好きな人と相合傘ってあり?職場・学校・デートでの男女の本音

「好きな人と相合傘をしちゃった……!」

あなたにも、こんな風にドキドキした経験があるかもしれません。

好きな人と相合傘ができたら、自分は嬉しいけれど。

相合傘をしたとき、相手はどう思っているのでしょうか?

この記事では、職場・学校・デートなどのシチュエーション別に、「相合傘」に関する男女の本音を紹介していきます。

相合傘をする状況とは?

雨の日デート

突然の雨

相合傘をする状況として一番ありがちなのは、突然雨が降ってきた時です。

傘を持っていないくて立ち往生しているところに、偶然傘を持っている人が通りかかって入れてもらう……

というのが、相合傘のありがちなパターンです。

デートで相合傘になることも!?

また、2人きりのデートでどちらか一方が傘を持っていたときにも、相合傘になる可能性はあります。

その場合は比較的長い時間相合傘をすることになるので、お互いにドキドキしますよね。

相合傘の効果とは?

自然と密着できる!

相合傘をすると、自然と体を寄せ合うことになります。

ドキドキするのはもちろんですが、物理的な距離が縮まると心理的な距離も縮まりやすいです。

恋愛ではパーソナルスペースが重要!心理学で相手の懐に入る方法

デートっぽい雰囲気を味わえる

相合傘をすると、まるでデートをしているかのような距離感になります。

「この人と付き合ったらこんな感じなのかな……」などの想像もさせられるので、相合傘をきっかけに意識し始めることもあるかも。

状況別の男女の本音

相合傘

学校での相合傘

  • 学校から駅までの道
  • 駅から学校までの道
  • 学校ないでの移動

学校で相合傘をする場合、男女どちらも「恥ずかしい」と感じることが多いようです。

「傘に入れてくれるのは嬉しいけど、他の友達に見られるのが恥ずかしい……」という気持ちですね。

そうしたドキドキもあり、学校での相合傘がきっかけとなり恋愛対象として意識し始める場合も多いです。

職場での相合傘

  • 職場から駅までの道
  • 駅から職場までの道
  • 職場からコンビニまでの道

職場で相合傘をする場合、「特に気にしない」という人が男女共に増えます。

お互いに社会人の場合はある程度恋愛経験も積んでいるので、相合傘くらいではドキドキしなくなってしまうのですね。

とはいえ、全く意識しない訳ではありません。

相合傘がきっかけで恋が始まる可能性も、充分にあるでしょう。

デートで相合傘の場合

両思いのデートで相合傘をするような場合は、お互いに意識することが多いです。

好きな人と相合傘ができるのは、やっぱり嬉しいから。

その日を界に、ますます距離が縮まることもあるかもしれません。

相合傘の体験談

ドキドキした!

相合傘をした体験談で一番よく聞かれるのは、「ドキドキした!」というもの。

傘の中というのは、ある意味では周りから隔離された空間です。

そんな小さな空間に2にきりだからこそ、ドキドキする男女は多いのです。

雨に濡れた

相合傘の体験談で、意外と多いのがこの感想。

  • 密着するのが恥ずかしかった
  • 相手が濡れないように気遣った

こうした気持ちや行動の結果、「傘に入っていたはずなのに、肩がびしょ濡れになった……」という人は多いのです。

仲良くなれた!

「相合傘をしたことがきっかけに、距離が縮まった」という声も多く聞かれます。

相合傘をすることで、それまで2人の間にあった壁が壊れるのですね。

良い意味で遠慮がなくなり、打ち解けた関係になれる場合も多いようです。

相合傘の注意点

濡れていても言い出せない!?

相合傘をしている時、自分が濡れていてもなかなか言い出せなかったりするもの。

相合傘をするときには、相手が濡れていないか確認してあげるようにしましょう。

傘の大きさも重要

相合傘をするときには、傘の大きさも重要です。

100均などには60cmの小さめの傘も売っていますが、あれで相合傘をするのは正直厳しいものがあります。

せめて、80cm……できれば100cm以上のものだと、快適に相合傘をすることが可能です。

この記事のまとめ

雨の日デート

相合傘について解説してきましたが、いかがでしたか?

テンションが下がりがちな雨の日ですが、雨の日には雨の日にしかないドキドキがあるもの。

相合傘が、2人の距離を縮めるきっかけになるかもしれません。

ぜひ、雨の日を楽しんでくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆