わがままな女の子は男にモテる」とよく聞きますよね。

でも、中には「自分勝手すぎてもう愛想が尽きた!」と男性に振られてしまう女性もいます。

男性が「これはないな……」と思う『自分勝手な女性』にはどのような特徴があるのでしょうか?

男にフラれる『自分勝手な女』の特徴4個

具体的な内容を解説します。

【1】思い通りにならないと不機嫌になる

「ごめん、今週末はどうしても仕事が抜けられそうになくてさ……」こんな風に、楽しみにしていたデートをキャンセルされたときなどは悲しくなってしまいますよね。

でも、自分の思い通りに行かなかったからといって不機嫌になってしまうのはNG。

  • 怒って着信拒否する
  • 話しかけても無視する
  • 男性の悪口を言い出す

こうした態度を繰り返していると、男性はうんざりしてしまいます。

思い通りに物事が展開しなかったときは、「これはこれ」と気持ちを切り替えて楽しむスキルも大切です。

【2】何がなんでも要望を通そうとする

生きていれば思い通りにならないこともあるもの。しかしそこで「絶対にこうじゃないと嫌」と自分の要望を押し通そうとするのも、男性をうんざりさせてしまいがち。

  • 相手を「間違っている」と非難する
  • 拗ねて「別れる」と言い出す
  • 怒って喚き散らす

いくらこうした態度を取られても、どうにもならないことはどうにもならないからです。

諦められない場合もあると思いますが、男性がわがままを聞いてくれなかったからといって、それは『愛情がないこと』とイコールではありません。

「自分は愛されている」という自信を持って持てると、実はこうした『相手への不満』は軽減されます。

【3】相手を批判する

自分の思い通りにしたいがために、他人を威圧したり批判する女性も男性から敬遠されがちです。

  • 自分を正当化する
  • 他人に対して批判的
  • 文句や不満が多い

例えば先ほどの例のように男性がデートをキャンセルしたとき。

「あなたは間違っている」と相手を批判したり、「こんな男はダメ」と否定的な言動を繰り返していると、いくらその意見が正しくてもやっぱり言われる側は嫌になってしまうものです。

自分から見ればそれは絶対的な真実でも、相手には相手の都合や言い分があるもの。そして自分の要望を通そうとするだけでは、なかなか良い関係を築くことはできません。

相手を批判したり、威圧して『自分の思い通り』に動かそうとするのではなく、『自分が相手を受け入れる努力』をすることが恋愛ではとても大切です。

【4】逆ギレする

わがままを言ったり自分の要望を伝えたりすると、ときには「それはちょっと自分勝手なんじゃない?」と相手に窘められたりもしますよね。

そんなとき、「でもしかたないじゃない!」と逆ギレをしてしまうのもNGです。

男性は男性でただ思ったことを言っただけ。そこで「責められている!」と感じて逆ギレしても、なんの解決にもなりません。ただ喧嘩が悪化するだけ。

わがままや自分勝手さを窘められたときには、「そんな風に思う人もいるんだな」と素直に受け止めてしまうのがベター。

自分勝手に生きるのも勝手だし、それを咎めるのもその人の自由なのです。

おわりに

いかがでしたか?

男性が嫌がる自分勝手な女性とは、一言で言うなら『攻撃的な女性』です。

攻撃的な要素さえなければ、多少自分勝手でもワガママでも「可愛らしい」とか「自由」とポジティブに受け止められる傾向があります。

「もっと知りたい!」思った方は、『男に好かれるワガママと嫌われるワガママの4つの違い』も参考にしてみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】