【頼り方が分からない女性へ】彼氏や男性に甘える方法4つを解説

どうやって頼ればいいの……?

悩める女子
男性は女の子から頼られたいって言うけど……人に頼るのって苦手だなぁ

こんな風に悩んでいる女の子って、実は多いんです。

  • 本当は助けて欲しい時でも遠慮してしまう
  • 「迷惑をかけてはいけない」という気持ちから頼れない
  • 甘えたり頼ったりしたいけどやり方が分からない

今回の記事は、そんな女の子におすすめ。『男心をくすぐる頼り方』を4つ紹介します。

【1】困っていることをアピールする

困っているときに何してる?

あなたは困った事があったとき、どのような行動をしますか?

もしかして、ポーカーフェイスで何事もなかったかのようにやり過ごそうとしてはいないでしょうか?

「困っていなそうな女の子」に対して、「助けあげたい!」とはりきる男はあまりいません。むしろ、「俺が行ったら迷惑かな?」などという気持ちから、なかなか手を差し伸べられなかったりするもの。

周りの人から助けてもらう一番の方法は、『困っていること』を態度で示すことです。

困っている顔をするだけでもう効果あり!

  • 困っている顔をする
  • 「困ったなぁ」と言ってみる
  • 「どうしよう」とオロオロする

こうした行動をすると、自分から「助けて」「手伝って」と言わなくても、周りにいる人から「手伝おうか?」と声をかけてもらえます。そして、『助けてあげた側』の人は良い気分になるし、その相手のことをあとあとまで気にかけるもの。

困ったときには、ぜひ『困っている態度』をとるように心がけましょう。自分から言わなくても助けてもらえて、しかも相手の印象にも残れるなんて、一石二鳥ですよね。

【2】素直に「助けて」と言う

「助けて」って言えますか?

困っているときに、素直に周りの人に助けを求めるのって、結構勇気が入りますよね。

  • 「1人じゃ何もできないやつ」と思われたら嫌だな
  • ぶりっ子していると思われるかもしれない
  • 「弱い人」と見下されるかもしれない

……こうした気持ちから、見栄をはったり無理をしてしまう人ってとても多いんです。

今すぐこの見栄やプライド、捨ててしまいましょう。

弱さを見せた方可愛く見える

男の人に甘えたり頼るには、まずは素直に「助けて欲しい」と伝えること。自分を頼ってくる女の子って、男から見ると可愛いんです。困ったときには素直に「助けて〜」と言ってみてください。

状況の説明や、具体的に何をして欲しいかなど後回しで構いません。とにかく「助けて」とSOSを出す。

すぐに「どうしたの?」とあなたを気にかけてくれる騎士(ナイト)が集まってくれますよ。

【3】「これ苦手なの」と言う

「できないこと」は武器になる

  • 実は高いところが怖くて……
  • 車の運転ができないんだ
  • パソコンが苦手なんだ

こんな風に「苦手なもの」を伝えられたときにも、男性は「俺が助けてあげたい!」と感じます。

『苦手なもの』ってなんとなく隠してしまいがちですが、実は恋愛では協力な武器になるのです。

しっかり者の「苦手」にギャップ萌え!

特に、普段はしっかりしている女性に『弱点』があると、そのギャップで「可愛い」と感じる男性は多いもの。

苦手なものはぜひアピールしてしまいましょう!

【4】軽くお願いする

お願いごと

まずは小さなお願いで練習しよう

「頼ったり甘えるのが苦手……」と感じている女の子は、そもそもなんでも1人で頑張ってしまいがち。

そんな女の子は、まずは『ちょっとしたお願い』から始めてみましょう。

  • ちょっとそこのボールペン取ってくれない?
  • この荷物ちょっとだけ持っててくれる?
  • これのやり方分かる?

こんな風に、軽くお願いをしたり何かを教わることでも、男心は充分にくすぐれます。

1人でできることもあえてお願いする

自分1人でできそうなことでも、グーグルで検索すれば解決しそうなことでも。

あえて近くにいる男性にお願いしてみる。聞いてみる。

それがきっかけで距離が縮まることって、結構あるものですよ。

おわりに

いかがでしたか?

甘えるのが上手な女の子は、異性から良くモテます。

「可愛い」「自分が付いていてあげたい」……こんな風に男心をくすぐるからです。

恋活中や、好きな男の人がいる女の子はぜひ試してみてくださいね(^^)

彼に甘えたあとには「あなたが○○してくれたおかげで、私はとても助かった(嬉しかった)」と伝えれば、効果も倍増ですよ!

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

【恋愛駆け引き15個】好きな人に興味を持ってもらう方法とは?

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆