ちの見分け方

社交辞令なのか本気なのか分からない!

悩める女子
これって本気で言ってる?それとも社交辞令?

男性から優しくされたり、褒められたり、誘われたりしたとき。

こんな風に悩んだ経験があなたにもあるのではないでしょうか?

悩める女子
本気で言ってるなら嬉しいけれど、でも社交辞令なら勘違いしたくないし……

愛丸さくら
男性の言葉の真意を見抜くには、いくつかのポイントをチェックするのがおすすめよ

ということで、この記事では『社交辞令と本気を見抜くポイント』を紹介していきます。

1.社交辞令は『みんなに』、本気は『あなただけに』

特別扱い

本気で言っているか社交辞令かを見分ける1番簡単な方法。それは相手の男性がみんなにその行為をしているのか、それともあなただけにしているのかを見る事です。

社交辞令はみんなに言う

『社交辞令』というのは、『人付き合いを円滑に進めることを目的として言葉』です。

言い方を変えるなら、お世辞や建前。

これはその人なりの処世術のようなものなので、特定の人だけではなく『周りの人みんな』に同じような言葉を言っている可能性が高いです。

本気ならあなただけに言う

  • 「可愛い」
  • 「好きだよ」
  • 「また会いたい」

こうした言葉を『あなただけ』に言っているのなら。

それは社交辞令ではなく、あなたへの本気の気持ちとして受け止めてOKです。

2.社交辞令は『オープン』、本気は『2人きり』

2人きりになりたがる

本気で言っているか社交辞令かを見分けるためには、それがどんな『場所』で言われた発言なのかをチェックするのも効果的です。

大勢のいる場所なら社交辞令

  • 職場や学校
  • パーティー会場
  • 大人数の飲み会

こうした『大人数が集まっている場所』で言われた言葉は、ただの社交辞令かも。

「その場を盛り上げたい」とか「空気をよくしたい」という気持ちで発言した可能性もあります。

2人きりなら本気の可能性大!

しかし、2人きりなら話は別。

その場にはあなたと彼しかいないのですから、『場の雰囲気』を考える必要はありません。

その言葉は『あなただけ』に向けられたものなのです。

3.社交辞令は『緊張なし』、本気なら『緊張あり』

緊張しているのは脈あり

本気で言っているか社交辞令かを見分けるには、相手が緊張しているかを見るのも効果的です。

社交辞令は緊張しない

社交辞令を言う時、人はあまり緊張したり照れたりしません。

なぜなら、それはただの社交辞令だからです。

本気の場合は緊張する

しかし本気で言っている場合は違います。

気になる女性にの前では緊張もするし、好意を伝えるときには照れもします。

女性慣れしているかしていないか、人付き合いが得意か不得意かなどにも左右されますが、相手の男性があなたと会話をするときに多少緊張している素振りを見せるのであれば。

それは本気で言って言る可能性あり!

4.社交辞令は『1回だけ』、本気なら『何度も』

その発言が1度だけか、あるいは何度も繰り返してくるのか。そこも本気と社交辞令を見抜くポイントです。

社交辞令は1度だけ

  • 「素敵な人だね」
  • 「仲良くなりたいな」

こんな風に言われたら嬉しいですよね。

しかし、相手が会ったその日にだけこうした発言をしてきたのなら、それは社交辞令かも。

本気なら何度も繰り返し言う

「彼、あの後もずっと○○のこと可愛いって言っていたよ」

共通の知り合いからこんな風に言われたり、後からもlineやメールで同じようなことを何度も言われるのなら。

それはただの社交辞令ではなく、相手の本心の可能性が高いです。

5.社交辞令は『口だけ』、本気ならは『有言実行』

本気で言っているか社交辞令かを見抜くには、その発言が『実行されるか』を見るのも効果的です。

社交辞令は実現しない

  • 「今度飲みに行こう」
  • 「また会おう」
  • 「ゆっくり話したいね」

こんな風に『言っていた』としても。

それがいつまでたっても実現されないのなら、その発言はただの社交辞令かも。

本気なら実行する

デートに誘ってきた場合など、男性が本気でその約束を果たしたいと思っているのならば口だけではなく『行動』をします。

  • 具体的な日にちを決める
  • 会いている日を確認してくる

こうした行動があれば、それは社交辞令ではなく本気です。

6.社交辞令は『そのまま』、本気なら『念押しする』

念押しするかしないかも、本気か社交辞令を見極めるポイントです。

社交辞令はあっさりしている

相手から褒められたり口説かれたように感じた時。

それがあっさりとしていて、なおかつ『冗談っぽいニュアンス』を含んでいたのならそれは社交辞令かも。

社交辞令やお世辞を言う時には、言う側も相手が本気にしすぎないように少し『距離』を作る場合が多いです。

本気なら念押しする

しかし、その発言が本気で言っている場合には違います。

  • 本当に素敵だね
  • お世辞じゃないよ
  • 真剣だから

こんな風に相手が『本気』をわざわざ伝えてくるのは、「この発言をただの社交辞令にして欲しくない」という気持ちがあるから。

『あからさまにふざけた態度』で言ってくる場合にはそれも含めた冗談の可能性もありますが、

彼が真摯な態度で「本気だよ」と言ってくるのなら、それは言葉のとおりに本気の可能性が高いです。

おわりに

6つのポイントで気持ちを見抜こう

社交辞令か本気かを見抜くポイントを紹介してきましたが、いかがでしたか?

相手の行動が『本気で言っている』のか、それともただの『社交辞令』なのか。

見分けたいときには、是非今回紹介した6つのことを意識してみてください。

社交辞令に振り回されない!

社交辞令と本気の発言を見抜けるようになると、男性に振り回されることが減ります。

悩める女子
彼の本心が見えて、なんだか気持ちがスッキリしたかも……♪

愛丸さくら
恋愛で振り回されることが減ると、余裕を持って恋を楽しめるようになるわ

自信を持って、恋を楽しんでくださいね。

男性の気持ちを見抜きたい女性には、こちらもおすすめです。

【男性の脈ありサイン一覧】好きな女性への行動を徹底まとめ

いつも温かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆