男心をつかむメールって?

「メールで彼との距離を縮めたい!」

好きな人とメールをするときには、こんな風に考えますよね。

でも、いったいどんなメールを送れば、彼ともっと仲良くなることができるのでしょうか?

『モテ女が使う12の小悪魔メールテクニック』を紹介します。

《基本編》【1】返信は少し間をあける

まず押さえておきたいのは、メール返信のタイミング。好きな人からメールが来たらすぐに返信したくなると思いますが、『速攻で返信してしまう』のはNGです。

オススメなのは『相手が返して来た時間+α』で返信すること。例えば、相手に送ったメールが1時間後に返ってきたら、あなたはそこから1時間30分くらい時間をあけて返信します。

それによって『ほどよい距離感』を保つことができ、相手の男性にもメールのやりとりを心地よく感じてもらうことが出来ます。

【2】読みやすい文章で作成する

  • 「イミフ」「BFF」のようなJK用語
  • 「草生えた」「kwsk」などの2ちゃん用語
  • 「ohy(おはよう)」などのDAIGO用語

これらは知らない人からすると『暗号』です。

もしも相手の男性が推理小説好きなら「受けて立とう」と楽しんでもらえるかもしれません。しかし、おそらくほとんどの人は「なんじゃこりゃ? 意味が分からん」とあなたとの間に超えられない壁を感じてしまいます。

メールは読みやすい文章で作成しましょう。

【3】質問文をいれる

メールに質問分が入っていると、相手も返信しやすくなります。

有名なテクニックなのですが、どうせなら『ただの質問文』ではなくて『攻める(=相手を喜ばせる)質問文』を入れていきましょう。

たとえばこんなもの。

  • 「○○くんとメールが出来て凄く嬉しい! こうやって、時々メールしてもいいかな……?
  • ○○くんってお店にも詳しいんだね!他にもオススメのところってある?
  • ○○くん、モテるでしょ? カッコいいもん
  • 「休みの日はなにしてるの? ○○くんっておしゃれなところで遊んでそう……!」

ただ「どこか良いお店知ってる?」「休みの日は何をしてるの?」と尋ねるより、相手をキュンとさせることが出来ます。

関連記事:好きな人へのLINEで質問文を送る時の5つの鉄則

【4】長過ぎず短すぎない長さにする

長くて読むのがめんどくさいのもNG。かと言って、短すぎるのも味気ないですよね。

  • 相手と同じくらいの長さを心がける
  • スマホの場合は『1画面』を目安にする

『理想的なメールの長さ』は人それぞれですが、基本的にはこれらを心がけると『ほどよい長さ』になります。

《内容編》【5】ポジティブな内容を心がける

「今日もいい天気だね」「会えて嬉しい♪」などのポジティブな内容のメールを心がけましょう。するとあなたからのメールを読んだ彼の脳には「あなたとのメールは読むと楽しい」とインプットされます。

逆にネガティブな内容のメールばかりを送ってしまうと、暗い印象を植え付けてしまいます。『楽しい』『嬉しい』『素敵』などの言葉を使うのがおすすめです。

【6】相手が興味を持っている話題にする

女性はついつい『日常報告メール』を送ってしまいがちですが、メールの返信率を上げるためには『相手が興味を持っている話題』をふることが大切です。

「○○くんってサッカーに詳しいよね?昨日の試合見てた?」というように相手が関心を持っていそうな話題をふることで、返信率は高くなります。『相手主体で話を進める』ということを意識してみてください。

1 2