自分と違う人を好きになる理由とは?同族嫌悪は子孫繁栄のため!?

自分と違うタイプの人に惹かれる!?

あなたの周りに、

「この人は自分とは考え方も好みも全く違うなぁ……」

こんな風に感じる人はいませんか?

そして、なぜかそんな自分と全く違うタイプの人に、強烈に惹かれてしまった経験はないでしょうか。

以前、「自分と似た人を好きになる理由」を解説しましたが……

人は、自分と全く違うタイプの人を好きになる場合もあります。

それには、同族嫌悪などが関連している場合も。

この記事では、自分と違う人を好きになる理由を紹介しますね。

「自分とは違う」と感じる人とは?

考え方や価値観が異なる人

「自分と違う人」とは、一般的に考え方や価値観が全く違う人を言います。

考え方や価値観は、育ってきた環境などにも影響されます。

そのため、

  • 自分とは全く違う人生経験を持つ人
  • 自分とは全く違う家庭環境で育った人
  • 自分とは全く違う教育を受けてきた人

こうした人には、「自分とタイプが違う人」という印象を抱きやすいです。

自分の周りにいないタイプ

人は、基本的に同じタイプの人同士で集まります。

その方が、すれ違いや摩擦が少なく、コミュニケーションが取りやすいからです。

そのため自分と違うタイプの人とは、「これまでの自分の人生にいなかった人」とも言えます。

「合わない」と感じてぶつかることも……

最初は「苦手」と感じる場合も多い

自分と違うタイプの人とは、自分にとって新しい意見や感覚を持っている人です。

そのため、最初は「合わないな……」と感じることも。

第一印象が悪い!?

自分と違うタイプの人は、第一印象が悪い場合も多いです。

  • 常識はずれ
  • 空気が読めない
  • 自分勝手

これまでに自分が接してきた人と違うからこそ、こんな風に見えてしまうのですね。

そのため、「合わない」どころか、「嫌い」と感じる場合もあります。

「面白い」と感じて好きになる

自分と違うタイプの人との恋愛

自分と違う人は好奇心が刺激される

自分と違う人には、「合わなそう」という印象を抱くことも多いです。

しかし、人は誰しもが好奇心を持っています。

  • 「面白そう!」
  • 「気になる!」
  • 「もっと知りたい!」

自分と違うタイプの人に対して、こんな風に好奇心がうずく場合も多いのです。

そしてそれが、「好き」という恋愛感情に発展します。

自分と違う人を好きになるきっかけ

自分と違う人とは、自分にはないものを持っている人です。

自分と違う人は、自分の弱点を補ってくれる人。

そして自分もまた、その人のことを補うことができます。

そうした理由から、「この人は自分にとって必要な人だ」と感じ、好きになる場合もあります。

遺伝子的にも惹かれ会う!?

遺伝子的には

強い遺伝子を残す方法

恋愛をする目的の1つに、「子孫を残すこと」があります。

そしてそのためには、自分とは異なるタイプの遺伝子を持つ人を選んだ方が良いと言われています。

匂いやキスで相性が分かる!?

女性は男性の匂いから、遺伝情報を嗅ぎ分けられるとも言われています。

匂いやキスが「心地よい」と感じる人は、遺伝子的にも相性が良い可能性が高いのです。

匂いが好きな異性は運命かも!女は遺伝子で自分に合う男を嗅ぎ分ける

自分と似ている人には同族嫌悪する?

似た者同士

同族嫌悪とは?

「同族嫌悪」という言葉がありますよね。

これは、「自分と似ている人に嫌悪感を抱く」というもの。

実はこれにも、遺伝子が関連しているのではないかとう説があります。

自分と同じタイプの人との子孫より、異なるタイプの人との子孫の方が、繁栄のために有利だから。

そのため、似ている人に嫌悪感を抱くのです。

「退屈」と感じることも……

似ている人との恋愛は、すれ違いや喧嘩がなくて心地が良い反面、「なんか退屈」と感じる場合も。

自分と似ているからこそのメリットもあれば、似ているからこそのデメリットもあるのです。

この記事のまとめ

2人の努力次第

いかがでしたか?

自分と違う人との恋愛は、刺激的で世界を広げてくれます。

最初はすれ違いやぶつかってしまうこともあるかもしれないけれど。

その人のことに惹かれたのは、無意識にその人を必要としているからかもしれません。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

効果絶大な恋愛駆け引きテクニック12個!好きな人を夢中にさせよう

いつも温かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が幸せな未来につながりますように……☆