「おあずけ!」

想像してみてください。

あなたがもし、犬だったとして……。美味しそうなごちそうを前に、ご主人様に「おあずけ!」と言われたら……目と鼻の先に、イイ匂いのするごちそうがあるのに……!!手を伸ばせば届くのに……。なのに「おあずけ!」なんて言われたら……!!!

もっと欲しくなってしまいませんか?

今回は小悪魔女子が使う『おあずけ』テクニックを紹介します。

『おあずけ』されるとますます欲しくなる

先ほどの犬の例からもおわかりいただけるように、人は「手に入りそうだったもの」が急に遠のいてしまうとこんな状態になります。

  • 獲物を逃したような気分になる
  • なんとなく損したような気持ちになる
  • ますますそれが欲しくなる

本当はさして興味がなかったものでも、一度「もらえる!」と思ってしまった。だからこそ、それが手元から離れてしまうと「どうしても欲しい」という気持ちになるのです。

モテる女の子は『おあずけ』が上手

このおあずけテクニックを上手に使うとどうなるか……何となく想像がついたのではないでしょうか?

男「(この子、結構俺に気がありそうだな……そろそろ行けそうかも!?)ね〜キャバ子ちゃん、キスしてい〜い〜?」

キャバ子「えー、うーん……じゃあ、もうちょっと仲良くなったらね♪」

この時、『おあずけ』を食らった男性は、今まで以上にキャバ子とキスがしたくなってしまうのです。最初は「ちょっとしてみようかな」くらいの気持ちだったのに、おあずけをされると「どうしてもしてみたい」という気持ちに、燃え上がってしまうのです。

逆に、ここで「はい、どうぞ」とおめあてのものを差し出してしまうと、男性は満足してその女性を追いかけようとは思いません。だからこそ、『都合のいい女』はいつまでも男性を追いかける一方で、男性から追われないまま『体だけの関係』になってしまったりするのです。

相手を自分に夢中にさせるには、『おあずけ』や『じらし』を上手に使うことが大切なのです。

関連記事:【終われる恋】男の狩猟本能を刺激して彼氏をつくる6つの方法

手に入らないからこそ追うのが楽しい!

でも、『おあずけ』ってなんだか意地悪な気がしませんか?

でもでも、ちょっと考えてみてください。

手に入れるのが難しければ、男性はそれなりに力(お金や時間や手間)を注ぎますし、注げばその分だけ途中で諦めることが出来なくなる。そして、「これだけ頑張ったのだから」と、手に入れた後も大切にする……

獲物が上手に逃げてくれれば、それだけ追いかける方も楽しいし、手に入れたときの喜びも倍増しますよね。

男も満足、女も満足。『おあずけ』は一見意地悪に見えて、実はお互いの気持ちを充実させる行為なのです。

男心を刺激して素敵な恋をGETしよう!

いかがでしたか?

テクニック次第で、『10』のエサを『100』にも『200』にもする事ができるんです。

自分を変えるには沢山の努力が必要ですが、こうしてテクニックを使えば『素』を変えなくても相手に与えられる喜びを増やすことが可能。

覚えておいて、損はありませんよ☆

ただし、さじ加減が重要なのでそのへんはご注意を(^^)

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆