催促の仕方とは?lineで返信を催促するときのやり方と注意点

lineの返信を催促するのってあり?

好きな人や友達からlineの返信が来ない時。

「催促したいけど……それってありなのかな?」

こんな風に悩んだことはありませんか?

できることならまたメールやLINEを続けたいけれど。

でも、相手から返事がこないのにまたこちらから連絡をするのって、なんだかしつこいような気もしますよね。

相手からの返信がこないときには、どうすれば良いのでしょうか?

この記事で詳しく解説していきます。

催促されたらどう思う?

実際のところ、催促ってありなのでしょうか?

そもそも「催促」とは?

催促とは、相手にlineの返信を促すことです。

例えば……

  • 「返事をください」
  • 「どうして返信してくれないの?」
  • 「返信待ってます」

こうしたストレートな言葉で催促をする場合もあるし。

ただlineのやりとりを続けたいような場合には、全く関係ない内容を新しく送信する場合もあります。

催促が嫌がられるパターンとは?

lineの催促が嫌がられるのは、基本的には以下の2パターンです。

  • 相手があえてlineを返信していない場合(脈なしの場合など)
  • 相手がなんらかの事情でlineの返信ができない場合(仕事中など)

こうした状況でlineの返信を催促すると、「めんどくさいな……」と思われてしまうかも!?

【めんどくさい女の特徴】拗ねたり急に不機嫌になる彼女にうんざり……

催促してもOKの場合とは?

逆に催促しても良いのは、以下のような場合です。

  • 相手がただ単純に返信を忘れていた場合
  • 相手があなたとのやりとりを再開したいと思っている場合

こうした場合は、lineを催促したことで返信がくる可能性も高いです。

ではここからは、催促する前にするべきことや、催促の方法を紹介しますね。

1. まずは「返事がこない理由」を考えよう

男性からメールやlineの返信がない場合、まずはその理由を客観的に考えてみましょう。

返事がこない理由は色々ある

lineの返信がこないとき、「嫌われちゃったのかな……?」と不安になる人も多いです。

でも、lineの返信をしない理由は人それぞれ。

  • 忙しくて忘れている
  • 返信の必要がないと思っている
  • まだ文章を考えている途中

こうした理由も考えられるので、まずは少し客観的に分析してみましょう。

男性はメールやlineを放置しがち?

そもそも、男性はメールやlineを放置しがちな傾向があります。

「用事がなければ、やりとりを続ける必要はない」と考えるのですね。

返信が来ないと悩んでしまいがちですが、こうした男性心理を知ることも、状況を解決させる糸口になりますよ。

【返信しない心理】男はメールやlineはめんどくさいし忘れる!?

2. twitterやFacebookを確認する

twitterとFBをチェック

SNSで相手の状況は分かる

相手の現状は、SNSで確認することも可能です。

  • 相手がtwitterやfacebockは更新している
  • 特に忙しそうな様子はない
  • 他の友達と遊んだり出かけたりしている

これらに当てはまるのなら、相手が返信しない理由は「忙しいから」ではなさそう。

脈なしか忘れているかを探る

相手が返信可能な状況なのに返信しない理由は、大きく分けると2つです。

1つは脈なし。

もう1つは忘れている(返信する必要がないと思っている)。

いずれの場合も、無理にやりとりを続けるよりは、メールやline以外の方法でアプローチしてみるのがおすすめ。

その上で『脈ありサイン』をチェックして、相手の気持ちを確認してみましょう!

【脈あり男性の行動】本気で好きな女性だけに出すサインとは?

3. 周りの友達に彼の近況を聞いてみる

探りを入れる

部活や仕事で忙しいだけかも……

「○○さんと最近会った?」など、彼の友達に近況を尋ねると、もしかすると有益な情報が得られるかもしれません。

ちなみにこの時、「もしかしてアイツのこと気になるの?」などと聞かれたら、思い切って気持ちを打ち明け、その友達を味方に付けてしまうのも一つの手です。

ついでに協力してもらえれば百人力

友達に協力してもらうことには、メリットがたくさんあります。

  • 相手の気持ちを探ってもらえる
  • 背中を押してもらえる
  • 相談に乗ってもらえる

なので、共通の知り合いがいる場合には、相談してみるのもあり。

4. 自分が送った文章を読み返す

メールを読み返す

こんなlineしてない?

もしかすると、返信がない原因は送ったメールやlineの内容にあるかもしれません。

  • 答えに困るような質問が入っている
  • 短すぎ or 長すぎ
  • 日記のように自分の生活を報告している

返信内容に困っているかも!?

当てはまる場合には、彼に「返信する必要がない」「何て返信したら良いのかわからない」などと思われている可能性もあります。

なんて返信したらいいか分からない!男が困るlineの特徴8つ

5. 再びメール・lineを送る

メールを送る

ここからは具体的な催促の方法です。

返事を催促するときのポイント

返事がこないとき。

再びあなたの方からメールやlineを送るときには以下のポイントに注意してください。

  • 相手の忙しさを気遣う
  • 相手への好意を示す
  • スクロールなしで読める長さにする
  • 返事の催促はしない

例えばこんな感じです。

「○○くん、忙しいのかな?また今度時間があるときやりとりしましょう♪お仕事頑張ってね(^^)」

こうしたメッセージを送ると、相手が脈ありの場合には返信が来ます。

悲しさを伝えるのもあり

また、ある程度お互いに好意を持っていると確信できているような場合には、ストレートに気持ちを伝えるのもあり。

  • 「どうして返事くれないの?」
  • 「嫌いになった?」

こうしたlineは場合によっては「めんどくさい」と敬遠されますが、はっきり自分の気持ち(寂しさ)を伝えることで、相手の気持ちも動き、関係が進む場合もあります。

責めたり執着するのはNG!

このとき気をつけるべきことは、あまり相手を責めたり、相手に執着しないことです。

  • 何通も連続で送る
  • 長文で相手を避難する

これをしてしまうと、相手の気持ちが一気に冷めてしまう可能性が高いからです。

6. 電話をする

電話をする

関係がこじれているときにはおすすめ

2人の関係が煮詰まっているときには、思い切って電話をしてみるのもあり。

声だからこその『温度』が伝わると、停滞していたものがスーッと流れ出したりするものです。

電話をするときのコツ

  • 相手が忙しくないとき(休日や平日夜など)に電話する
  • 電話は短めで終える
  • ポジティブな内容を心がける

これらを意識すると、良い印象につながりやすくなりますよ。

この記事のまとめ

いかがでしたか?

lineの返信がないと落ち込んでしまうけれど。

相手がなかなか返事をくれないからといって、必ずしも脈なしとは限りません。

また、現段階での脈は薄くても、ここからの行動で相手の気持ちが変化する場合も。

あまり深刻に悩みすぎずに、楽しみながら恋をしてみてくださいね。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

効果絶大な恋愛駆け引きテクニック12個!好きな人を夢中にさせよう

いつも温かい応援、ありがとうございます。あなたの恋がうまく進みますように……☆