男に嫌がられるバレンタインはこれ!渡し方のNGやドン引する中身とは?

「バレンタイン、めんどくさいなぁ……」

実は、こんな風に思っている男性が意外と多いことをご存知でしょうか?

特に、バレンタインに嫌な思い出のある男性は、その傾向が強いかも。

「男性的に最悪なバレンタイン」と言うと、チョコレートをもらえなかったこと……と思うかもしれません。

しかしバレンタインには、実はチョコレートをもらえない以上に男性が嫌がる状況もあるのです。

この記事では、男に嫌がられるバレンタインについて詳しく解説します。

【1】大勢の前でチョコレートを渡される

人前は恥ずかしい

バレンタインで男性が嫌がるシチュエーションの1つ目。

それは、大勢の前でチョコレートを渡されることです。

なんと言っても恥ずかしいし、他の人の目も気になります。

色々と気を遣う

特に、本命以外の女の子からチョコレートをもらったときには困ってしまうもの。

「ごめん」と断ったら、他の女子から「酷い!」と責められた……なんて男性もいます。

こうした理由から、大勢の前でチョコレートを渡されるのを嫌がる男性は多いです。

【2】手作りチョコの中に何かが入っている

髪の毛などの異物混入

男性に嫌がられるバレンタインのシチュエーションの2つ目は、異物混入です。

好きな子からもらうと嬉しい手作りチョコレートも、

一口食べたら中から髪の毛が出てきた……なんてことになっては、楽しい気持ちは一気に急降下してしまいます。

衛生面に配慮しよう

チョコレートは口に入るもの。

手作りで用意する場合には、髪の毛や埃などの異物が入らないよう、細心の注意を払いましょう。

「あまりよく知らない人が作ったものは怖くて食べられない……」という気持ちから、手作りチョコレートがNGな人も多いのです。

【3】送り主不明のチョコレート

誰からか分からない……

「気持ちは伝えたいけど、フラれるのは怖いし、直接渡す自信もない……」

そんな不安な気持ちから、送り主が分からないようにしてチョコレートを渡すこともあるかもしれません。

しかしこれは、男性に嫌がられるのでやめておきましょう。

「不気味」だし怖い

誰からか分からないバレンタインチョコレートは、嬉しいと言うよりも「不気味」と感じます。

「もしかしたら自分宛てではないのかも……」という不安から開封できない場合もあるので、

チョコレートを送る場合は自分の名前を記載した、メッセージカードなどを添えるようにしましょう!

【4】一緒に入っているプレゼントが重い

チョコレートと一緒に何を渡す?

「バレンタインにはチョコレートと一緒に、プレゼントを渡したい」

こんな風に思う女性も多いと思います。

しかし、あまり重いものをプレゼントしてしまうのは、男性に嫌がられる可能性もあるのでNGです。

手作りや手編みは引かれるかも……

両思いやすでに交際している場合には、「愛のこもったプレゼント」は喜ばれるかもしれません。

しかし片思いの場合は、手作りやあまり高価なプレゼントは「重い」と嫌がられる可能性もあるので注意しましょう。

【5】お返し目当てなチョコレート

下心が見え見えなのはNG!

義理でも本命でも。

『純粋な好意』を向けられれば嬉しいけれど。

あきらかにお返し目当てのチョコレートを渡された場合にはちょっと複雑。

「お返しが欲しい」という下心でチョコレートを渡すのはNGです。

お返しは遠慮するのが正解!?

チョコレートを渡す時には、

「気持ちなので、お返しは結構です」

などと一言添えられると、女性としての余裕を感じてもらえるかも。

この記事のまとめ

気遣いが好印象に繋がる

バレンタインのNGシチュエーションを紹介しましたが、いかがでしたか?

バレンタインデーは相手の男性への気遣いを忘れないと、女性としての株もアップします。

無理しすぎないのがポイント

バレンタインでは、あまり無理しすぎずに肩の力を抜くことが大切です。

肩の力を抜いてリラックスすると、視野も広がって心に余裕が生まれます。

すると、自然と空回りも防げるのです。

バレンタイン前で緊張しているときには、まずは大きく深呼吸!

自分にとっても相手にとっても素敵な1日にしてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆