願いが叶う前兆って?恋愛や仕事で夢が叶う瞬間に起きること7つ

「夢や願いを叶えたい」

もしもあなたが今こんな風に思っているのなら。その「前兆」にも興味があるかもしれません。

夢や願いが叶うとき、なんらかの前兆が人生に現れる人は多いです。

この記事では、願いや夢が叶う前兆について解説しますね。

「前兆」とは?

前触れや気配

「前兆」とは、それがやってくる前触れや気配のことです。

「なんだか夢(や願い)が叶いそう!」

こんな風に感じる出来事や変化を、「夢や願いが叶う前兆」と言います。

前兆はあるの?

そもそも、夢や願いが叶う時に前兆はあるのでしょうか?

実は、夢や願いが叶う時には、全くなんの前兆にも気づかない場合もあります。

ただ、その時は気づかなくても、後から思えば「そういえば、あれが関連していたかも……」と気づいたり。

周りの人から、指摘されて前兆に気付く場合もあります。

では、夢や願いが叶う前兆にはどのようなものがあるのでしょうか?

【1】周りにそれを叶えた人が現れる

夢や願いが叶う前兆の1つ目。それは、周りにその夢や願いを叶えた人が現れることです。

「○○ラッシュ」などという言葉もありますが……おめでたい出来事は周りにも伝染します。

周りにその夢や願いを叶えた人が現れるのは、自分もそれを叶える前兆かもしれません。

【2】特定の情報がやたらと入ってくる

夢や願いが叶う前兆の2つ目は、特定の情報がやたらと入ってくることです。

  • やたらと「ハワイ旅行」が目に付く
  • 最近やたらと「転職」の話を聞く
  • 別々の知人から同じ「料理教室」の案内をされた

こんな風に特定の情報がやたらと入ってくるのは、そこに夢や願いを叶える、なんらかのヒントやきっかけが隠されている場合が多いのです。

【3】それへのこだわりがなくなる

夢や願いが叶う前兆の3つ目は、その夢や願いへのこだわりがなくなることです。

夢や願いがあるときって、それを叶えることに執着してしまったりしますよね。

すると、楽しかったはずのこともプレッシャーになり、どんどん苦しく感じるようになってしまいます。

しかしなんらかの理由で、夢や願いへのこだわりを手放した時、再び純粋な気持ちで物事に取り組めるようになります。

するとその結果、夢や願いがスルスルと叶うことは多いのです。

【4】環境や状況に変化がある

夢や願いが叶う前兆の4つ目は、自分が置かれている環境や状況に、なんらかの変化が起きることです。

  • 転校
  • 引っ越し
  • 部署移動

これらは自分が望んだものではないとしても。夢や願いを叶えるために必要だから、引き起こされたのかもしれません。

前向きに捉えることで、夢や願いも叶いやすくなりますよ。

【5】心が折れるような出来事がある

夢や願いが叶う前兆の5つ目は、心が折れるようなできごとです。

実はこれも、結構よく聞く話。私自身も体験したことがあります。

大きな夢や願いが叶う前に、心が折れるような出来事が起きるのですね。

しかしこれは、長い目でみると「学び」です。夢や願いを叶え、幸せに生きるために必要だから、その出来事は起きているのです。

だからこそ、それを乗り越えると夢や願いが叶う場合は多いです。

【6】ふと「○○してみよう」と思いつく

夢や願いが叶う前兆の6つ目は、ふと何かを思いつくことです。

  • 「旅行に行こう」
  • 「新しいことを始めよう」
  • 「いつもと違う服を着よう」

こんな風に感じるのは、あなたの中で何かが変化し始めているからかも。

現実は、あなたの中にある世界の投影です。ふと「○○しようかな」と思いついたとき。それは、何らかの変化の前兆である場合もあるのです。

【7】夢に見る

夢や願いが叶うことを夢にみるのも、前兆の1つです。

夢は潜在意識と関係しています。

夢や願いが叶った状態を夢に見るのは、その状態を潜在意識が受け入れた時。

人は潜在意識の影響を大きく受けています。潜在意識が夢や願いを受け入れたときには、現実も変化します。

夢や願いが叶った状態状態を夢に見たら、それは夢や願いが叶う前兆かも。

夢や願いが叶う瞬間に起きていること

意識の変化が現実を変える

私たちが「現実」と思っている世界は、私たちの中にあるものが投影されています。

夢や願いが叶う時というのは、私たちの中にあるもの……つまりは「意識」が変化した時なのです。

今回紹介した7つの前兆は、自分の意識が変わるときに起きることでもあるのです。

意識を変えると夢や願いは叶う

つまり、夢や願いを叶えたいのなら、自分の意識を変えることが大切です。

今自分は何を感じているか?

自分は何を望んでいるのか?

こうしたことを意識する習慣をつけると、夢や願いは叶いやすくなりますよ。

前兆にこだわらない方が良い?

前兆を「探す」のはやめよう

叶えたい夢や願いがあるときって、前兆を「探して」しまったりしませんか?

そして、「こんな前兆があったんだから、叶うはずだ!」と思い込もうとする……

実はこうした状況のときは、なかなか夢や願いが叶わないので注意が必要です。

叶わないと信じているから「探す」

前兆を一生懸命探しているときって、心の奥そこでは「願いは叶わないだろう」と思っていたりするんですよね。

だから、必死になって「願いが叶う証拠」を探して、それに縋ってしまう。

そして、それを信じようと必死になる……。

大切なのは、外側に証拠を探すことではなく、自分が自分を信じることです。

忘れるくらいでちょうど良い!

そういう意味では、夢や願いは忘れてしまうくらいがちょうど良いのです。

「それは当たり前に叶う」と心から信じられている状態は、もっとも夢や願いが叶いやすい状態だからです。

「願いは忘れた頃に叶う」というけれど、それにはこういう背景もあるのですよ。

前兆を見逃さないためには?

心に余裕を持つ

夢や願いが叶う前兆と言うのは、日常の至るところに溢れています。

でも、

  • 必死になって前兆を探す
  • 「頑張らなきゃ」と根を詰める
  • ヘトヘトになるまで自分を追い詰める

こういうことをしていると、前兆には気づけなくなります。

前兆を見逃さないためには、心に余裕を持つようにしましょう!

いつもと違うことをしてみる

人の行動の9割は無意識といわれていますが……

私たちは日常生活の中で「見ているもの」や「聞いていること」を、意外と気に留めていないものです。

そして毎日同じことを繰り返していると、脳は「毎日変化がない」と思い込んでしまうので、前兆にはますます気づけなくなります。

前兆に気付きやすくするためには、あえて「いつもと違うこと」をする日を作ってみましょう。

この記事のまとめ

夢や願いが叶う前兆について解説してきましたが、いかがでしたか?

「前兆を見つけたい!」と思ったときや、「これって前兆かな?」と思ったときには、今回紹介したことを思い出してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆