• 駆け引き・モテる女
    【冬限定】簡単に男性を「ドキッ」とさせる魔法のアイテムが300円程度で手に入るのです
  • 駆け引き・モテる女
    【簡単モテ技】暖かい飲み物で可愛さを演出する方法
  • デート・合コン
    寒いからこそ!2人の距離がグッと近づく冬のデートスポット7選
  • 女子力・自分磨き
    手荒れがひどくて好きな人と手をつなぎたくない……どうしたらいいの?
  • 結婚・婚活
    【素敵な出会いに心ポカポカ】冬におすすめの婚活方法5選


こんにちは★drawrysikinです♪

今回のテーマは「見返りを求めない愛」です。

分かりやすいのが、「尽くす」ということ。

良く聞きますよね…「恋愛は、尽くしすぎちゃダメ!」

って。

「惚れたほうが負け」なんてのとも似てる気がしますが、

実際のところどうなのでしょう?

確かに、「尽くす」は時に相手に負担になります。

え、尽くしてるのになんで?

と思うかもしれませんが、

この「尽くす」という行為には、

「こんなに尽くしているんだから、

もっと私を愛して!」

という心理が時に見え隠れします。

つまり、そこが「重い」のです。

尽したい、相手の為になにかしたい…

そう思うのは、自然なことです。

ただ、それはけして自己満足のためなのだということを、

忘れてはいけません。

「彼に尽くすのは自分のため」

そう考えられれば、

見返りを求めずにいられます。

そして、自分がしたくないときはしなくてもいいのです。

「尽くす」ことで彼の気持ちを手に入れようとすると、

それは悪循環。

「尽くす」のなら、

「相手に重く感じさせないこと」が大切です。

良い尽くし方で、素敵な恋愛を楽しみましょう☆

【スポンサーリンク】
関連キーワード
倦怠期・別れの関連記事
  • 「あげまん的」尽くし方
  • 彼氏彼女とずっと仲良しでいるために大切な7つの『思いやり』
  • 恋人との倦怠期を切り抜ける5つの方法
  • 「愛してる」と言わせる方法
  • 付き合う前と付き合った後で彼の態度が変化してしまう理由
  • こんな彼氏は手放しちゃダメ!男性が本命の女性にだけにする行動5つ