「愛されたければまず自分が愛しなさい」の名言は本当だった!?

人に愛されるには自分から!?

「愛されたければまず自分が愛しなさい」

この言葉を、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

言っていることはなんとなく分かるような気がするけれど。

でも、それってどうしてなのでしょう?

「愛が欲しい!」と思っているのに、どうして先に人に与えなければいけないの?

実はこれには、ちゃんと理由があるのです。この記事では「愛されたければまず自分が愛しなさい」と言われている理由や、「愛されたければ愛する」の具体的なやり方を解説していきますね。

【理由1】人生では自分が「出したもの」が返ってくる

エネルギーには法則がある

この世界にはいくつかの法則があります。

その中でもよく言われるものの1つがこれ。

「出したものが自分の元へ戻ってくる」というものです。

愛を与える人に愛が返ってくる

つまり、愛を得たいときには先に愛を与えないと、自分の元には戻ってはきません。

人から愛されるのは、「愛が欲しい!」と人に愛情を求めている人ではなく。

損得を考えずに、人に愛を振りまいている人なのです。

愛情のバケツリレーを想像してみよう

4〜5人の人間が、大きな円を作っているところをイメージしてみてください。

そこでは、人々がバケツリレーのように「愛」を循環させています。もらっては与え、与えてはまたもらい……。そうして愛情のやりとりをしているのです。

でも、ある日その中の1人が、次の人に愛情を渡すのをやめたらどうなるでしょうか?

誰もその人には愛情を渡さなくなりますよね。

こうしたことは、日常生活の至る所で起きています。

出し惜しみをすればするほど、徐々に入ってくる量も減ってしまう。愛情を受け取りたければ、それをしっかり流すことが大切なのです。

【理由2】人は自分を好いてくれる人を好きになる

「好意の返報性」という心理

2つ目の理由は、心理的なものです。

実は、私たち人間にはある心理があります。それは「好意の返報性」というもの。

これは、「自分に好意を与えてくれる人には、好意を返したくなる」という心理です。

人間とは、自分を愛してくれた人には愛情を返してくなる生き物なのです。

好意の返報性とは?恋愛心理学を活用したテクニック7つ

「あなたが好き」と言われると嬉しい!

誰かから好かれたいときには、自分から好きになるのが効果的。

例えば、以下のような人がいたら自然とその人のことを好きになってしまいませんか?

  • 親身になって話を聞いてくれる
  • あなたのことを理解してくれる
  • あなたとの時間を何より大切にしている

愛されたい時には、まずは自分が相手を好きになりましょう!

どうすれば人を愛せるの?

愛されたければまずは自分から。そうは分かっていても、なかなか人を愛するのは難しかったりするもの。いったいどうすれば良いのでしょうか・

相手の素敵なところを褒めよう

誰かを愛するためには、まずは相手の素敵なところをたくさん見つけてみましょう。

どんな小さなことでも良いのです。

  • 話がうまい
  • 手先が器用
  • 気遣い上手

こんな風に、相手のいいところを探してみる。

そしてできれば、相手にそれを伝えてあげてください。

とある女性
○○さんって、〜〜なところが素敵ね!

愛されたければまずは自分から。

相手があなたのことを好きじゃなくても、あなたに無関心でも、まずは相手をこんな風に褒めてみましょう。

するとそうして与えた愛情は、巡り巡って自分にも返ってくるのです。

相手に対して誠実でいよう

相手に対して誠実に接することも、愛することと同じです。
誠実に接することは、その人を敬い尊敬する気持ちを持つことだから。

  • 相手の目を見て話を聞く
  • 相手を思いやる気持ちを持つ
  • 相手に嘘をついたり騙そうとしない

こういう誠実な気持ちって、意外と忘れていたりするもの。

「自分から人を愛そう」と思ったら、例え相手が不誠実な態度だったとしても、自分は気にせずに誠実な態度を貫いてみましょう。

心を開いて素の自分を見せる

「愛情を与える」というと難しく感じるかもしれませんが……素直に自分の心を表現することも、相手に愛情を与える行為の1つです。

なぜなら、素直な自分を見せることは、相手を信頼していないとできないことだから。

素直に心を見せてくれる人に対して、相手は「この人は自分を信じてくれているんだな」と感じます。

それは人にとって、とても嬉しいことなのです。

相手を知ろうとしよう

「好きの反対は無関心」と言いますよね。

相手に興味を持ち知ろうとすることも、愛情表現の1つです。

「愛されたい」と思ったときこそ、まずは色々な人やものに自分から興味を持つようにしてみましょう!

一見なんでもないものに見えても、もしかしたら素晴らしいものかもしれない。そんな意識を持って、世界を見てみてください。

人は、自分の魅力に気づいてくれる人のことが大好きです。そして自分の魅力に気づいてくれる人のことを「素晴らしい人だ」と感じます。

「興味を持つ」ことは、誰かを愛する行動なのです。

「余裕」を持って相手と接する

誰かを愛するには、心に余裕を持つ事も大切です。

なぜなら、そうしないと相手の「嫌なところ」ばかりが目について許せなくなってしまうから。

  • 相手のダメな部分
  • 相手の失敗
  • 相手の汚い部分

そういう部分も、責めるのではなく笑って許してしまう。そんなゆとりもまた「愛」の1つです。

この記事のまとめ

いかがでしたか?

人から愛される方法は実はとてもシンプル。

できることから少しずつチャレンジしてみてくださいね。きっと想像以上の効果を感じるはずですよ。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

【尽くされる女性の特徴】愛される恋愛をする方法は簡単だった

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が上手く進みますように……☆